強制給餌

2011年01月08日

20 004


きのうはすみれが朝胃液のようなものを吐いた

強制給餌でa/d缶を少し食べさせたが
3時ごろ帰ってきたら、それも吐いていた

もうだめだと思い、動物病院に連れて行った。

全然なつかないすみれだが、体調が悪いので、すんなりとつかまってキャリアケージに入れた

病院では案の定、診察台に乗った途端にくしゃみをしながら、逃げだした。

「よくこれで強制給餌できましたね」と先生が言った。

先生がタオルでつつんで捕まえた。

カラーをつけられたすみれ

おとなしくなった。

口の中を見ると、歯茎が真っ赤だった。
これでは痛くて食べられないだろう。

猫風邪はいろいろなウィルスで発症する。

目も涙目だし、鼻水もひどい。

「眼薬はつけられますか」と聞かれたが、
ちょっと無理だと思った。

普段は私もなかなか触ることができないすみれを上手に押さえていた。

脱水もあると言われ、点滴をし、吐き気止めなどの注射をしてもらった。

そして、私の大嫌いな「2週間効果のある抗生物質の注射をしますか」と聞かれた。

まだ新しい先生なので、マリアのことを知らない。

「もし効果がなくても2週間は他の抗生物質をあげれなくなるんですよね。」
「いえ、大丈夫ですよ」
全然、大丈夫じゃないですよ。

マリアのことを話した。
「あと1週間すれば、他の抗生物質が使えるから、それまで待ちましょう。」
「1週間もちますか?」
「もちます」
と言われたのに、3日後にマリアは亡くなってしまった。

そんな恐ろしい注射はごめんだ。

いくら私になつかないすみれでも、絶対ダメだ。

そしたら、2週間分の抗生物質の薬をだされた。

何も2週間分もいらないのに…

そして、今日
すみれは、強制給餌をされるのが、いやで押し入れにこもるようになってしまった。

強制給餌のフードに混ぜて、薬をあげようと思っていたのに、結局抗生物質の薬をあげることができない。

こういう猫にこそ、抗生物質の注射が必要なのかもしれない。

でも、幸いにも、すみれは少し回復したらしく、自分から食べ始めている。

昨日の注射が効いたのかもしれない。

すみれ、もう押し入れにこもらなくてもいいよ。

だけど、治ったら、予防接種をしに行こうね。

予防接種をしている他の猫達は、くしゃみくらいで元気だもの…




おすすめネコのトイレ





    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 20:44コメント(0)
スポンサードリンク
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ

教えてキャットフード
Categories
  • ライブドアブログ