2023年02月01日

2023年に入り、もう一か月もすぎてしまった


想えば、2022年は誰も旅立つ子もいなかったし、珍しく病気の子もいなくて、平穏な年だった。

かわいいプリンもねこ屋敷の住猫になったし


それが、

新年早々1月1日朝、めったに吐かないベルが吐いて飛び起きた

黄色い胃液

なんだかやな予感の新年スタートだった( ̄▽ ̄;)!!ガーン


ベル、最近よく水を飲む。

あんまり食べなくて、

心配なので、病院へ連れて行った。


血液検査の結果は、血糖値が高かった

インシュリンで治療していくことになるけれど、

その前におしっこの検査をして

ケトンというのがでていると入院が必要だと言われた。


そこまで悪くないだろう、大丈夫だろうと思って待っていると、

ケトンが検出され、入院となってしまった

2023-02-01_14-10-12_969


そんなに悪かったなんて


マリアが入院中に亡くなった病院なのでとっても心配で毎日面会に行った。

ベル、殺風景なケージに入れられて、行くたびに帰りたいアピール


長くなるのかなあと思ったけれど、4泊5日で退院

入院費用約11万円


ベルが無事に退院できれば、別にいくらかかってもいいのですよ

と言いつつ、痛い出費


退院するときに、自宅でも血糖値が測れるように、リブレという装置がついていた。

体にセンサーがついていて、本体をかざすと、血糖値が表示される。

2023-02-01_14-19-21_413



最初は、病院の本体を借りていたのだけれど、

いつまでも借りられないので、楽天で購入


だけど、これ、けっこうな金額がして、

センサーは14日間有効の使い捨て

14日間で一つのセンサーで7,000円以上する


人間用のセンサーだけれど、

それでもそんな高価なもの買い続けられるかな


しかし、もっと悲しいことが


退院してきたときは、こんな感じ

センサーの上から布をまかれていた状態

2023-01-07_19-51-54_872


病院の臭いがするのかみんなに臭いをかぎまくられた

2023-01-07_17-36-49_207



血糖値がすぐに自宅でわかるから便利だなあと思っていたら、

14日間のはずが、10日くらいで、測定不能

新しいセンサーに交換してと表示される

2023-02-01_14-06-54_931



14日でも十分短いのに10日で終わっちゃうなんて

楽天で購入した新しいセンサーを持って、病院へ行き、つけかえてもらった。

測る回数が多いと10日くらいで終わってしまうことがあるとの先生の話


今度は、1日に何回も測らないようにしていると、

4日で測定不能

7000円もするのに

ふざけてるよ

この装置でやるしかないだろうか

イラついた

人間用の機械だから仕方ないのかなあ



今度は先生、仮の洋服を着せましょうと

こんなの着せられて帰ってきた。

2023-01-20_22-57-04_854



他の方法はないかと聞いてみたけれど、

耳から血をとったり改めて装置を買わなければならないとか

リブレは便利なことは、便利な機械


こんどこそは、14日間もたせようといろいろ考えた

そうだ!

メグが足の傷をなめないように、エリカラーを下にさげてつけていたっけ

megu20201210

メグ、久しぶり


よしよし

とベルにエリカラーを下にしてつけてみたけれど、

2023-01-22_22-26-26_969


足にキルティングの糸がひっかかって、もだえている。

胸のところはいらないか

と一応折ってみた

2023-01-23_08-58-49_950-crop



これは、ベル用の洋服を作るしかない

と、

エリカラーを変形させてミシン始動

こんなのができた

2023-01-26_09-06-34_753


かわいい

2023-01-25_14-24-57_160


前はすっきり

2023-01-25_14-25-58_135



それでも、心配なので、私のヒザあてを上からかぶせ

2023-01-25_23-22-41_854


ベル、いい子で、ありがたいことにいやがりもせず

2023-01-25_23-23-06_847


ミルクと

2023-01-28_21-53-52_886-crop







これで、14日間、大丈夫

と思っていたら、



エラーでなかなか測れず

またまた10日くらいで測定不能になってしまった

なんなんだろう(・ε・)ムー



インシュリンの量は指定されていたけれど、

なかなか数値が下がらず、

2回、下がらない

と言って病院に行き、

量を増やしていた。


まったく面倒で


4,5人先生のいる病院で、担当の先生は一応決まっているけれど、

お休みというので、

代わりに、最初は若い女性の先生

数値によって、この1mmぐらいしかない間を

2023-02-01_15-00-39_894


1.25、1.5、1.75

と分けて測って与えるように言われた。

目盛りがあるわけでもなく、気持ちでやるしかない。


2回目に、数値が下がらないと行った時は

また違う代わりの先生、ちょっと年配の女性の先生だったけれど、

とっても丁寧に、注射の仕方とか改めて説明してくれて、

「朝晩、2単位でいいですよ」

この先生が一番よかった。

安心感も与えてくれたし


同じ先生にずっと診てもらうよりも、同じ病院内でも、セカンドオピニオンにもなるし、違う先生に診てもらったほうがいいなあ



ということで、

またまた10日で終わってしまったけれど、

注射器は14日分もらってあるし、

すぐには病院に交換に行かずに、2単位ずつ注射を続けよう


数値がわかるのは安心だけど

こんなにしょっちゅう、交換するのもねえ、いくらなんでも



楽天市場でセンサー2つで1万5千円くらいなんだけれど、

今のところ、期間限定の楽天ポイントを使って、タダで購入できている

タダといってもポイント、他に利用できるものなんだけれどね


ポイントがあるうちは、買ってもいいかなあ。

楽天マニアなので、ポイント稼ぎはせこせことやっている


いつまでこのセンサーが必要なのか・゚・(ノД`;)・゚・



一か月間、こんなんに振り回されていました・‥…━━━☆・‥…━━━☆



ベル、以前は毎晩、シーツ敷きの邪魔をしていらついていたけれど、

今では、まったく、その気はなくなってしまったようで、

なんとも、寂しく(T_T)

