プーちゃん

2017年04月22日

15 004poo370

ぷーがいなくなって、一ヶ月が過ぎた

毎日、ぎっしりつまった一日なので、

長かったような、この一ヶ月は特に忙しかった。

ぷーのお墓に、ハナやモモにエサをあげるとき、ぷーにもエサを少しあげる。

夕方あげて、朝見ると、そのエサがなくなっている。


誰が食べているんだろう?

昼間なら、鳥かなって思うけれど、夜の間になくなっている。


エサをもらっている飼い猫が、犬のエサを食べるんだろうか?

まったくの野良猫はいないはずだし。


ふと、昨日思った。

食いしん坊のぷーが、顔をだして、食べてるんだ!

ぷーならやりかねない…


それにしても、もっと食べさせてあげればよかったかなあ。

ダイエットなんてしないで。

どうせ、病気でいずれは亡くなるんだから。


いつも思うけれど、

マリアがいなくても、普通に一日が始まり、一日が終わる。

アランがいなくても、一日はやってくる。

ぷーがいなくても、毎日生きていかなければならない。

当たり前のことだけれど、人間や犬猫がいなくなっても、

何事もなかったように世界は廻り、ずっと時間は続いている。

不思議なんだよね、これが、私には。

ずっと昔の過去からずっと未来まで…

頭の中が、ずっと過去へ舞い戻り、未来へとはてしなく伸びていく

こんなこと考えるのはきっと私だけなんだろうなあ。






jmamlhnm at 10:54コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年04月10日

poo

ぷ〜がお世話になっていたトリミング屋さんに電話をした。

一応報告しておこうと思って…

ぷ〜を保護した時に、街中のトリミング屋に電話したけど、どこも予約ができるのは1週間先だった。

そのトリミング屋さんだけは、保護したことを話したら、明日ということですぐにやってくれた…

ぷ〜、あまりに臭くて早くしてくれて、とてもありがたかった。

あれから、5年近く、お付き合いしていたことになる。


手術をしたこと等を話したら、

「手術、よくがんばったねえ…」

と言われて、

ああそういえば、そうだよね、そういうふうに思うわなくちゃねえ…

となんだか、胸が痛くなった。


私は、手術を10万円、その前後にかかった費用でも12万以上はかけたのに、費用対効果のことばかり思っていた。


ぷ〜にしてみれば、年齢のこともあるし、しかも肺に腫瘍が転移していたにもかかわらず、手術をしたんだから、タイヘンだったに違いない。


ぷ〜はよくがんばった!


このトリミング屋さん、いつ電話してもすぐに予約がとれた!

朝早く迎えにきてくれて、あまりに朝早すぎて閉口したけど、

いつもぷ〜は丸刈りになって帰って来た。

これで、爪切ったの? 

とか、

耳の中、掃除してあるの?

って不審に思ったこと、何度もあるけれど、よそに変えることもなく、ずっと同じトリミング屋でお願いしていた。



今日、近所の桜のお花見スポットにでかけた。

偶然、知人がプードルを連れて、お花見に来ているところに出会った。

そのプードル、とってもかわいいカットをしていた…

ぷ〜も、あんなふうにかわいいカットをしてあげたかったなあ…

きっとかわいかっただろうなあ

と思った。

ぷ〜はいつも丸刈り…


ぷ〜は、今思えば、何をされても、じっとされるがままだった。

動物病院でも、耳のお掃除をイヤがるワンちゃんが多いんだけれど、ぷ〜は嫌がりもせずにじっとしていて、先生にほめられた。

乳腺炎の傷を洗面台で洗う時も、じっとしていた。

ぷ〜は手のかからない子だったなあ…

とっても従順でいい子だった。



ぷ〜がいないと、家の中が広くなったように感じる…

あまりに突然のお別れで気が抜けてしまった

もっといっしょにいられると思っていたから…


でもねえ、ソックスは口の中が痛いのか元気がなくて心配だし、ミントとユズは便秘が深刻だし、ペットを飼うってタイヘン



jmamlhnm at 22:54コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月23日

ぷーが…

手術後2週間で天国へ行ってしまいました


17日の夜、いつもどおり、私たちの食事中はガツガツと何かもらえるかなと食欲旺盛だったのに、


その後、座ったまま、様子が変。。


ずっと、体勢は変わらず、丸まって寝ようとしない。

夜中にみても、座ったまま…


翌日すぐに病院に連れて行った。

これからの治療のためにと、肺のレントゲンをとると、
「残念ながら…」
と先生は
肺に腫瘍が転移していると言われた。

呼吸が苦しくて、夜も眠れなかった。

酸素室のレンタルのパンフレットをもらった。
少しでも、呼吸がラクになるかもしれない。

ながくて、1カ月。
あるいは、数週間…


肺に腫瘍が転移なんて…

聞いたっけ?

