イヨカンの子

2014年12月21日

今日、とても悲しいメールが届きました。

イヨカンの子、ケンジとゆうたの兄弟のおひょうちゃんが昨夜天国へ旅立ったという知らせ…

ケンジとゆうたの兄弟の2匹はいろいろとあって、コナツといっしょにイチゴちゃんにおっぱいをもらっていました。

BlogPaint


イチゴママにかわいがってもらって
DSC_0273a


イチゴちゃんの飼い主さんがとてもおひょうを気に入ってくださって、イチゴちゃんの子コナツを我が家へ迎え、イヨカンの子2匹がそのままイチゴちゃんの家で飼われることに…

まったくなつかないイヨカンの子とは思えない程、人なつこい子だったそう…

先月お見舞いに行った時は、コナツよりずっしりと重く、元気そうだったし、「元気になった」と聞いていたので、大丈夫だとばかり思っていたら、突然の知らせでした。

後悔することは山ほどあるけれど、書いても仕方がない、たくさんありすぎるし…

夏に我が家へ遊びに来た時
DSC_0320a


私より猫を飼うことにはずっとベテランのK様ご夫妻におひょうをかわいがって面倒をみてくださったことを本当に感謝しています。

イヨカンには伝えておきました…  寂しいねえ

jmamlhnm at 20:45コメント(4)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年12月17日

昨日は寒かったです
ホットマットの上、込み合ってました
あDSC_0040


jmamlhnm at 09:53コメント(4)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年12月06日

朝からケンジが元気がない

元気がなくてじっとしているから写真がとれる
DSC_0478aa


下痢と嘔吐をしていたけれど、元気がよかったし、食欲も旺盛だったから、医者に連れて行かなかったら、今日になって食欲がなくなってしまった。゜(´Д`)゜。

今日、医者に連れて行ったら、熱はないけれど、血液検査で白血球数が少ないって…

もっと早く連れて行けばよかったと後悔

今日は絶食、絶水(-_-;)

猫汎白血球減少症なんて言葉先生言ったけれど、それってバルボのこと?

ワクチンはしているし、違うと思う(希望)

あの先生、いろいろな原因の可能性を追求していくから、
恐ろしい事まで言い出す

また明日も通院
3日続けて行くことになります

みんな元気でお正月迎えたいなあ

jmamlhnm at 23:48コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年12月02日

まったく私に寄り付かないイヨカン

そのイヨカンの子達はきっと人なつこくないと思っていたけれど、

イヨカンの子ユウタは子猫5匹の中でも一番人懐こい

私やお父さんの膝に呼びもしないのにやってきては座る
やっぱり人懐こい子はかわいいねえ(^_^)ニコニコ
DSC_0457a


jmamlhnm at 10:14コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年09月26日

またケンジがおっぱいのおねだりしてました!(^^)!
DSC_0142a

メグ、オスなのでおっぱいでないんだけど、
リラックス目的?

jmamlhnm at 10:10コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年08月31日

なんだかメグの変な鳴き声が聞こえると思ったら
DSC_0085a


イヨカンの子ゆうたにおっぱいを吸われていました。

メグ、オスなんだけどw(゚o゚)w オオー!

気配を感じて、おっぱいが飲める! とケンジまでやってきて
DSC_0091a


メグは優しくて、2歳で亡くなったすみれの面倒もよく見てくれた 子猫達には頼もしい存在
でも、おっぱいはねえ(゚∀゚)アヒャヒャ

メグ「ちょっと違うんだけれど…」って言いたいけれど、どうしたらいいかわからなくて、我慢して子猫達の依頼にこたえている表情がたまらなくかわいい。

DSC_0093a

お疲れ様でした
メグの胸、びっしょりでした.。゚+.(・∀・)゚+.゚

jmamlhnm at 11:53コメント(8)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年08月05日

今日も、すっごい暑い!

いいとこ、みつけた子
君は誰? 
ミルク? ケンジ?
DSC_0001a


ケンジでした!
DSC_0004a


何かワルイ?
DSC_0005a


ここは最高に冷たくて気持ちいいよ
DSC_0008a


でも、そこまで…
DSC_0010a


今日は、ケンジが最後に和ませてくれました

問題山積み状態…

ツバサは先月から一か月も経っていないのに、また、おしっこがでなくなって…
この前、普通のフードの袋を破って食べていたからね

アランは、やっぱり、甲状腺ホルモン亢進症の数値が高く、療法食待ち…
そのうえ、目が涙目になって、鼻水、くしゃみ
予防接種しているのにって、多分予防接種しているから軽く済んでいるって思うしかないけれど。
抗生物質と点鼻・点眼薬もらってきた

ミントは、便秘からかちょっと元気がない
子猫が多くなったストレスもあるかも…
今はなるべくゆっくりさせてあげられるように、別室においている

みんな無事に回復しますように(=^・・^=)

jmamlhnm at 22:40コメント(2)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年07月27日

昨日我が家にやってきた白猫さん、男の子
DSC_0427a

おとなしい…
すっごい暑い日にやってきたので、名前は コナツ
イヨカンの子達より2日早い生まれ

面倒見のいいアランとご対面
DSC_0429a


イヨカンの子 ケンジとユウタ 
猫小屋ができるまで、外のケージの中じゃあかわいそうだから、
家の中にいれてあげる
DSC_0409a


ユウタ
イヨカンに似て人見知りのふりをして、好奇心旺盛
DSC_0435a


ケンジ
人なつこそうだけど、慎重派
DSC_0433a


どうも、ケンジとミルクの区別がつきにくい…
ミルクはこの子
DSC_0431a



イヨカンの子達、ケンジとユウタ

チャトランの子達、ミルクとヒメとベル

2つの大運動会が家の中で繰り広げられる
今の所、合同の運動会は行われていない

一体何匹仔猫がいるんだか…

昨日は、寝ている私の顔の上、ケンジとユウタが走り抜け、鼻の横、擦り傷できちゃったよ

暑いのに…

高齢者はとてもついていけない
傍観…
DSC_0438a


それにしても心配なのは、イヨカンママが食欲がない
今朝は朝から姿が見えず、人なつこければ医者に連れて行くけれど、つかまらないし、とっても心配だ・゚・(ノД`;)・゚・

神様! イヨカンを助けて下さいな…


jmamlhnm at 10:30コメント(6)  このエントリーをはてなブックマークに追加
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
Profile
「箱に入れて石をつめて印旛沼に沈めてくる」という恐ろしい言葉で始まった。犬や猫など飼ったことがなかったが、2匹の子猫を連れて帰った。1匹は翌日いなくなった。1匹は1年後にマリアを産んだ。猫のかわいさを知り、玄関の前、そして家の中に猫が増えていった。 犬や猫を捨てる事は許せない。捨て犬3匹も我が家に加わった。マリアは私に最高の幸福感を与えてくれたが、15年後にそれと同じ位の悲しみが私を襲った。生き物を飼うということがどんなことかを思い知った。しかし、この世に生あるもの、命はどんな生き物でも大切にしたい。どんな生き物でも「少しでも長く生きたい」という本能を生まれつき持っているものだと思うから……  
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ

教えてキャットフード