わざとシーツを敷いている時にベッドにのせて、

邪魔していいんだよ

といっても、ただ座っているだけで、

以前のようにはならないんだろうなあ。


今までいろんな病気と格闘してきて、

そのたびにネットを隈なく検索

とっても知識豊富になっていたけれど、

糖尿病は初めてで

でも、まだ怖くて、検索もできずにいる


ただ1回だけ調べた情報で

「きちんと対応していれば、天寿を全うできる」

という

それだけを今は信じたい


バラの冬作業は寒さと戦いながら、

やっと終わったので、

寒い2月は家の中で冬眠します☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;




    このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年12月20日

このところ夕方になると肌に挿すような寒い日


おとなし君、12月になってからは、昼間、目にしたことはなく、

それでも、11月には、暖かい日、たまにやってくることがあった。


11月のある日のこと、

ちょうどおとなし君が来ている時

生協のトラックが来て、配達員さんが

「あの猫、あそこのコンビニで見かけましたよ。なんかねえ、目がかわいそうですよね。」

コンビニまで300mくらいあるかなあ。

あんな所まで行ってたんだあ

そして、ふと思い出した( ´_ゝ`)

そこのコンビニ、おとうさんがよくタバコを買いに行くコンビニで、

女性のスタッフが

「猫をたくさん飼っていてパート代はみんな猫のエサになっちゃう!」

って、話していたと聞いていた。

そうかあ、

猫好きならこんな猫みたら、ほっておけないだろうなあ

2022-11-25_11-28-06_827


コンビニの残飯でももらえているかなあ。

なんか目がきちんと開かないみたいで、でも、見えてはいるらしい



その後、買い物から帰ってくると、

駐車場に私より背が高くなった中学1年の孫(男の子)がスマホを見ながら立っていた。

そんなことないので、どうしたのかと思ったら、

足元に、おとなし君がうずくまっている

「なんかこの猫、怪我しているみたいでかわいそうで」

見ると、おとなし君の目の前に、レタスらしき葉っぱが1枚ある。

「お腹空いているみたかったから、野菜あげたけど、猫、野菜食べない?」

笑っちゃいけない

こんなに優しい子に育ってくれて、本当にうれしかった

私が猫をかわいがっているのを知っているからかな。

こんなみすぼらしい猫を見たら、「汚い猫」って言う人もいるかもしれない。

それも、孫はうちでは猫の食器は、植木鉢の受け皿を利用しているのを知っていて、

2,3日前にパンジーの鉢を一つあげた時の受け皿に葉っぱをいれているのが、

なんともかわいかった

「どうする?」

「どうする?」

って何回も聞いてくるけれど、

その時はお父さんがいたので、

「エサはやっているよ」とも言えず、

家の中にいれるわけにもいかないし、

「どうしようもないよ」

と言うしかなかった。・゚・(ノД`)

後でそっとエサを持って行ってあげたけれど。



ある朝早朝4時半くらいかなあ

ベッドの中で、外で猫のうなり声がして目が覚めた。

おとなし君がいじめられてはタイヘン!と窓を開けると、

おとなし君がすっとんでやってきた。

その姿を見て、またビックリ。ガリガリに痩せてしまった


こんな時間に来ていたのね。

それから、いつものごとく、何回もおかわりをした後

固まって動かなくなった。

家の中へ向かって、一歩、前足を動かした。

家の中へ入りたいの?

ごめんね、ダメなんだよ

それでもじっと動かないので、

パジャマのまま外へ行って、大きいダンボール箱に発泡スチロールの箱を入れ、

おとなし君を抱いて中に入れた。

おとなし君に触ったのは初めてだった。

以前は、エサを持って近づいているだけでも、威嚇してきていたのに、

嫌がることもなく、ガリガリでもオスネコのせいか、ずっしりと重かった

箱の中でじっとしている

外には出られるようにふたはしないでいた。


このままずっといたら、どうしようか後で考えようと思って、

それから、2,3時間、変な夢を見ながら、熟睡してしまった。


家の前で、黒い子犬が3匹、ウロウロしている。女の人が一人、一匹欲しいと言っている。おとなし君はダンボール箱のまま、家の中に入っていて、なんだか、メチャクチャな夢だった。


そして、目が覚め、外へ行って、ダンボール箱の中を見ると、おとなし君はいなかった

そうだよね、こんな所にじっとしているようでは、よっぽど、弱っているってことだ。


その後、昼間来ることはなく、

深夜に来ているらしいが、

私の体調を考えると、夜中に起きるわけにもいかないので、

夜遅く、真っ暗な闇の中へ、エサをそっと置いている


黒缶のウェットに、カロリーの高い銀のスプーンやロイカナを混ぜてたっぷりと置いておく。

発毛効果のある万田酵素のペット用もいれて。



エサを置きながら、

他の猫に食べられないかなあ

今日はやってくるかなあ

全部食べていくかな

足りないかなあ


とか


いつまでこれ続くんだろう

いつ、会えるんだろう





朝、見てカラッポになっていると、まだ生きているんだとホッとする。

さすがに、今朝はたくさん入れすぎたのか残っていたけれど

ずっと、会ってないから、一体、どんな姿になっているやら

ひどい姿になっていたらと思うと、会うのが怖い気もする




今日は、快晴。

朝は冷え込んで、猫小屋の中の水も凍っていた。

こんな寒い中、おとなし君一番寒い時間に食べにこなくてはならないなんてΣ(・ω・ノ)ノ


ももと散歩に行くと、

もうお昼近いのに、

サクッと霜柱を踏んだ音がした。


こんな寒い中を

おとなし君のことを想うと、

うちの猫たちも暖房を控えなくてはね。


猫小屋の中、コタツのセットはしたけれど、電気はまだいれてない。


今年は、どこか紅葉を見に行こうと思ったけれど、腰が痛くなってやめた。

ももとのショート散歩道、

紅葉がすっごくきれい。

2022-12-19_13-15-59_521


今日は、紅葉の絨毯

2022-12-20_14-26-28_660


私だけのささやかな紅葉スポット(☆゚∀゚)

