もも

2017年07月11日

九州の方では豪雨の被害がタイヘンそうですが、
こちらは、雨が少なく、暑い!
前の畑はカラカラ…
スプリンクラーで水をまいている状態。

今年は、去年もそうだったけれど、あじさいが二つしか咲かなかった。

よそではあちこち、あじさいがきれいに咲いているのに、

なんでだろう と調べてみたら、

どうも剪定が間違っていたよう…

冬になると、枯れ枝だけになるので、バサバサ切っていた。

だからだね。

今年は切らずに、このままにして、大きくなっちゃうけれど、

来年は、咲きますように。。

剪定には気をつけよう…

モモの日除けになってくれて、花は咲かないけれど、しっかり仕事をしてくれているので、ありがたい

momoajisai370


jmamlhnm at 10:32コメント(2)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年06月11日

momo


モモが自分で地面に穴を掘る

その穴が自分の体の大きさにぴったりマッチしているのが、

なんとも微笑ましくて

安心しきった顔をしているモモを見ると、

私にはこんなことが幸せなんだよなあ、と思う。

jmamlhnm at 10:29コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年08月22日

関東地方を台風が通過中ですが
オリンピックの閉会式に夢中になっていたら、
今までにない被害が…

庭のひまわりどころか、モモの木が倒れてしまいました。
モモが家にやって来た時から、毎年春にきれいに咲いていたモモの木

momo370


しかも、モモが雨風のひどさにびっくりして
ハウスに入らず、
倒れたモモの木の下でじっとしている

ハウスに入ればいいのに…

そして、猫小屋のネットの上の波板も半分に割れて、飛んでしまった。
猫は小屋の中に入っているから、今はまだ、外には出られないけれど

台風が去ったら、一仕事ですΣヾ( ̄0 ̄;ノ

jmamlhnm at 15:23コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年03月31日

広島県神石郡神石高原町にふるさと納税1万円をしていたら、
今日、このニュースを知りました。

犬の「殺処分ゼロ」にふるさと納税殺到4億円、対象犬全引き取り実現したそうです。

神石高原町のふるさと納税は、使い道を「犬の殺処分を0にする活動にあてる」として、寄付を募っていたもの…

それが、4億円近くを集め、「今年の6月までに広島県の犬の殺処分を0にする」 という目標が、2ヶ月早く達成できたそう…

東京オリンピックまでには、殺処分0を日本全国に広めるという目標を持っている

そうなるといいなあ…

momo

我が家のモモの花が咲きはじめ、
犬のモモが我が家にやってきたことを想い出す…

昨日は、モモの首輪がすっごいきつくなっているのに気づいた

かわいそうに

首輪の穴を一つずらしてあげたけれど、
あまりにゆるくすると、抜けて逃げてしまうので、
まだきついかなあと思ったけれど、
きつめにしておいた…

なんだかモモ色っぽい…  
momohana



jmamlhnm at 19:59コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年04月06日

今年も桃の花がきれいに咲きました
DSC_0776a


見ていて想いだした去年のこと
今頃の1週間は生きたここちがしなかった

ももを無事に動物愛護センターから引き出せるか、朝、目を開けると、現実に落ち込んでいた


その頃の様子はこちら

もも今では肉付きもよくなった。
しっぽふりまくる
DSC_0778a


DSC_0780a


そして、さらに忘れていたけれど、4月1日、ベルとヒメ、ミルクの誕生日だったことを想いだした。

お父さんに言ったら、
「うち特別誕生日会してないでしょ!」

そうなんだよね、うちの子達、誕生日がわかる子、他にケンジとユウタだけだからね。

ベル
DSC_0783a


ヒメ
DSC_0787aa


ミルク
DSC_0785a


みんなお転婆3匹、大きくなったよヾ(=^▽^=)ノ


にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村


jmamlhnm at 12:51コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年02月05日

昨日、朝エサをあげようと外へでると、ももの犬小屋が空っぽ!

いつ何がおこるかわからない。

どうしようと、心臓が止まりそうだった。

ブログでおりこうさんになったってほめてあげたのに

動物愛護センターで
「二重の檻に入れて飼って!」

とか

「もし逃げちゃったら二度とつかまらないので、絶対に逃がさないで!」

って言われていた。

どうしよう…

いろんなこと考えながら探し歩いた

チェーンをひきづっているらしい

いつ脱走したかわからないので、もうすでに遠くに行ってしまっているかもしれない

しかも、探しながら思いだしたけれど、市の監察札つけてないし…

リリーやはなだったら、脱走しても一人で散歩して帰ってくるけれど、ももはどうかわからない。

一応警察に、今日犬を保護したという連絡が入っていないか電話してみたけど、無し。

チェーンひきづっているから、どこかにひっかかっていて動けなくなっているかもしれないし…

ホント、どうしようと泣きたくなった


そしたら、お父さんが近くの林の中にいるのを発見

チェーンがひっかかって、無事捕まえられた。

鎖のつないであるところが何かの拍子ではずれてしまったらしい。

鎖をもう一本つなぐことにした
DSC_0132a


それにしても放浪の旅にでてしまったかと思ったけれど、
近くにいてくれて、少しはここが自分の居場所って認識していてくれるのかなって思うと、ちょっとだけうれしくなった

ふ〜

朝から疲れた一日だった



jmamlhnm at 10:27コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年01月27日

去年、我が家へやってきたもも
DSC_0053a


動物愛護センターで、「家庭犬として適さない」として殺処分されるところだった

毎日3時半頃になると、大騒ぎしだす

私が外に出ていくと散歩に行けるかも! と大興奮だ

こんなに大騒ぎするのは、やっぱり家庭犬として適さないからなのって思ったり…

なんとか落ち着かせようと、おすわりさせようとするけれどなかなかできなかった

でも、魔法の言葉を発見

去年の8月頃、ふと、ももに話しかけた

「もも! もも、うちにきたのいつだっけ?