乳腺炎は命にかかわる病気ではないと思っていたけど…


でも、よく考えてみると、

そういえば、「肺に転移することがある」 って先生から聞いた気がする。

自分の中で、

それは、ずっと先のことだ
その時は寿命だと思うしかない。
乳腺炎は手術しても完治するわけではない
手術はリスクが高い

と、「肺に転移」という言葉は、自然と頭の中で処理され、流されてしまっていた。



もう、後悔は山ほど!

後悔という海の中でおぼれている。



帰りの車の中で、ぷーはずっと運転している私のヒザにのっていた。

いつものように、ぷーの元気のなさを病院に行けば、解決してもらえると思っていた。

何度も、元気のないことあったから…

でも、今日は万事休す


とても呼吸が苦しそうで、酸素室レンタルしようと、車の中で考えていた。


ヒザにのっていたぷーが自分から助手席へうつった。

いつも、私のひざからなかなかおりないのに、おかしい

と思った。

最初は、おなかが動いているから大丈夫

と思っていたけれど、

ついに、おなかも動かなくなった。

18日のお昼の12時前のこと。


家の中にぷーがいないのは、
寂しいねえ

お花をいただきました
いつもありがと!
アプリコット色って、優しい色。
大好きな色…
こういう時は、心休まる色だと改めて想う

hana


まだ殺風景な庭にスイセンが…
桜やチューリップは、すぐに散ってしまうけれど、
スイセンって、なが〜く咲いている

suisen


黄色ってパワーを発する色
強すぎて好きな色ではなかったけれど、
こういう時は、すいせんの黄色がなんとか気持ちを持ち上げてくれる。

スイセンの花が咲き終わる頃には、どんな気持ちになるだろう。


ぷーを保護した時のこと
あまりにひどくて、トイプードルだとはまったく想えなかった。

ぷーを保護した時のこと⇒

いいよね、あの状態から、4年と8ヶ月、生き延びられたんだから…

一度はお腹がパンパンに膨れて、フィラリアの末期の症状だと言われたんだし、

って、何度も思い直すけれど、

やっぱり後悔が限りなく押し寄せてくる


乳腺炎の大きな傷はきれいになったから、
天国では快適に暮らせるよね。。

poo370



jmamlhnm at 09:51コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月09日

トイプードルぷーの乳腺炎の手術が終わりました。

日帰りもできたかもしれないけれど、
念のため、1泊

いつものぷー、食欲の塊にもどりました。

poojutugo


でも、本当によかったあ

あのくさかった臭いもしなくなり、
やっぱり、

臭いって、生活の中の重要な要素なんだなあ

まだ、包帯の中の状態は見ていないけれど…

元気なので一安心


jmamlhnm at 13:02コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年02月28日

ぷーの乳腺炎

あまりにひどくてじっとみることもできず、
出血もするし、臭いもすごい。

思い切って手術をすることにした。

もっと早くすればよかったんだけれど、
先生、リスクのことばかり言うから…

大きくなってしまっているので、
これが最後のチャンスと言われた。

いざ、手術するとなると、先生
「どの子にもリスクはあるから。
ぷーちゃんは普通の子よりリスクは高めだけど…」

今となっては、
もっと小さいうちにすればよかったけれど
乳腺炎ってこんなにひどくなるとは思いもよらなかった。


昨日は手術の予約の日。

前日の夜9時から食事はなし。
朝からお水を飲まず

車に乗せると、なんだか元気がない。

いつもは私のヒザの上に来たがるのに
助手席で背にもたれて、じっとして、具合悪そう…
このまま、何も食べなくなって死んじゃうんだろうか

アランを最後に病院に連れて行った時を思い出した。


血液検査で、腎臓と肝臓はOKだったけれど、
やはり大きな傷があるせいか、
白血球の数が多く、貧血ぎみ。

マリアも白血球の数が減らなかったので、
白血球の数が多いとなると、
死んじゃうの?
って不安になる。


でも、今日の具合の悪さは何?