私もおとなし君も元気で、できるだけこの深夜のエサやりが続きますように






    このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年12月06日

10月の31日に我が家の中に入ったウリンちゃん

やっと私がウリンと呼びなれた頃、

お父さんが、

どういうわけか、いきなり

「プリン!」

と呼んだ


鎌倉殿をみていないので、ウリンって意味がわからないし、呼びづらかったらしく、ウリンとは一度も言ったことがなかった。

「そうだよ、プリンがいいよ!」

となって、

まあ、いいか



プリンに改名した。


そのうち今度は、

「メロンちゃんが、どうたらこうたら〜〜〜」

と話し始め、

メロンちゃんって誰?

そして、

「メロンの箱にプリンが入っている」

と訳わからないこと言うし


やっと、わかった

メロンと言い出した訳。

いつも入っているダンボール箱が

メロンの箱だった

このダンボール箱にあんずが入っていてプリンが怒っていたことがあったので、意味わからなかった。


2022-12-18_15-32-39_909




プリンちゃん、最初は

カリンとあんずの部屋にいれ、ドアを開けておいたけれど、

まったく部屋の外へでてくることもなかった。

猫じゃらしをも怖がり、ネズミのおもちゃにもまったく興味なし

なんだか、子猫らしくないなあ

きっと、新しい環境で緊張していたのね。

2022-11-24_15-26-08_082



そのうち、

まずはカリンが

「ここは俺たちの部屋だぞ」

と言わんばかりに、

部屋の中に置いてあるダンボール箱で過ごすことが多くなり


そのうち、あんずもいっしょにいるようになり、

今は、

茶トラ3匹、相部屋となった。

ケンカすることもなくいっしょに過ごすことができて、よかった

プリン一人ぼっちでいるのは寂しいし


家に入って、一か月くらい経った頃

部屋の外にも出てくるようになった。

2022-11-30_18-39-18_250



2022-11-30_18-39-44_532



だんだんと慣れていくでしょう☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


今は毎晩、猫じゃらしに夢中

爪とぎも買ってあげて

2022-12-13_16-16-42_123




しかも、

毎日、アジをスーパーに買いに行くのは

「もう家の中に猫を入れるのはダメだよ」と言っていたお父さん

すっかり、うちの猫になってしまった。


「里親探しするから」

と言って保護したので、

一応は、モーションを起こした。


ヒメ達の兄弟4匹がお世話になった都賀ねこさんの譲渡会に参加できるか聞いてみたけれど、

今年は譲渡が進まず、自分たちの保護猫でいっぱい

ということで、お断りされてしまった。


よかったのか、悪かったのか


もううちの猫に決定かな


でも、プリン

外にいる時は、ずっと私のひざに座っていたのに

今は、ひざにのせても座っていない

おすわり詐欺

おすわりする子が希望だったのになあ。


2階から飛び降りた前科があるので、

ベランダには出していない

出たそうにしているけれど


1階の猫達ともケンカすることなく、

いずれは、家の中、どこでもいられる猫にしたい

ヒメやケンジたちはすでに8歳

プリンは我が家のニューホープだ!



もう12月も半ばを超えた。

おとなし君の記事を書かなくちゃ!と気になっている.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆



    このエントリーをはてなブックマークに追加
わが家は貧乏猫屋敷なので、

ダンボール箱が大活躍

小さめダンボール箱好きは

ベルちゃん

2022-11-24_10-19-17_138


ミルクも小さめ好き

2022-11-24_10-19-32_626


発泡スチロールの箱まで猫に使われる

ゆうた君にはピッタリ

2022-11-27_09-35-06_740



ホースが入っていたビニールの袋も

ヒメちゃん

2022-11-24_10-19-53_917



唯一のまともな猫ベッドは、シーバデュオのキャンペーンで当選したもの

2022-11-27_09-34-57_801



猫ベッド、いろいろとネットでみているけれど、

一つ買ってもねえ、

お値段高いし、

とずっと思っていたら、



ネットで、古着を利用した猫ベッドをいろいろとみつけた。

物を捨てられない性分なので、利用できるものは有意義に利用したい


ので、

このパジャマの上

2022-11-18_20-45-50_408


多分下のズボンだけはいていたようできれいに残っていたので、猫ベッドに作り替えた


ジャジャ〜ン


2022-11-26_17-51-00_037-crop



思いもよらずにハート型になった

袖の部分に手芸綿などを詰め込むらしいけれど、

手芸綿買わなくても済む方法を考え

肌着やシーツの古いものも思いついたけれど、

それはそれで、他に使い道もあるし

と思って、

あまり使い道のない、通販のダンボール箱の中に無駄に大量に入っていたビニールのプチプチを利用した。

この猫ベッド、ズボンでもできる、ネットではパジャマのズボンで作っていた。

お尻の部分を座るところにして、足の部分をふくらませばいい


誰が一番に座るかなあ

とみていたら、

まずは一番はベル

2022-11-26_21-27-02_399



次は、チロ

2022-11-26_21-32-22_780



なんか二人とも緊張してるねえ


次にヒメが

2022-11-26_21-56-02_878



そして、ヒメちゃん、とうとう私の希望どうりの姿で丸まってくれた

2022-11-26_22-39-02_314



いいじゃん


ゆうた君、ダンボール箱で写すよりやっぱりかわいいねw

2022-11-27_19-24-58_753



ケンジ、つぶしてる

2022-11-29_10-50-49_963



ほぼ、0円で猫ベッドができた




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;




