ケンジ

2018年06月23日

今日は梅雨空、雨模様

紫陽花がとっても美しく、ずっと見ていていたいほど

ajisaiup


ケンジは今日も朝から、雨が降っているのに、ベランダに行きたがってしょうがない。



先日、ケンジは一日元気がなかった。

いつもは朝から晩まで、ウロウロ、ウロウロ、ベランダへ行きたくてたまらない。

そのケンジがまったく元気がなく、心配させてくれた

kenjigenkinasi


食欲がないというほどでもなかったけれど、ベランダに行こうともせず、じっとしている。

兄弟のゆうたも心配そうヽ(TдT)ノ

yuutakenji



もしかして、ココの猫白血病がうつったんじゃないかとアタマの中が真っ白だった。

もしうつれば、他の子にもうつってしまう…

それとも、ケンジは肝臓の数値が気になる子なので、肝臓が悪くなったのか

とっても心配した。


翌朝、ケンジ、どうしたかな?

とまず見てみると、

すっかり回復、また朝から「ベランダだしてよ〜」とウロウロしていて、ホッとした。


その日前の数日間はとても暑い日が続き、それにもかかわらずベランダにいたから、暑さで熱中症みたくなってしまったのかもしれない。


ココが一人ではかわいそうだからと、ちょっと気を許すと、

もしものことがあったら、タイヘンなことになるから、

やっぱり、しっかりと管理しないとダメだと思った。


もうそれ以来、ベランダは交替で、ケンジとココのデートは禁止となった。



ケンジとゆうたの様子を、チロがじっとみていた。


僕の兄弟のつばさはもういないからね、いいなあ兄弟って(T_T)

tiroiina







jmamlhnm at 16:41コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年05月27日

ベランダが好きなケンジとココ

ケンジはなかなかベランダを譲ってくれないし、

kenji


ココはもう待てないとベランダへ突入

koko



この二人がいっしょにいる時は、見張っていないとダメ

ココの病気がケンジにうつらないように、グルーミングはNGだ((=゜エ゜=))

ダメダメダメ!

kenjikoko



ココがうちに来た頃は、ココの歩いた場所を他の子が通るときには、きれいにハイターを浸した雑巾で拭いていたけれど、最近はだんだんとゆるくなってきてしまった。


ココ、好き嫌いが激しくて、ホント、困る。

ドライもウェットも気にいったのがあまりなくて、食べたと思うと次の日は食べなかったり。

もっとなんでも食べてくれないかなあ



jmamlhnm at 20:47コメント(2)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年04月09日

ケンジは朝起きてから夜寝るまで、ベランダへ行きたくて仕方がない

だけどね、ベランダは順番制なので、そういつもいつもいられるわけじゃないんだよね。



ココは、みんながベランダへ出るときに、いっしょにベランダへ出たくて仕方がない。

でもかわいそうだけれど、あまりいっしょにさせたくないので、ココはいっしょにはベランダに出られない。



今日は、もうみんな順番でベランダへ行った後に、

ケンジがまた、ベランダへ行きたがる。



仕方がない、ココとベランダでデートすることになった。


猫白血病って、食器やお水の共用とか濃厚なグルーミングでうつると理解しているので、

お水はおかないようにし、

たぶん、ココとケンジは濃厚なラブシーンはなさそうかなあ と思って、

しばらくの間のデートとなった。

kenjitokoko


ケンジを見るココの目がなんとも、

「あなただけよ 相手にしてくれるのは」

って言っているみたい


だけど、

ココ、ケンジのシッポが動くのにじゃれついて、ケンジに怒られていた。





jmamlhnm at 17:13コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年03月13日

以前から気になっていた、上からトイレ を買ってみました。

ケンジが、トイレに入るのはいいけれど、お尻をあげたまま、おしっこをしてしまうのでたまらない

周りにおしっこが飛び散る

トイレに入る意味がないし、上からトイレなら周りに壁があるからいいかなと思って(T_T)

届いた上からトイレはけっこう大きい
uekaratolet


なんとなく、スタイリッシュ

猫砂をいれず、みんなどうするかなと思ってみていると、

みんな次々と
uekaratoire


ミケ、なんかいいみたい
uekaramike


私も入りたい!
uekarahime


なんだろうねえ、ここ
uekarahime1


ベル、隠れ家かなあ?
uekaraberu


ミルクも、なんか落ち着くけど
uekaramilk



猫砂をいれたら、誰かトイレとして認識したのか、用を足していたけれど、

一番使ってほしいのはケンジだから、ケンジが使ってくれないと意味がない。

ケンジは興味がないのか、寄ってこなかったなあ、そういえば。

これは、ふたの上に溝ができているので、猫砂も飛び散りにくいそうだけれど、

もしみんな慣れてきたら、もっと買って、トイレ改革を推進しようと思う。

新色がでたようですね!


jmamlhnm at 10:43コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年02月11日

20180207_fukujusou_iOS


福寿草の花が顔をだしていました。

この花、不思議な花だと思う。

葉も茎もなく、突然花を地面から咲かせるなんて…
毎年、感心する。

寒くて、外は怖くてでれないので、
昼間の気温が上がった時間に庭にでると、
パンジー以外に咲いているのが、
この福寿草

ピンク色が好きだけれど、
やっぱり、黄色のパワーはすごいなあ。

黄色は元気がでる色だ。

これから、スイセン、れんぎょうと黄色の花達が春のパワーを発揮してくれるだろう。

猫達はあいかわらず、
毎朝つけるファンヒーターにひっつく

20180209_heater_iOS


最近、いばりくさっているケンジ君
みんなに、ケンカを売っている。

チロともよくケンカするのに、
暖房の相手は誰でもいいのか、
チロとケンジがひっついていた。

20180209_kenji_iOS





jmamlhnm at 10:57コメント(2)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年04月20日

写真を映そうとすると、なんだか目線がいつもと違う!