4月10日だから、

5月〜

6月〜

7月〜

8月〜

もう、4か月経ったのに、まだおすわりできないの?」


そしたら、

「これじゃあ、まずい!」

と思ったのか、

大急ぎで、仕方なくおすわりをした。

それから、このフレーズを言うと、おすわりをするとわかった。


ももは、多頭飼育崩壊現場の犬らしい

私の家から車で20分位走らせたところに、知人の家がある。

その近くに、猫を30匹位飼っているお宅があって、夜行くと、よく猫をみかけた。

それが、1か月ぶり位に行ってみると、家が取り壊され、きれいな更地になっていた

引っ越したのかな?と思った。

猫をかわいがっていれば、みんな連れて行ったよね と思っていた。

そしたら、一人暮らしの高齢の女性が亡くなって、猫はみんな保健所がつれて行ったと聞いた。

もし知っていればとも思ったけれど、30匹も私にはどうしようもなかっただろう。

更地に、どういうわけか一匹残った犬が、「一人でポツンとおすわりをしているのを見ると、かわいそうでねえ。」
と知人が言った。

それが、ももだった。

あとで聞いたことによると、保健所が連れて行ったのではなく、近くの猫がいっぱいいる公園で一度にたくさんの猫が増えたことがあるらしく、誰かがそこに捨てたのではないかということだった。

我が家にももがやってくるまでのことはこちら⇒

魔法の言葉を発見してから、
きっと元飼い主さんは、数を数えてももをしつけていたんだろう
と、推測した。

そして、おすわりをさせて、
そのままの状態で、
今では、60数えるまで、座っていられるようになった。

まだまだ座っていられそうオオーw(*゚o゚*)w

100でもいけるよね

「そんなことどうでもいいから、早くしてよ」
ってお尻をもぞもぞさせて、我慢してすわっているのが、とってもかわいいよ!

すごいよ!
もも!

殺処分なんてされてたまるか!

ももの目を見ていると、元飼い主さんの想いが伝わってくる気持ちになる。

かわいがっている猫や犬たちをおいて、逝かなければならなかった気持ちを思うとやるせない…

ももが元気でいてくれるのをどこかで見ているような気がするよ

それにしても、いつもももの目って、ぐんまちゃんの目に似ている気がするんだけれど
gunma


どうしてかな? って考えたら、ももの目、黒目と白目があんまりわからなくて、全体的に黒いんだよね。
だからかなあ





jmamlhnm at 12:06コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年07月29日

DSC_0451a


今年も緑の屋根ができた
ゴーヤ2本でもも一匹分

大工さんの邪魔にならないように、あんまりネットが張れなかったけれど、まあ、少しは暑さ対策になったかな…


jmamlhnm at 10:33コメント(2)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年07月12日

すっごく大きい台風が来るというので、
せっかく大きくなってきたゴーヤが倒れては大変とできるだけのことをした
DSC_0357a


外猫達のゲージや棚をブルーシートで囲って、
でもとっても心配でたまらなかった。

朝、起きると、風もなく雨も降っていない

爆睡しちゃったから、夜中に台風行っちゃったのかな?と思って、テレビをつけると、台風は千葉に上陸、今銚子辺りにいるらしい(゚ロ゚;)エェッ!?

そんなにすぐそばに台風がいるのに、この静けさは何?

不思議な台風だった

夜中、雨もたいして降らなかったみたいで、外犬のエサ入れにも水あんまりたまってなかったし…

まあ、ゴーヤも無事だったし、外猫達も無事だったから、いいんだけれど…



jmamlhnm at 11:17コメント(4)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年06月10日

ももの避妊手術が終わりました。
DSC_0127a


チャトランもそうだったけれど、手術後はやっぱり、ちょっとおとなしい。


それはいいんだけれど、

またまた、ショックなことに、

白猫リボンが、帰ってきません

なんで〜

手術すると、みんないなくなっちゃうの?

遠くに行く子ではないんだけれど…

いないとやっぱり寂しい…

疑ってはいけないと思うけれど…

う〜ん

ミカンの時も、ちょっと不自然な最期だったし…

もしかして…

悲しいです

残っている外猫さんたちを、しっかりと守ろうと思います



jmamlhnm at 15:11コメント(2)  このエントリーをはてなブックマークに追加
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
Profile
「箱に入れて石をつめて印旛沼に沈めてくる」という恐ろしい言葉で始まった。犬や猫など飼ったことがなかったが、2匹の子猫を連れて帰った。1匹は翌日いなくなった。1匹は1年後にマリアを産んだ。猫のかわいさを知り、玄関の前、そして家の中に猫が増えていった。 犬や猫を捨てる事は許せない。捨て犬3匹も我が家に加わった。マリアは私に最高の幸福感を与えてくれたが、15年後にそれと同じ位の悲しみが私を襲った。生き物を飼うということがどんなことかを思い知った。しかし、この世に生あるもの、命はどんな生き物でも大切にしたい。どんな生き物でも「少しでも長く生きたい」という本能を生まれつき持っているものだと思うから……  
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

『徹子の部屋』見た?

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