今日はとっても寒くて

外を見たら

ギョッとした。

犬のももまでが丸まっていて、鉢犬

2022-12-06_11-09-41_749


今まで、ももは近くに植木鉢を置いてもいたずらしないからいい子だとばかり思っていたら、

やってくれたよ

私の育てたパンジーの鉢だったら、

「キャ〜、ヤメテ〜〜」

ってすっ飛んでいくけれど、

この鉢は、お父さんが大事にしているオモトが植わっている

ももの近くに置くからいけないのよ

その後の鉢の状態

2022-12-06_11-15-00_600


これは、ひどい

それじゃなくても、お父さんとももは相性が悪い

どうなることやら



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;




種から育てた私のビオラ、パンジー達はしっかり活躍している

2022-11-18_10-39-07_364


2022-11-18_10-39-23_272


2022-11-25_12-33-38_778



去年は冬何もなくて殺風景だったけれど、

今年は冬もお花を楽しめてうれしい

種から育ててタイヘンだったけれど、

幸せ作りは自分でするものね




    このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年11月19日

ガーデニング日和の穏やかな日が多いこの頃

バラと違って手のかからない菊がきれいに咲いている

2022-11-17_09-14-29_040




先週の土曜日

最近昼間は姿を見せなかったおとなし君を目にした

なわばりを死守したのかなと思いきや、

うちの敷地内への入り口のコンクリートの上でぐったりと寝そべっている。

死んでいるんじゃないよね

と思うほど、けだるい雰囲気( ̄∠  ̄ )ノ

前を人が通ってもまったく動かず、

1日中、同じ場所にいた。

近寄って

「どうしたの? 大丈夫?」

と話しかけても、無反応



亡き”おなし”が、旅立つ前、

その辺りでやはり同じようにだるそうにして横になっていた


猫小屋の亡きメグママ、いつもは私を避けて逃げてばかりいたのに、

亡くなる直前は、上にあがっていく体力もなく、

私が近づいても、どうしようもないといった感じで床に寝ていた。

なんか同じ雰囲気だなあ


怪我のストレスでだいぶ弱っちゃったのかなあ?


その夜は、食べにきたけれど

いつもは4回も5回もおかわりするのに、

1回、おかわりしただけで、いなくなってしまった。

ハヤッ

食欲もないのかなあ




そして、

次の日曜日

月曜日

火曜日

水曜日

と姿を見せず、


もう天国に行ってしまったのか


今頃、天国への暗い道をとぼとぼ歩いているんだろうか


この子も捨てられた子かもしれない


家の中で飼われていれば、おとなしくておだやかでいい猫だったはず


天国でエサをたくさんくれたおばさんいたなあ って思ってくれているかな


これから寒くなるから、天国の方が温かいかもしれない


交通事故や虐待だけが、外猫の危険ではなく、こんななわばり争いで命を亡くすこともあるなんて思いもしなかった


ももと散歩に行っても、

チャトラ猫は、うちの2階にいるし、

おとなし君もいなくなっちゃって、

猫を目にすることがなくなった


スリリングな内緒のエサやりだったので、

それもなくなり、私の任務も終わった

少し、肩の荷が下りた感じはするものの、

寂しい



それにしても、

猫の力による縄張り争いと、

プーチンの武力による侵略って、

同じじゃね

プーチンは猫レベルか























思っていたら、












木曜日の夜遅く、外で猫が着地するような音がした。


他の猫が来たのかな

と窓は開けずに












そして

翌朝

窓を開けると



なんと




おとなし君がいた



元気そう


快復したのね


すごい生命力


スリリングなエサやりは、続行か



まあ、いいや


たくさん食べて、厳しい猫の世界、たくましく生き抜いてほしいな


昨日一日来なかったので、心配したけれど、

今朝、やってきた

ドライフードだけだと、

「ちょっと違うんだよなあ」

って感じで、半分くらい食べた時にじっと固まってそれ以上食べ進まなくなる。

だから、仕方なくウェットも混ぜる。

ちょっとだけ、ぜいたくなヤツ


背中の傷、まだ赤みが残っているので、アジーをエサに混ぜた


2022-11-20_08-19-29_945


顔も背中も傷だらけ

2022-11-20_08-32-28_895



4回目のおかわりする頃には、ドライを少し残す(*`Д')

2022-11-20_08-36-49_083



ウェットを多めに混ぜて、7回

2022-11-20_08-40-41_711-crop



7回目はさすがに少し残したけれど、満足して去っていった



エサやり、タイヘンだけれど、よかったよなあ



昼間はどこにいるのかと思っていたら、

うちの2階の窓から、おとなし君を見かけた。

じっと見ていると、

ちょうど、最近、引っ越してきたばかりの隣人が車ででかけるところで、

おとなし君を見つけ、

何度も何度も、5回くらいかな、振り返っては見ていた。


見るよねえ、傷だらけのボロボロの猫だもん



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;




秋バラが数は少ないけれど、ゆったりと咲いている。

親株は枯れてしまって、挿し木にしておいたレモンというバラが一つだけ咲いている

2022-11-17_09-07-09_732




神様はよくこんなものを作ったなあと思うほど、美しい


猫達  にふりまわされながらも、


バラを育ててよかったと思える日々を過ごしてます☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;




    このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年11月05日

私の目の前に、猫は現れて欲しくないんだけれど、

秋空の下、庭の前で、チャトラ猫がニャアニャア泣いていた


どこの子?



