チャトラン

2017年12月03日

もう12月に入ってしまいました。
昨日、今日と天気がよく気持ちいい日が続きます。
こう天気がいいと、庭にでたり、何かしなければならない気持ちになりますが、
昨日は猫とぼ〜として、幸せ気分を味わいました。

IKEAの人形用ベッドが猫さんたちに人気だそうです。
これ! 我が家のツバサ!
ikea

ではなく、
チャトランの7匹の子供達のうち、里子になったユズ君!

ユズ君の里親さんが幸せ写真を送ってくださいました。

ユズ君、ツバサとそっくりですが、相変わらず大切にされておぼっちゃま生活を満喫しているそうです。

多数の猫達にもまれている我が家のツバサは最近冷蔵庫の上がお気に入りの場所。
イケアのベッドとは程遠い〜
tubasa



ユズ君は、先輩猫コウ君が病気になり、輸血をして血を分けてあげたそうです。
ホントに、血を分けた兄弟ですね。

yuzu

コウ君とはホントに仲良し

kyoudai

ベッドも順番なのかな?
tubasa1


高級そうなクッションで
yuzukame


カレンダーにでもしたいほどかわいいねえ。
yuzu1


なかなかうちの子達はこんな絵になる写真はとれません。

というのも、うちの子達は、
ほとんど、ダンボールに古毛布、古新聞紙、やっと買ってもダイソーのクッションに囲まれている貧乏猫屋敷なので、写真の背景がみすぼらしくてなってないのですわ。

目がまん丸だね。
うちの子達、写真映す時みんな目が細くなっちゃうけどどうしてだろう?
memaru


君、幸せすぎ!
siawase


大事に育てていただいて、里親様にはホントに感謝です!

でも、どうしてユズ君とツバサが似ているのか?

ユズ君はチャトランの子。

ツバサは、メグママにそっくりの姉妹が母親。

ツバサとチロともう一匹チャトラの子がいたけれど、チャトラの子は警戒心が強くてつかまらずそのうち来なくなってしまった。

ツバサのママも3匹の子を産んだ後数ヶ月後には来なくなってしまった。産後のひだちが悪かったのかも。
メグママはツバサの叔母さんにあたる。

chatomegu

チャトランとメグママ姉妹は同じような毛色の子供を生むので、
メグママ姉妹はチャトランの子供かもしれない。

でも、チャトランとメグママの毛色の茶色の色合いが違っていて、
メグママと同じ茶色の子供たちは生まれるけれど、
チャトランと同じ毛色の茶系の子が産まれないのは不思議

今年もいろいろなことがあった。
ぷ〜は残念な結果になってしまったけれど、
ミントと我が家のゆずの便秘は手術で解消し、
ソックスの口内炎はよくなったのか、ちゃんと食べてくれている。

だけど、今の心配は、ツバサ。
今朝体重を測ったら、また減って4.2キロになっていた。
やっぱり、来週動物病院行きだ。

イケアの人形ベッドのことをネットで調べていたら、
この方のブログ
http://rikkusora.com/rikku/bedcat3を見つけ、

ベッドを3つ並べたら、「合宿感がすごい」ということで、
私もマネしたくなりました

が、我が家の猫達、
いま、猫発電のこたつにはまっているので、どうかなあ。
でも、やっぱりイケアの人形用ベッド、欲しいなあ




jmamlhnm at 13:02コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年10月02日

我が家から、ムコに行ったユズ君(旧名ハナウスちゃん)、
2年経ちましたが、
里親さんが写真を送ってくれました!

お坊ちゃま気分を満喫しているようです。
IMG_1449a


我が家のツバサにそっくり?
これがツバサ↓
tubasa

ツバサはおとなしくて気が弱い子なので、
ツバサの方が多頭飼育の中で苦労している雰囲気ただよう(´?д?;`)

ユズ君の先輩コウ君にはとってもかわいがってもらっていて、
IMG_1635a


何不自由なく誰かを気にすることもなく…
IMG_1644a

よかったねえ、仲良くしてもらえて、ホントに

IMG_1636a


IMG_1529a


やっぱりダンボール好きかな?
IMG_1634a


とても甘えん坊さんらしい… なんとなくわかっていたけれど、
IMG_1532a


IMG_1642a


おっとりユズ君
IMG_1639a

かわいい かわいい かわいい

ユズ君の写真をみて、私もとってもハッピーになりました

こんなに大事に育ててもらえて、ありがとうございます

よかった!里親探しして…


jmamlhnm at 14:39コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月28日

26 002


今朝はすごい霜が降りていたけれど、
いつもより暖かい冬のようで…

まだコタツには電源をいれていません!

