おとなし

2021年08月23日

一時は、1日中、うちの庭のどこかにいたおとなし君

otonasi2021-07-17_15-21-49_260 (1)


ヒメちゃんが、
昼も
hime2021-08-13_09-47-38_208


夜も
hime2021-08-11_22-34-36_528


おとなし君が来るのを見張っていた。

来ると、大興奮だ


だけど、だんだんと来なくなって、
2,3日ぶりに来たなあと思って、
お食事をだしても、
以前のようなガツガツ感がまったくない。

以前は、「まだ食べるの?」というくらい何回もおかわりしたのに、

家じゅうの猫の残りのポリポリをだしても、食べなかったり、

新しいエサでも食べ残す(; ̄Д ̄)

ははあ、さては、エサをもらえるようになったな

よかった、よかった

あんなに一大決心をして、おとうさんとケンカしながら、エサをあげたのに、あっけなく、
「もういいよ!」
と言われたみたいで( -д-)ノ

でも肩の荷が少し軽くなったよ。

また、食べられなくなったら、来ればいいヾ(´ω`=´ω`)ノ

おとなし君のページはこれで、終わりかなあ❓



今日午前中、激しい雷と雨
あの白猫事件の日も午前中こんな感じの大雨だった。
想い出してしまったけれど、
何事もなく、一日が終わりますように



    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 15:42コメント(0)

2021年06月30日

こんなに長い間、ブログを更新しなかったのははじめてかも。

その間、私の猫史に新しい猫が加わった

この子、去年くらいから見かけていた。
otonasi2021-06-16_08-27-30_999-crop


近所の家の猫らしかったので、
エサをもらえている子には、エサはあげないよ

チャトランのように、うちでご飯を食べて、
自分の家に帰らなくなってしまうとまずいと思っていた。

おそらく、チャトランの系列の猫らしく、うちのチャトラの猫、特にメグに似ている。

隣に住む息子が夜遅く帰ってきて、
「車の下に猫がいるよ。誰か脱走してない?」
と言われることも何度かあった。

7年前、猫小屋を作って、外猫を小屋に入れ、ここのところ外でエサをあげるような猫はいなくてスッキリしていたし、

20匹いた猫が、12匹に減り、もうこれ以上、年齢的にも病気持ちの身では猫の世話は避けたいものと思っていた。


この子、最近、現れる頻度が多くなり、
外で犬のモモにエサをあげようとしていると、
飛んできて自分も食べたそうにしていたけれど、
エサはあげなかった。


それが、エサを欲しそうにしている様子を見ていて、
ふと思った。


オス猫の縄張りのことΣ(・ω・ノ)ノ。


メグやソックスといっしょに生まれたユウとユウユウというオス猫がいた。
チロとつばさにそっくりの猫だった。

私の猫史の後悔の一つであるけれど、
この子達を家猫にしなかったため、
兄弟なのに、ユウユウがユウを追い払い、
ユウはうちにご飯を食べにこれなくなってしまった。

再び現れた時には、
子猫のように小さい、病気の状態だった。
その時のことは、こちらの記事


その後、今度は、ユウユウが”おなし”というオス猫に追われて、
ユウユウもうちに来れなくなって、いなくなってしまった。

オス猫の世界は厳しいらしい。

動物病院の待合室で、
30匹の外猫にエサをあげているという男性が
一番かわいがっている猫が、
他のオス猫に追われて、だんだん近寄れなくなってしまったと嘆いていた。


もしかしたら、
他にうちの猫に似た2匹の大柄の猫をみかけているので、
この子もエサをもらえなくなっているのかもしれない。

〇〇さんちの猫といっても、家の中にいれているわけではなく、野良猫にエサをあげているような感じだ。

今度見たら、やっぱりエサをあげようと決めた


そしてその2,3日後に、現れた時、
ちょこんとお座りして、
「エサをちょうだい!」
と訴えているのを感じた。

顔を見れば、必死なのがわかった


これを突き放せるようなら、猫屋敷にはなっていなかっただろう

お父さんには、
「エサをあげてはダメ!
またどんどん猫が集まっちゃうよ!」
と言われているので、
そっと人目につかないように
エサをあげるようになった

otonasi2021-06-03_16-03-48_775-crop


うちの子達も、窓からみて興味津々。
この子に似ているメグとヒメ。
otonasi2021-06-03_16-08-24_882


ヒメとミルクも
otonasi2021-06-14_16-58-26_378


うちの庭にいるとお父さんに追い払われるので、来るのはご飯を食べる時だけ。

けっこう時間にルーズな子で、必ず夕方にはやってくるというわけでもない。

だから、私の部屋の前に、そっとエサを置いておくと、なくなっていたりする。

otonasi2021-06-25_09-27-39_681


エサをあげてしまって、いいのか、悪いのか、わからないけれど、
また、ちょっとだけ、肩の荷が重くなったような気がする

この子のためにも、元気でいないと、この子がエサを食べられなくなってしまうからね。

かつていた”おなし”という猫は、シッポが半分切れてしまっていて、最期までシッポの先から出血していた。

その”おなし”に似ている。

この子はおとなしい子だから、
”おとなし”という名前をかってにつけた。

どんなストーリーが展開するのか、楽しみと不安と☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;



そんな日常に変化した日々をすごしていたけれど、

カリンが脱走した

玄関ドアを新しくしてから、きちんとドアがしまっていないと、カリンが足であけてしまって、何度か脱走されていた。


しばらく帰ってこなくて、少しだけ覚悟を決めた時、

興奮して家に飛び込んできた?q|゚Д゚|p。
ドアの外をメチャ気にしている。

おそらく、この子に出会ったのだろう。

外の世界は厳しいのだよ

ちょっとだけ長めのお散歩でお疲れのようで
karinIMG_5874


karinIMG_5876


しばらくは、ぐったりしていた。



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


こんな猫にかまっていられるなんて、幸せなのだ、きっと( ̄∠  ̄ )ノ

私の住んでいる市内で、
トラックが下校時の児童の列につっこんで、二人が亡くなり、三名が重症という悲しい交通事故があった。

テレビでこのニュースを観たときは、まだ小学校の名前はでていなかったけれど、
この日に限って、孫がランドセルをしょったまま、家に寄ったので、
孫ではないとわかってホッとしたものの、他人事ながら涙がでそうだった。

こんな事故で、七歳や八歳でこれからの人生を無駄にして終わらせなければならなかったなんて、なんて悔しいことだろう。

四年前にも同じ小学校で登校時に児童の列に車がつっこむという事故があった。
その時は、登校時だったから、孫だったらどうしようと、ワナワナと震えるようだった。

この市は、ほとんど歩道などはないようなもの。
車社会なので、歩いている人は、通学児童生徒くらいだ。

道幅も広くないけど、渋滞しているわけでもないから、けっこうスピードもでてしまう。

気をつけないと

こんな事故はもう二度と起きて欲しくない。



何事もなく無事に一日が終われることは、本当にありがたいことだ
コロナ疲れとか自粛疲れとかいう不満は贅沢なのかもしれない。





    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 21:40コメント(0)
スポンサードリンク
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ

教えてキャットフード
Categories
  • ライブドアブログ