亡きチャトランの実家で、チャトラ猫を飼い始めたと聞いていた

息子さん家族が同居し、

今度の猫にはチャトランと違って避妊手術もして完全室内飼いしてくれているけれど、

その猫が脱走しちゃったのかなあ

でも、次に見た瞬間、いなかったのでそのままになった。



そして、2,3日して、また現れた

だけど、

最近、猫拒否症を患っているお父さんに追い払われ、

エサはあげちゃダメだよ と。


私にそんなこと言ってもねえ



次に現れた時、

お父さんはいなかったし、

お腹を空かせているようだったので、

ドライフードをあげると、パクついた


きれいな子で、この子なら里親探しもできるかなあ

キャリーケージを持ってきて、

捕まえて、いれると、

気が狂ったようにパニックになってケージ欠けちゃうし、仕方ない、だしてあげた



そして、その翌日、

ももの散歩に行くと、

その子、おとなし君がエサをもらっていた家の前の畑にいた。

50m以上離れていたけれど、寄ってくることもなく、

顔つきで、

「このおうちでエサをもらえるから大丈夫!」

と言っているようで、ちょっと安心していた




ところが、

再び現れた時

いつからあるのかわからない、おとなし君のこぼしたエサを必死で食べてお腹が空いているようだった。

2022-10-27_12-26-16_223


また、エサをあげると、必死でぱくついた

2022-10-27_12-28-07_366


エサもらえてなかったんだあ



これはなんとかしないと

メスらしいし、赤ちゃんを連れてくるようになったらタイヘン



お父さんは拒否っているけれど、

白猫事件の時のように、後で後悔したくない(TДT)

誰かに相談しようかとも思ったけれど、

結局は一人でやるしかないと思った


来るたびに、猫小屋に誘導しようとしたけれど、

警戒して入らない



エサをあげていると、毎日来るようになり、

「あの子また来てるねえ」

というお父さんに

「里親探ししようと思うんだけれど」

と意を決していうと、

ちょうど、機嫌のいい時だったのか、すんなり、受け入れてくれた。


よかったあ

まずは第一関門突破した気分だった。



あとは、なるべく早く行動に移すしかない



この子、とっても人懐こい。捕まえる前日、私のヒザの上で

2022-10-30_10-29-11_737




心配なのは、

猫エイズ、猫白血病のキャリアかどうか

妊娠しているかどうか


すっごくたくさん食べるので、もしかしたら妊娠しているかもしれない。


早い方がいいと思って、

今度は暴れないように洗濯ネットにいれて、ケージにいれた。

思ったより、スムーズに

お父さんの運転で動物病院へ。



病院では、カルテを作るのに、名前が必要なので、

とりあえず、

ウリン

と命名。


「鎌倉殿」、観ている方にはわかるはず

和田義盛、切なかったなあ




病院の待合室で、検査の結果を待っている間、ドキドキだった。

病気持ちだと、里親探しも難しくなる

家で飼うにしても、ココの時のように、他の子と別にして飼わなければならない。

待合室で、よくガタガタ震えているワンちゃんがいるけれど、

私も、手が震えたヽ(TдT)ノ



結果は、

陰性

妊娠していなかった

ホントに、ホッとした。

頭から血が肩まで下りたよう

今までになかったような安堵感に包まれた



これで、第二関門を突破した。



だけど、物事、そんなに簡単に進むものではないらしい



カリンとあんずの部屋にまずは居てもらおうと思って、部屋にいれ、

掃除をしようと、

網戸をあけた瞬間、

2階から、飛び降りてしまった


アッという間のことで、

まさか2階から飛び降りるとは思わなかった。

敷石の上に着地したので、怪我しなかっただろうか?



今年は、網戸を開けて脱走されるの2回目



外は、オス猫がウロウロしているようだし、

せっかくきれいな体なのに、

襲われちゃったら困る

早く捕まえないと


でも、その日は、現れなかった。

翌日、やってきた

だいぶ、警戒モード


大好きな焼いた小アジを口にくわえて、

そこでは食べずに

サザエさんの野良猫みたく逃げようとしたところを、

地面に膝をつき必死で捕まえた


準備しておいた洗濯ネットにいれ、家の中へ

もう逃げられないよ!


この日は、夜、バスタブにつかって、

ホントによかったあ

ふ〜〜〜〜

って感じ(⌒-⌒)



次の関門は、里親探しだ


ウリンちゃん、小アジが大好きで、すっごい勢いでパクつく



1日に小アジ7匹、その他にもドライフードを食べ、すごい食欲

妊娠初期はエコーでわからないこともあるらしい

大丈夫かなあ



ウリンちゃん、膝の上にのせると、ずっと安心しきったように座り続ける。

いつまでも


きっと、元飼い主が、膝の上にのせていたんだろうなあ。

小さかったらもっと可愛かっただろうに

なんで、捨てちゃったんだろう

そんなこと、人間のすることか(#`皿´) ムキーーーー!