先生に言うと、
「元気がないとねえ、手術どうしましょう?」

手術はしたくなさそう…

どうして具合が悪いのか。

たしかにここ数日、歩くのもヒョコヒョコ
寝ている時間が長くて、いつもはガツガツしてくるのに、
食欲のガツガツさがまったく違う。

白血球の数が多くて元気がなくなるのか?

と聞いてみると、
そんなことはないと言うし、


私の判断は、
「痛くて元気がない」 と思う。
と先生にハッキリ言った。

「いつも見ている○○さんが言うなら…」
と、

痛み止めの薬は一応もらってはあったけれど、
もっと強めの薬にして、様子をみて、
元気になれば、
痛みのせいで元気がないということになるから…

先生の判断はありがたかった。

これで、他の病気があって元気がない

とか言うことになったら、手術もできなくなる。

痛み止め注射をしてもらって、
薬をもらって帰ってきた。


昨日、ぷーは、おとうさんに
「明日は痛いよう〜」
って言われていた。

そのせいだよねえ。

帰ってきたら、た〜くさんエサを食べ、

私がぐったり疲れて昼寝をしている間に
力強い足音をたてて、
猫のえさが落ちてないか、
歩き回り、

まったく元気になった。

次の手術の予約日は、3月3日

今度こそ手術ができるかな?

今度は、咳で手術ができなくなると困るので、
ネブライザーしました。
poonebu





jmamlhnm at 10:30コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年01月25日

ぷーの乳腺炎、汚れがあちこちついてしまう。

いろいろと工夫しているんだけれど、
家にあったさらしを巻いてみた
poo370

これなかなかいいじゃん!
と思ったけれど、
しばらくしてみたら、はずれてしまっていた。

何をあてるにも、足でひっかくから、はずれてしまう。
考えなくちゃ。

一時は8キロあった体重
年末は6キロ
そして、5.8キロくらいまで減った。

一応5.5キロが目標
もうそろそろ、目標に近づいた…

いつも、おとうさんのヒザに座って、べったりだ
15 004poo370




jmamlhnm at 13:38コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月28日

ぷーのトリミング屋さん、いつもよりさらに早く朝6時にお迎えに来た

寝ているぷーをそのままダッコ

「臭くて、申し訳ないんだけれど…」
って、何度も言ってしまった。

あの気味の悪い乳腺炎、心配だったけれど、

帰って来たときに、

「仕方ない、仕方ない…」
と言ってくれたので、ホッとした。

トリミング屋さんも猫が乳腺炎になったことがあったそうで、
「乳腺炎ができてから、どこくらい生きました?」って聞いたら、

「いや、けっこう生きたよ…」

乳腺炎って、寿命には関係ないのかも

poo


左目の形が変わってきてしまって…

ぷーちゃん、あちこち、タイヘン!