ミケちゃん
mikeiphon


ケンジも
kenjiiphon


なんでこんな目線?

何見ているの?

と思ったら、

いつもと違う Ipad で映しているので、アイパッドの裏のアップルをじっとみつめているようでした。

いつも、カメラを見て欲しくても目線そらしちゃうのに…

なんだか

ミケがかわいい

ミケは大食いなのに、ぜんぜん太らない、うらやましい

jmamlhnm at 00:00コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年01月05日

無事に新年を迎えることができ
また、
無事に、新年会が終わりました。

去年までは、アランが接待をして、みんなを癒してくれましたが、

今年は、アランがいない

猫達に、

「ジャンケンして、誰が接待担当か決めて!」

って言ったけど、知らないふりで、

お客さんが来ると、一目散に逃げて、隠れてしまった。


どうなることかと思っていたら、

さすが、まったくなつかないイヨカンの子(^∀^)

おっとりケンジとゆうたが、接待をかってでてくれた。

まだ、接待一年生なので、ちょっとぎこちないけれど、

ゆうたクン
yuutasettai


ケンジ
kenjisettai


ミケはみんなの周りをうろうろしているけど、
ダッコまではいかない
mike


今年初めてだから、
来年はもっと、かわいさアピールしてくれるでしょう。。


夜、でかけて帰ってきたら、
ケンジとゆうたが、ぷーを暖房がわりに
かわいい

kenjiyuutapu

ケンジ、ゆうた、お疲れ様


jmamlhnm at 09:27コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年09月16日

ケンジ尻尾

どうなることかと思ったケンジのシッポがきれいに復活しました!

ちゃんとトラ模様も自然とつながって、不思議!

kenjisippo1


兄弟のユウタのしっぽと比べるとたしかに短くなってしまったけれどね




jmamlhnm at 11:33コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年07月11日

kenji


ケンジ、断尾の手術から2週間経ったので、病院へ行ってきました。

ケンジのしっぽはこんなかんじ

kenjiito


尻尾の先端の糸を抜いてきました

ケンジのしっぽ、ずっとこんな形状になっちゃうの?

と心配していたら、

毛が生えてくるそうです。

ケンジは、優しくて、おとなしくて、人懐こくていい子なのに、
このままなんて! と心配しちゃいました

手術前の血液検査で、肝臓が悪かったので、またしばらくしたら、検査の予定
2歳という若さで…

それから、体重が6.3キロ、
ダイエットしなくちゃ!

猫は急激に体重が減るのはよくないそうですが
ダイエット、うまくいくかなあ 




jmamlhnm at 15:51コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年06月28日

またまた、事件が起こりました

おとといの朝、起きると、床が血だらけ…

一体どうしたのかと、誰か怪我してないかと調べてみると、


ケンジのシッポの先が異様な状態。
kenjisippo370


なに、これ?

ベランダに猫の毛らしいふさふさ丸いものが…

それを持って、

ユーカリの病院に駆け込みました。

ケンジはまったく痛そうでもないんだけれど、
kenji



先生、
「これは、しっぽをきるしかないです!」

ええええ〜〜w(゚o゚)w オオー!


しっぽが根元からなくなっちゃうのかと思ったら、

正常なところで切って、皮膚を縫うそうで…


手術をお願いしてきました。


多分、そのままにしておくと、 おなし みたくなっちゃうんじゃないか。
おなしは、しっぽ半分、むき出しになった後に、切れたんだか折れたんだか、
死ぬまで、残ったしっぽの先は、出血していた。


なんで、ケンジのしっぽがこんなになっちゃったかは、

多分、夜中に風が強くて、ドアがすごい勢いで閉まる音がしたっていうから、
(私はまったく気づかないけれど)

そのドアにしっぽをはさんでしまったんではないだろうか


翌日、お迎えに行くと、シッポの先は、包帯につつまれていました。
jutugo500


メグがつけていたエリカラーをつけて、
ieeri500



抜糸は10日から2週間後


帰り道、途中半分くらいまで車を走らせたところで、
ケンジがケージの中でおしっこをしていて、
包帯がおしっこに染まっていて、
このままじゃありえないだろうと、
仕方なく、
また病院にもどり、
包帯つけかえてもらいました。


突然いつ何が起こるかわかりませんね


断尾の手術代は、検査料と合わせて、37,900円でした



jmamlhnm at 13:41コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
Profile
「箱に入れて石をつめて印旛沼に沈めてくる」という恐ろしい言葉で始まった。犬や猫など飼ったことがなかったが、2匹の子猫を連れて帰った。1匹は翌日いなくなった。1匹は1年後にマリアを産んだ。猫のかわいさを知り、玄関の前、そして家の中に猫が増えていった。 犬や猫を捨てる事は許せない。捨て犬3匹も我が家に加わった。マリアは私に最高の幸福感を与えてくれたが、15年後にそれと同じ位の悲しみが私を襲った。生き物を飼うということがどんなことかを思い知った。しかし、この世に生あるもの、命はどんな生き物でも大切にしたい。どんな生き物でも「少しでも長く生きたい」という本能を生まれつき持っているものだと思うから……  
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ

教えてキャットフード