こんなかわいい子を辛い目に合わせるなんて、許せない




もう天国へ旅立って12年になるマリアがずっと膝に座っている子だった。


今、いる子たちは、

この家に来た時は、すでに私のヒザは他の子でうまっていたので、

私のヒザに座ろうとする子はいない

ひざに座らせても、イヤがって逃げてしまう。

ゆうたは、時々やってくるけれど、

人の顔かんだり落ち着いて座っていない。


こんなじっと膝に座る猫欲しかったんだよねえ

里親探し、やめようかなあ



なんて思ったりして、



でもそれには、またいくつかの関門があるし、

里子に出すのが一番いいってわかっているけれど




とにかく保護できただけでも、よかった



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


一方、おとなし君、夜やってくるけれど、

来るたびに、新しい傷を作っている

かわいそうに(/TДT)/

この子こそ、保護してあげたいけれど


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ミルクはいまだに、毎日、カツオの刺身


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


腰が痛くなって、今までも腰が痛くなったことはあったけれど、

今回は今までで一番痛い

やっと立って、しゃがめない

猫のエサを床におけない

鎮痛剤を飲んで、動いているけれど、

こんな時にウリンの保護は、タイヘンだった□■*:;;;:*□■*:;;;:*■


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


7月の末に種蒔きをしたパンジー、ビオラ達が

10月の末から咲き始めている。

20221105_073015982_iOS


この子たちも、寄せ植え、地植えにしてあげなければならないし

腰痛くなっているヒマないんだけれどなあ



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年11月02日

もう11月になってしまって、
いろいろとありました〜〜



猫が集まってきちゃうからエサをあげてはダメと言われているけれど、

内緒でエサをあげているおとなし君


一度あごの下に傷があって、治ったなあと思っていたら、

またあごの下に傷。


それがまた治ってきたと思ったら

今度は背中に傷があった


どうしてこんな傷できるんだろう



そして、

夜エサを食べているおとなし君の顔を改めてみたら、

顔にも傷があった



買い置きしてある抗生物質アジーをエサに混ぜてあげると、

翌日にはよくなったように見えた。


よかったあと思っていると、翌日は来なかった。

どうしたのかなあ

そして

次の日やってきたおとなし君をみてビックリ

2022-10-21_19-45-31_818


顔が赤くただれている

急いでまたエサにアジーを多めに混ぜてあげた



次の日

来るかなあ

あのまま逝っちゃうのかなあ

と思っていると、



ビックリ(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?



アジーの効果はすごい

肌の赤みがすっかりなくなっていた

2022-10-22_18-09-25_458


よかった、抗生物質買い置きしておいて(´∀`*)



おとなし君、以前は昼間もうろうろしていたけれど、

この頃は昼間みかけることはなく、

暗くなるとやってくる


猫の世界にもいろいろとあって、

なわばりが変わったのかなあ

と思っていると、



おとなし君が食べ終わり帰っていったあと

残っていたエサを食べたらしく

「うまかったあ」

って舌なめずりしている見たことのない猫

ゆうたみたいな顔の大きいトラ猫がいた。

初めてみる猫だった

あんな猫いるんだあ

おとなし君が食べ終わった後はすぐに片づけないと

猫が集まってくるのは避けねばならぬ━─━─━─━─━─



翌夜、

やってきたおとなし君

いつものごとく、5回くらいおかわりし、やっと満腹に近くなった時

おとなし君の目が一点に固まった


昨夜の猫が来ていた


その後しばらくすると、

すごいうなり声


車の下で

2匹が戦闘態勢だった。

必死に棒で追い払った



あの傷はこの猫と戦ってなった傷だったんだろうか

ここはおとなし君のなわばりだよ




おとなし君、ウンともスンとも、ワンともニャンとも泣かない子

窓をあけてみないと来ていることがわからないけれど

もうエサを置いておくことはできない

他の猫に食べられちゃうからね


その後はその猫、今のところ、やってくることはなくなった。


猫の世界も世界情勢と同じく厳しい世界なんだろうか




暑かったり寒かったり気温の差が大きい毎日

秋のバラが咲いています

本当はもっと咲いてほしいんだけどなあ

こんなもんかなあ


なかなか満足に咲いてくれなかったナエマが

透き通るようなピンクで咲いた

80点くらい

ほんとうはもっと花数多く咲いてほしい

赤とんぼとコラボ

2022-10-30_11-39-23_500


香りをお届けすることができなくて残念

鈍感な私の鼻でも感じるすごいいい香り☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


    このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年09月20日

台風が過ぎ、お昼過ぎから涼しくなった。

このまま、涼しくなってくれるといいんだけれど(⌒?⌒)




猫ってホントにグルメ

出されたものを素直に食べてくれればいいのに、

自分のお気入りのフードがでてくるまで、

ニャアニャアうるさくて


このブログを最初に書き始めたのも、

フード選びに苦労したマリアの食べたものを書いておこうと思ったから。。


あれから、10年以上経っているのに

いまだに、うちのわがまま猫達のお食事にはうんざり気味


ミルクさん、

私が夕食の支度を始めると、

早々にテーブルにチョコンと座る

2022-09-15_18-06-38_000


ミルクのお目当ては、

カツオのお刺身

毎日あるものと思っているらしく、

ミルクのおかげで、

ここのところ、毎晩のようにカツオのお刺身

まだだよ

2022-09-15_18-08-38_835


ミルクが食べやすいように、小さく切ってあげるのも一仕事

2022-09-15_18-15-10_104


アッという間に、ペロリと食べる

2022-09-15_18-13-38_351


うまかったニャア

2022-09-17_09-26-14_685-crop


ミルクの食べ残しは、レンジでチンして熱を軽く加えると、

ヒメがきれいに食べる

お父さんがわざわざミルクのために、スーパーに買いにいく

いつまで、カツオのお刺身、買い続ければいいんだろう


一方、

ユズ亡きあとのカリンとあんず

ユズがいる時は、この子達、ウェットフードはまったく食べなかったのにこの頃、食べるようになった。

だけど、

まったく好みが違う

白身のまぐろ と 赤身のかつお

2022-08-24_13-38-24_879


カリンがお食べになるのは、

白身のまぐろ

2022-08-24_17-24-47_720


2022-08-24_17-25-39_186


あんずがお食べになるのは、

赤身のかつお

2022-08-24_17-22-38_077


2022-08-24_17-23-02_234


同じもの食べてくれればいいのに、缶詰二つあけなくちゃならない

ヒメもどちらかというと、赤身のまぐろ派

2022-08-24_17-27-02_575


他の子たちは、

白身系が好きのようだ


みんながすんなり食べてくれるフード、ないかなあ

ないだろうなあ



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;



