ユウタ

2017年01月05日

無事に新年を迎えることができ
また、
無事に、新年会が終わりました。

去年までは、アランが接待をして、みんなを癒してくれましたが、

今年は、アランがいない

猫達に、

「ジャンケンして、誰が接待担当か決めて!」

って言ったけど、知らないふりで、

お客さんが来ると、一目散に逃げて、隠れてしまった。


どうなることかと思っていたら、

さすが、まったくなつかないイヨカンの子(^∀^)

おっとりケンジとゆうたが、接待をかってでてくれた。

まだ、接待一年生なので、ちょっとぎこちないけれど、

ゆうたクン
yuutasettai


ケンジ
kenjisettai


ミケはみんなの周りをうろうろしているけど、
ダッコまではいかない
mike


今年初めてだから、
来年はもっと、かわいさアピールしてくれるでしょう。。


夜、でかけて帰ってきたら、
ケンジとゆうたが、ぷーを暖房がわりに
かわいい

kenjiyuutapu

ケンジ、ゆうた、お疲れ様


jmamlhnm at 09:27コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年11月22日

ゆうたは1歳半、体重は今日測ったら、6.6キロ
デブまっしぐらΣヾ( ̄0 ̄;ノ

体だけ大きくなって、とっても甘えん坊

同じくデブのオス猫メグのおっぱいを吸おうしているところを、今回は動画で撮ることに成功

久しぶりの動画作りで一日が終わりました

音がでます!




ゆうた、かわいくて、一人で何回も見ちゃいました

jmamlhnm at 19:41コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年08月29日

朝起きてあまりに涼しいので
「今何月だっけ?」と一瞬考えてしまった

なんだかどんどん月日は流れるし、気候に体が翻弄されて、よくわからなくなる…

ゆうた君、ずっしりと重いので、いつもは体重を気にするのはアランぐらいだけれど、ゆうたの体重を量って見た

yuuta


そしたら、6.1キロもあった
ゆうた、まだ1歳と3ヶ月なんだけど…
すごい成長ぶり

その体重、少しはアランにまわしてもらいたい

aran


アランの甲状腺機能亢進症の薬、調整が難しい

また最近、食欲が異状にあるのに体重減ってるし、次の段階、食欲が落ちるところまできたみたく、昨日はまた検査をしてもらった…

薬増やさないとダメだな、きっと

リリーの夜鳴きもきっちりと改善したわけでなく、寝不足状態…

犬や猫を飼うって、タイヘンだよねえ






jmamlhnm at 11:02コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年06月08日

ゆうたとケンジの去勢手術が終わりました

生後5ヶ月ごろに予約したけれど、まだ早いといわれて、今になりました

出発前
8 004a


迎えにいったら、まだ麻酔から覚めていなくて、ケージの中に…

ゆうた、トロン状態
8 009a


ヒメが心配そうに
8 011a


去勢手術が終わって、こんなにウツロ状態で帰ってきた子は初めて
でも無事に全員の手術が終わってよかった、よかった
8 018a




にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村


jmamlhnm at 10:14コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年03月31日

ユウタ君、どうもしっぽが気になるようでおもしろいので動画を撮ってみました!

そして、今日あちこちいろいろと調べながら試行錯誤
半日かかって編集。

初めてユーチューブに動画をアップしてみました

少しはレベルアップした気分
満足.。゚+.(・∀・)゚+.゚

 音がでます!




にほんブログ村に登録しました! 
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村



jmamlhnm at 11:48コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年03月12日

猫小屋の中のママイヨカンと家の中のケンジとユウタが見つめ合ってました!
DSC_0476a


ケンジとユウタは本当は猫小屋の猫になって、
イヨカンママといっしょにするつもりだったけれど、
かわいくて手放せなくなった

イヨカン、私が猫小屋に入ると逃げるけれど、
この場所に来て、よく私に話しかけます
「子供に会わせてよ〜」

私は大急ぎでユウタかケンジを探して、
イヨカンに
「ほら!」
って見せてあげる!

ごめんね
イヨカン!



にほんブログ村に登録しました! 応援クリックお願いします!にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村

jmamlhnm at 11:14コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年12月07日

病院行ってきたよ
注射と点滴 整腸剤をもらってきた
DSC_0480a


でも、お腹が痛い
DSC_0481a


おまえ、なんか病院で臭いつけてきたぞ!
ユウタがグルーミング
DSC_0482a


心配だなあ
DSC_0484a


ついでに猫エイズと猫白血病の検査をしてもらったけれど、両方とも陰性
よかったあ

jmamlhnm at 12:52コメント(2)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年12月02日

まったく私に寄り付かないイヨカン

そのイヨカンの子達はきっと人なつこくないと思っていたけれど、

イヨカンの子ユウタは子猫5匹の中でも一番人懐こい

私やお父さんの膝に呼びもしないのにやってきては座る
やっぱり人懐こい子はかわいいねえ(^_^)ニコニコ
DSC_0457a


jmamlhnm at 10:14コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年10月14日

ユウタ 2回目のワクチン そして血液検査をしてきました
帰ってきたら、
DSC_0266a

ガーゼを足に巻いた姿がとってもかわいくて笑えました

猫エイズと猫白血病の検査はともに陰性

ホッとした!(^^)!

チャトランの子達はミルクが代表して血液検査、ミルクも陰性

よかった!!

jmamlhnm at 15:16コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
Profile
「箱に入れて石をつめて印旛沼に沈めてくる」という恐ろしい言葉で始まった。犬や猫など飼ったことがなかったが、2匹の子猫を連れて帰った。1匹は翌日いなくなった。1匹は1年後にマリアを産んだ。猫のかわいさを知り、玄関の前、そして家の中に猫が増えていった。 犬や猫を捨てる事は許せない。捨て犬3匹も我が家に加わった。マリアは私に最高の幸福感を与えてくれたが、15年後にそれと同じ位の悲しみが私を襲った。生き物を飼うということがどんなことかを思い知った。しかし、この世に生あるもの、命はどんな生き物でも大切にしたい。どんな生き物でも「少しでも長く生きたい」という本能を生まれつき持っているものだと思うから……  
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ

教えてキャットフード