毎日、洗面台にぷーを乗せて、乳腺炎のとこだけ、洗ってあげる。

服を着せながら、ぷーに言う

「ぷーちゃん、がんばろうね!」

半分、いやほとんど、自分に言い聞かせているんだけどね。



jmamlhnm at 20:10コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月03日

ぷーの咳、薬を飲んだりするけど、それほど効果もイマイチ
効果がなければ、飲んでも意味ないです
って前の医者でも言われたし

先生に教えてもらって、オムロンのネブライザーをアマゾンで購入しました。
nepuraiza1


ネブライザーは、人間も使える。。
病院で、ネブライザーが家にあるといえば、薬を処方してくれるので、咳がひどくなった時に利用できます。

ぷーは、ネブライザー用の液体と、生理食塩水を病院で買って、10分から15分ネブライザーを使用
生理食塩水は安いので、薬と交互に使っている。

nepuraiza



この頃は、咳より、

臭いのが悩み…


乳腺炎がひどくなり、とてもじっとみていられないほど…

洗面台に乗せて、毎日、ぬるま湯で洗う

洗うといってもあまり触りたくないので、流す程度

すっごい臭い

細胞が壊死した臭いなんだそうで、

この臭いとは一生つきあわなければならない

なめてしまうので、

おとうさんのもも引きの古いのを、ちょうど太ももの部分を切って、足をとおす穴をあけて、洋服の下に着せている

poo1


ぷーだって、病気になりたくてなっているわけじゃないから仕方がない。

今日も、食欲だけは誰にも負けない



医療従事者ですか?って聞かれるけれど、ハイ で普通に買えました。


jmamlhnm at 11:22コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年11月06日

昨日は、久しぶりに新宿まで用事があって、でかけた。

たまに行くんだし、ゆっくりしてこようと思ったけれど、
用事が終わり、5時になると、あたりはもう薄暗い

いつもは帰りが遅くなりそうな時は、エサを多めに置いておくんだけれど、
猫達のフードは何も準備してこなかった

数時間エサを食べるのが遅くても死ぬわけじゃないし、
たまには空腹感をたっぷり味わえばいいと思いつつも、
早く帰らないとと気があせり、

電車の中で、東京、千葉と乗り継ぎの電車の時刻をスマホで調べまくり、エスカレーターを駆け下り駆け上り、大急ぎで帰って来た。

7時半頃、玄関をあけると、猫達がうようよといた。
ほんの数時間離れていただけなのになつかしい気がした

ぷーはというと、なんと布団の上でゴミ袋といっしょに寝ていたw( ▼o▼ )w オオォォ!!
poogomi


食欲をおさえきれずに、
ゴミ袋をあさったけれど、首からはずれなくなったみたい┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

思わず、笑ってしまったけど、

まるで、エサをあげないで、虐待しているみたい(;'д`)ウーン…

いくらでも食べちゃうし、体重が増えないようにしっかり管理しないと、またたくまに体重は増えてしまう。

ヘルニアにも太りすぎはよくないからね

でも、ダイエットは大変だよね

ぷーの気持ちがよくわかる


jmamlhnm at 03:00コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年10月08日

6 002-370


ぷーの胸の乳腺炎が大きく赤くなってきてしまって、病院に行ってきた。

乳腺炎と鼠径ヘルニアをいっしょに手術するか、

そのままにしておくか…

心臓のエコーを撮ってみると、右心室は大きくなってしまっているけれど、逆流まではしていない。

一応、手術しても大丈夫そうとは言われたけれど、手術をするにしても、手術中のこと、術後に発症するかもしれない臓器の負担などの話を聞くと、

どうしようかなあと思ってしまう。


手術の費用は、約15万円


手術をしないで、もしひどくなると、乳腺炎の部分をベルトみたいなもので抑えるような感じなんだとか…

臭いがひどくなるとかいうし…


保護した時に、8歳から10歳と言われ、それから4年経ったから、推定12歳から14歳

先生に聞いたら、トイプードルの平均寿命は、一番新しいデータで、15歳。


年齢もはっきりとわからないし…


私は手術をするかどうか、すっごい迷っているのに、
当のぷーは食欲がどうにもとまらない

床に落ちていたこの袋
yabure370


もしかして…

腎臓の療法食、カロリーがとっても高くて100g411カロリーもある

ダイニングテーブルの上に置いてあったのに、
ぷーが根性で落としたか、
誰か猫が落としたか、

100g以上は残っていたはずなのに、すべて完食


翌朝、体重を量ると、300g増量

300g痩せるのに、一体何ヶ月かかったと思っているんだよ!


咳がこの頃またひどくなってきて、薬をもらってきたけれど、
まだまだ、長生きしそうだよねえ




jmamlhnm at 22:04コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
Profile
「箱に入れて石をつめて印旛沼に沈めてくる」という恐ろしい言葉で始まった。犬や猫など飼ったことがなかったが、2匹の子猫を連れて帰った。1匹は翌日いなくなった。1匹は1年後にマリアを産んだ。猫のかわいさを知り、玄関の前、そして家の中に猫が増えていった。 犬や猫を捨てる事は許せない。捨て犬3匹も我が家に加わった。マリアは私に最高の幸福感を与えてくれたが、15年後にそれと同じ位の悲しみが私を襲った。生き物を飼うということがどんなことかを思い知った。しかし、この世に生あるもの、命はどんな生き物でも大切にしたい。どんな生き物でも「少しでも長く生きたい」という本能を生まれつき持っているものだと思うから……  
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

『徹子の部屋』見た?

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