今の私の部屋の住猫達

2022-09-17_21-39-43_839


チロとヒメ、ミルク、ベルの4匹

この子たちが私の部屋に入るのはずっと先のことだと思っていたのに、

マリアとアラン、ミントとソックス、ミケとメグ、と変わっていくのが早いなあ


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;



猫って、猫達の中の自分の位置を感じるんだろうか((=゜エ゜=))

健康優良児で手のかからないあんず、

ユズが生きている時は、

ユズとカリンが私に甘えている時も、

少し離れたところでみているだけ

触ろうとすると、サッと逃げてしまって、まったく寄り付かなかった。

それが、ユズがいなくなると、

だいぶ変わった

体を私にすりつけてくるようになったし、

なぜても、平気

2022-09-13_10-39-10_203



ミントもマリアが生きている時は、ダッコしてもすぐに逃げてしまって、ダッコの嫌いな猫かと思っていたら、

マリアがいなくなると、私にべったりとダッコされるようになった

ネコって、飼い主との距離、猫達の中でいろいろと感じているのね



猫小屋で、スージーがエサくれコール

夕方のエサやり、スタートしなくちゃ

今夜も、みんな、満足させるまで、長いよなあ*:--☆--:*:--☆--:






    このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年09月06日

夜は涼しくなりましたが、
昼間の暑さはまだまだ続いて、
秋の涼しさが待ち遠しい



この酷暑の中
いつもの朝、晩のルーティーンに加えてせこせことやっていたのが
保冷剤と氷の交換

2022-08-27_08-57-56_586




今年のお正月、南側の庭にお花がなくて寂しかったので、

今年は、パンジー、ビオラの種蒔きをして

お正月も花でいっぱいにしたい

と思って、

種を早々に購入、冷蔵庫に保管しておいた。



15年くらい前かなあ

パンジービオラの種、どれもこれも欲しくて選べず、10袋くらい買って全部種蒔きしたら、

数えたわけじゃないけれど、200とか300の数の苗ができてしまって、

植える所もないし、もらってもらったり、タイヘンだった



今回は、しっかり選んで、お店で苗で売っていないようなパンジー、ビオラをやっと5種類選び、

全部撒くとまた200くらいできてしまうので、

半分づつ撒くことにした


発芽率は落ちるけれど、来年もOKなので、残りは来年に撒くことに残しておく



やっと選んだのが、

タキイの

ビオラ F1 ビビエッセンス ジュピター 0.2ml入り 80粒くらい
ビオラ F1 ブルース&ファイア 30粒入り
パンジー F1 わらく サンセット 30粒入り
ビオラ F1 フローラルパワー イエローレッドウイング 30粒入り
ビオラ F1 フローラルパワー ホワイトパープルウイング 30粒入り



年内に咲かせるには、9月に種蒔きをしていては遅いので、

本来なら8月のお盆過ぎに発泡スチロールの箱の中に保冷剤を入れて撒くのだけれど、

8月まで待てず、

7月の25日頃に種蒔き


失敗してもいいように、量が一番多いジュピターで15粒くらい種蒔き用土の土に種を撒いた。

パンジーの発芽温度は15~20度なので、

朝と夜は、保冷剤を交換して、冷やす




各地で38度とか39度という1回目の酷暑の中

無理かなあと思ったけれど

10日くらいしたら、

発芽

やったー

2022-08-06_17-09-03_970




リスク分散、一度に作業はせず、

少しずつ、他の種類の種も撒いていく

種蒔きは、おとうふのパックに種蒔き用土を入れ、

2022-08-06_17-00-53_915



つまようじの後ろを濡らして、種を一粒つけ、一粒ずつ、種の上に数粒土がかぶさる程度に置いていく

2022-08-09_16-15-37_656-crop



この小さい種を一粒、土にのせる瞬間が、たまらなくゾクゾクする




アバウトな私が、

いつもは、種の袋ごと、ばあッと土の上に適当にばらまくのに、

こんな丁寧なことしている自分が信じられないのと、

この一粒が芽を出した時、

花を咲かせた時を想像すると、

言葉では言い表せない感激を感じる瞬間



それぞれ少しずつ、リビングのテーブルで種蒔き

2022-08-09_16-07-26_805




発泡スチロールの箱にいれ、ふたを少しずらして、氷か保冷剤を朝晩交換

2022-08-06_17-09-18_497


氷は400mlのヨーグルトの入れ物やプリン型で凍らせたもの。



種蒔き用土は栄養分がないので、

どんどん成長させるために、芽がでたのは、早めにポットに植え替える

バラの土(園芸用土がなかったので)を底に少し入れ、上に硬質赤玉土をいれた小さいポットに、そおっと植え替え

2022-08-28_15-30-47_879-crop


たまらなくかわいい

2022-08-28_15-31-21_305



これもリスク分散、一度に全部せず、毎日少しずつ植え替え

2022-08-21_14-19-58_372


2022-08-27_08-58-59_307



かつて、一度に40ポットくらい植え替えしたら、2,3日で全滅してしまったことがあるので、少しずつが私にとっては鉄則。


だんだんと発泡スチロールの箱が増えていきます

2022-08-27_08-58-44_770



冷蔵庫の野菜室で、キッチンペーパーを濡らしたものの上に種を置いて、発根させるという方法もあるらしいので、実際にやってみた。

2022-08-13_12-58-24_969


2週間くらいすると、たしかに発根はするけれど、土の上に置いてからの発芽が芳しくなくて、この方法はもうしない

結局

ジュピター 33ポット
わらく 13ポット
ホワイトパープルウイング 13ポット
イエローレッドウイング 13ポット
ブルース&ファイア 12ポット

90ポットくらいできた

そして、今日の様子

2022-09-06_13-00-04_888


本葉が2枚でてきた

本場が4,5枚になったら、もう一度、一回り大きいポットに植え替えだ、少しずつ○●○●○●○●○


なんでこんなこと始めちゃったのかなあと思ったりした。

お世話がたいへん

小さい苗に突然の激しい雨がかからないように気を遣うし、

これからも台風が来れば、家の中に避難させたりしなくてはならない。


でも、今ある苗たちを見ると、

この暑い約1か月の間、無駄に生きていなかったなあと

満足感に浸る


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;