でも、猫達の体温でコタツの中があったかいんだから…

アランといっしょに寝るのが冬の楽しみなのに、
アランもコタツの中が気に入ってしまったようで、
私と寝てくれない(ノд・。) グスン

たま〜にいっしょに寝ると、痩せてしまったアランの骨を感じてしまって、
かえっていろいろと想ってしまうから、
いいんだけれどねえ

年末、動物病院は30日までなんだけれど、
まだまだ病院通いしそう…

ぷ〜の耳、抗生物質を何度もかえて、今度こそ、終わると思うんだけれどな。





jmamlhnm at 15:24コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年10月24日

昨日、チャトランが連れて行かれちゃってから、やっぱりいろいろと心配で…
本当に家の中で飼ってくれるんだろうか、とか
もしサッと家からでてしまったら、そこで迷子になって、保健所行き、殺処分なんて、とか

いろいろと心配していたら、
夕方、庭仕事をしていたお父さんが、
「チャトラン、帰って来たよ」って、
一体どういうこと?

しゃがみこんで作業をしていたら、後ろを何かが通る気配がして、猫小屋のドアの前にチャトランがちょこんと座っていたそうだ。


飼い主さんは留守で、携帯に電話してみると、
夜とりにくることになっていて、家に置いていたけれど、脱走してしまったらしい…


もう渡したくない!
とりにこなければいいなあ!


持たせてあげるキャットフードを用意して待っていたけれど、8時を過ぎても、取りに来ない

取りに来ないことを祈りつつ、仕事に出かけてしまった。



でもね、あの人にあげるんだったら、私がもらいたいよ!


今朝、飼い主さん宅へ行って、私にください と言った

そしたら、オッケー

そのほうが、安心だし… と言ってくれた。


昨日来たベトナムの人はこれから2年日本にいるそうだ。
今の日本の猫のこと、まったく知らないだろうなあ
キャットフードとか猫のトイレとか、
ベトナムの猫ってどういう状態で飼われているか知らないけれど、
放し飼いじゃないかな?


飼い主さんも、どうしてもうちへ来てしまうチャトランを預かってもらっていて、”ワルイ
という気持ちがあって、もらってくれる人がいたから、渡したくなっちゃったんだよね。


それなら、私がもらいますよ!


これで、スッキリしました。

アランやミントのことで、心配事がたくさんあるのに、これ以上チャトランのことを心配したくないからね。

よかった

うちの子になったチャトラン、何も知らずに爆睡中だったのでこんな顔になっちゃいました

chatoran 002








jmamlhnm at 10:45コメント(6)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年10月23日

今、心臓がドキドキしてます

猫小屋の住猫 チャトラン
カリン、ユズ、アンズ、ベル、ヒメ、ミルクのママですが、
とっても人懐こいチャトラン

隣の家の猫だけど、我が家で預かっていた猫…


隣の家の飼い主さんが、突然やってきて、

「猫が欲しいって言う人がいるんだけれど、うちの猫見せてあげてくれる?」


欲しいという人は、ベトナム人の好青年

働いている場所の雇い主さんを飼い主さんは知っているらしい
「○○さんのところなら、安心だわ」って…


チャトランを見て、
「かわいい!」を連発、うれしそうな顔。

もらわれていくことになった…

大丈夫かなあ

「大きい家があるから、大丈夫」って言うから、

「外に出すと、交通事故にあったり、いじめたりする人がいるから、外にださないでね」
って言うと、うなづいていたけれど、わかっているかなあ


「魚食べる?」
って聞くから、
「キャットフードある? もっていく?」
って言うと、
意味がわからないみたいで、まったく違う返事が返ってくる…

まあ、チャトランは魚も食べるけれど…


「もし飼えなくなったら、つれてきてね」
って言ったら、うなづいていたけれど、心配


チャトランの本当の飼い主さんが、「よかった」って言って満足しているから、なんとも言えない

飼い主さん自体、猫は自由奔放、放し飼いだからね。


「まだ、猫いる…」
って猫小屋の中を見て言ったから、
「あの子達は、人見知りで、私にもなつかない」
と大急ぎで言った。

あの子達まで連れて行かれるのは、たまらない…


そういえば、もう15年位前、ベトナムに行った時、猫も盗まれて食べられちゃうから、猫にチェーンをつけて、つながれていたことを思い出した。

今は違うと思うけれど…


chatoran


チャトラン、キャットフードもらえるかなあ。

トイレのことなんて、わからないらしく、飼い主さんが
「箱に土いれといて…」
って、飼い主さん自体、猫のトイレなんて知らないし、多分…


とても人のよさそうなイケメンの好青年、
「かわいい、かわいい」といいながら、連れて行ったので…

でも、シンパイ…



jmamlhnm at 13:22コメント(6)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年06月12日

チャトランの子ハナコイちゃん
去年、ラッキーなことに、素敵な里親さんが見つかってムコに行きました!

そのときの様子は こちら⇒

つけてもらった名前は、ココ!

その里親さんから写真が届きました
とても幸せそう…

ムコに行ったときは、こんな感じ
DSC_0020a


体も足も真っ白だったのに
今では
背中も茶色がかって、シッポはトラ猫状態
hanakoi3


先住猫のたまちゃんともすっかり仲良くしてもらって…
hanakoi1


チャトランの子達はどこへ行ってもお転婆のようで…
hanakoi2


幸せいっぱいだね( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
hanakoi


こんなにいい子に育てていただいて、ありがとうございます!