ゴゴスマを見ていたら、

成田悠輔氏が出演していた。


東京大学、東京大学院、マサチューセッツ工科大学出の優秀な方らしい


彼が、ツイッターでつぶやいたことに、


幸福は自作自演


幸福は与えられるものと思われがちだけれど、

実は幻想で

突き詰めると幸福なんて勝手に自作自演でどこまでできるかというものでしかないんじゃないか

ということらしい。


幸福は、自分で行動しないと得られないもの

たしかに、種蒔きをしなかったら、かわいい苗をみて満足するという幸福感は味わえなかった。




自分で何か行動して、最初の一歩の幸福を感じ、

どこまでできるかは自分で感じて演じきるまで□■*:;;;:*□■*:;;;:*■


難しいことはわからないけれど、

お風呂のバスタブのお湯、いつもより多めにいれたら、

思わず

「やっぱり、お湯、たくさんだと、幸せ!」

と口にでた。

自分で行動しないと、ダメなのね。



そして、ちょうど1年前の日記に

「幸福のレベルを下げる」という言葉に感激したと書いてあった。

すっかり忘れていたけれど、

お風呂のお湯の量で幸福を感じるなんて、

なんとレベルの低い幸福かと

でも、一瞬、幸福感を味わったのは確かだし、

こんなレベルの低い幸福なら、たくさん自分で作れるかなあ

せっせと、幸せ作りしようっと


夜のルーティーン

ベル、シーツ敷きを邪魔するのは、相変わらず、やってくれてる

2022-09-03_21-53-04_409






    このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年08月10日

昨日、朝9時半頃、猫小屋に行くと、

イヨカンの様子がヘン

2022-08-09_09-57-14_115


犬のように口をあけて、ハアハアして、

目はうつろ、苦しそう

2022-08-09_11-07-29_407


ネットで調べると、まさしく熱中症の症状だ。


イヨカンはつかまえることができないので、

どうすることもできず、

でも、何かできることはないかと考えた


窓を全開にして風はたくさん入ってくるけれど、

イヨカンのいる隅っこに風がいくように、

扇風機を持ってきて、イヨカンに風を向けた。

2022-08-09_11-03-16_389



少しでも、体の熱が冷めるように、

警戒しないようにそっと、そばにアイスノンを置いた。

アイスノンに体をのせなくても、近くにあるだけでも違うかなと思って


死んじゃうのかなあと心配で

なんとしてでも、つかまえて、病院行かなくちゃダメかな

と思って、猫小屋へ行ってみると、

よかった

だいぶ落ち着いていた


2022-08-09_12-13-25_856


この間、だいたい2時間くらい。

午後には、水分補給に、そっとチュールをおいて、なめさせた

2022-08-09_15-13-09_214


ここ、イヨカンのお気に入りの場所

2022-08-09_15-12-55_278


朝も最初はココにいた。

もっと、早く行って、窓全開にすればよかったんだけれどね。

私、遅起きで

夜も、窓、全開にすることにした。


イヨカンさん、ちょっと顔を近づけただけで、警戒して逃げちゃう

これが、ゆうたとケンジのママなんて思えない人付き合いの悪さ

でも、よかった、なんとか無事に乗り越えられて


外では、スージーがお気に入りの場所で

2022-08-09_12-12-50_482



クロシロちゃんも日陰求めて

2022-08-09_12-13-01_539




家の中では、相変わらず、ケンジがベランダへ行きたいとドアの前

2022-08-09_13-39-55_189



でも、もう、ダメ

ママが身をもって教えてくれた

息子たちを暑いところへ行かせないように( ´_ゝ`)


当分は、ベランダは、絶対にダメ



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


近所のホームセンタートライアルが、2週間お休みでリニューアルオープンした。

さっそく行ってみると、

カートにバーコードリーダーがついていて、

商品を手にとり、読み取って、そのままマイバッグにいれていいんだそう

レジに並ぶこともなくなり、とっても便利になった。

つい買いすぎちゃいそうだ

店をでるときは、4つ、5つ位の商品を読み取って、チェックされる

それが疑われているみたいで、なんともイヤで、

便利すぎて、つい読み取るの忘れちゃわないかなあと心配

ボケ老人だし


でもこのリニューアルのどさくさに紛れて、

キャットフードの値段が高くなった。

ベルがこれを食べないと1日中、ニャアニャアとうるさいレトルトのウェットフード3つ1袋で149円だったのが、199円。

3割も値上げってどういうことかい

まあ、もともと安かったんだけれどね。


病院の自動支払機も新しくなったし、

家の中にじっとこもっている間に、

世の中、どんどん変わっていく

いつまでついていけるんだろう



ニュースで、あちらこちらで大雨による被害が報道され心が痛む。

この暑さの中、復旧作業は大変なことだと思います。

被害にあわれた方に心よりお見舞い申し上げます。








    このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ

教えてキャットフード
Categories
  • ライブドアブログ