思ったとおり、今うちにいるチロとつばさにそっくりに成長しました
ちなみに、今日のつばさ
何の警戒心もなく爆睡中
tubasa


わんぱく坊主のチロ
tiro


ココちゃんの兄弟、お転婆娘のヒメ
hime


同じくココちゃんの兄弟、ベル
beru

ベルもだんだんと背中の色がヒメの色を薄めて広げたような色合いになってきた!


ママのチャトランは飼い主さんに言って避妊手術をしてしまったので、
7匹が最後の子供たち

みんな幸せになれて、元気いっぱいで、よかった、よかった!








にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村


jmamlhnm at 10:23コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年05月11日

去年の今頃は初めての里親探しで緊張の日々でした。

1年経ってみんなどうしているかなと思っていたら、
ハナウスちゃんの里親さんが写真を送ってくれました。

うちからムコに行った時はこんなでした
DSC_0061a

その時のこと、詳しくはこちら⇒

1年経って、いい男に育ててくださいました
IMG_0871a


優しそう…
IMG_1006a


チロとつばさにそっくりな体の色合いです

先住猫さんとツーショット
IMG_0899a


とてもかわいがってもらっていて、
IMG_0878a


なめられる〜〜
IMG_0966a


まだまだ
IMG_0985a


寝ちゃいましたか?
IMG_1010a


チャトランの子がこんなにお上品に育てられて
IMG_0988a


これからもよろしくお願いしますね!
IMG_1009a


里親探しをしてよかったし、
いい里親さんに出会えて幸せ!

ホントにうれしいとしか言いようがない





にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村




jmamlhnm at 09:38コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年04月06日

今年も桃の花がきれいに咲きました
DSC_0776a


見ていて想いだした去年のこと
今頃の1週間は生きたここちがしなかった

ももを無事に動物愛護センターから引き出せるか、朝、目を開けると、現実に落ち込んでいた


その頃の様子はこちら

もも今では肉付きもよくなった。
しっぽふりまくる
DSC_0778a


DSC_0780a


そして、さらに忘れていたけれど、4月1日、ベルとヒメ、ミルクの誕生日だったことを想いだした。

お父さんに言ったら、
「うち特別誕生日会してないでしょ!」

そうなんだよね、うちの子達、誕生日がわかる子、他にケンジとユウタだけだからね。

ベル
DSC_0783a


ヒメ
DSC_0787aa


ミルク
DSC_0785a


みんなお転婆3匹、大きくなったよヾ(=^▽^=)ノ


にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村


jmamlhnm at 12:51コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年02月27日

猫小屋の中の猫達の様子です

チャトラン、すっごいデブになりました
DSC_0349a


ここお気に入りの場所
DSC_0361a


以前のチャトラン、年中出産していたので、ガリガリだった。
d1a892aa.JPG

うちの周りに現れた時、ガリガリで体毛もマバラだったメグママも
DSC_0352a


クロシロちゃんも大きくなりました。
ふわふわで触ると気持ちいい
DSC_0353a


私が猫小屋に入ると上へと避難するイヨカンも大分ふっくらとしてきて
DSC_0351a


イヨカンの食べ方は豪快。一粒づつではなく一口で何粒もかきこみます
DSC_0357a


「あのおばさん、早くでていかないかなあ」って目で見ているイヨカン
DSC_0362a


猫小屋の中にこぼれだねで咲いていたすみれがかわいい
DSC_0358a


大分前から春を知らせてくれていたフクジュソウ
DSC_0363a


そして、すいせんがグングンと毎日伸びてつぼみもできていました。すいせんの成長力には目をみはるものがあります
DSC_0365a


今日午前中は春めいた陽射し
午後は風が冷たく強くなるって天気予報で言っていたけれど
春はもうすぐ!
猫の毛にまみれた服をいっぱい着込んで着ぶくれしている毎日を終わりにしたいです!

jmamlhnm at 10:52コメント(6)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年01月13日

お父さんの部屋に行くと、今までいたコナツがいない
しばらくは、慣れるまで寂しいねえ

このポッカリ感はたまらない

コナツもこんな写真撮りたかったよ
DSC_0094a


コナツのキャットタワー、みんなで使ってる
DSC_0097a


DSC_0096a


DSC_0095a


猫に陽だまりは似合う

コナツはたどりついた天国の陽だまりでゆっくりしているかなあ。゜゜(´□`。)°゜。

jmamlhnm at 11:12コメント(4)  このエントリーをはてなブックマークに追加
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
Profile
「箱に入れて石をつめて印旛沼に沈めてくる」という恐ろしい言葉で始まった。犬や猫など飼ったことがなかったが、2匹の子猫を連れて帰った。1匹は翌日いなくなった。1匹は1年後にマリアを産んだ。猫のかわいさを知り、玄関の前、そして家の中に猫が増えていった。 犬や猫を捨てる事は許せない。捨て犬3匹も我が家に加わった。マリアは私に最高の幸福感を与えてくれたが、15年後にそれと同じ位の悲しみが私を襲った。生き物を飼うということがどんなことかを思い知った。しかし、この世に生あるもの、命はどんな生き物でも大切にしたい。どんな生き物でも「少しでも長く生きたい」という本能を生まれつき持っているものだと思うから……  
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

『徹子の部屋』見た?

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