動物病院

2014年11月21日

アランもコナツといっしょにセカンドオピニオンを聞きに動物病院へ連れて行った

甲状腺機能亢進症のこと、お水をたくさん飲むことなど聞きたかったので…

今までの動物病院で聞いた話と先生のおっしゃっていることが同じようだったし、
治療方法としてはうまくコントロールしていると思うということで、
「今までの治療法で続ければいいんですね」
と、今までの動物病院で治療を続けるつもりで終わった。

ぷーちゃんは連れて行かず薬だけもらおうと思ったけれど、
いろいろと話を聞いてやっぱり、連れてきてから薬をだしてもらうことになった。

たっぷり3匹分、細かい説明をしてくれて、
払った金額は、コナツの薬代1,500円とアランの初診料500円
合計2000円プラス消費税

帰り道、おとうさんと、セカンドからファーストの病院にすることに決定した

アランとミント老猫どうしで
DSC_0338a


jmamlhnm at 23:21コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
昨日、留守にして家に帰ってみると、
コナツのいる部屋にコナツの白い体毛が散っている

誰か入ったのかな?
でも、誰も入るはずがない

多分、日向ぼっこをしていて、
ベランダにでる窓を少し開けて固定していたので、
その隙間からベランダにいる猫にひっかかれたんだろう

猫の体は通らないけれど、手がでる隙間位開いていた…

コナツの背中の毛が抜けて、皮膚が見えてしまっていた。
DSC_0389a

窓の向こうに、犯猫らしき猫が

それだけなら、まだよかったんだけど、
夕方、歩き方がヘン(-_-;)なことに気づいた

前足に力が入らなくなっていた
前足がクタッとなってしまっている

襲われて逃げる時に骨がおかしくなってしまったのかと
今日は、この前セカンドオピニオンを聞きに行った動物病院に行ってきた。

先生、コナツの前足をいじりまわすけれど、コナツはまったく痛がらない
骨に異常があれば、痛がるはず…

神経から来ている可能性があるかも…
と、先生、最初は注射をしようとしたけれど、
「注射は緊急性がある時にするけれど、この子の今の状態を見ると、それほどでもないから、継続性があった方がいいから薬だけにしましょ!」
ということで、注射針をしまった。

食欲はあるし、力のない足で部屋の中をひょこひょこと歩き回るほど元気だ。

どうしてそうなったのかは、原因はわからないという

今まで通っていた病院だったら、レントゲンを撮って、血液検査して、注射して、薬で小一万はかかるだろう。

だけど、今日払ったのは、コナツの分は薬代8日分1500円だけ

安ければいいってものでもないけれど、
うちみたいに、超心配性の超貧乏人が超多頭飼いをしていると、こういう病院はとても助かる


jmamlhnm at 22:53コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年07月27日

7 001


おなしの目がぐちゃぐちゃになってしまった。

ミントが以前もらったステロイドが一錠残っていたので、
飲ませた。

もう抗生物質が家にはない。

動物病院に連れていくにも、汚いし、
車になんて乗せたら興奮するだろうし、
病院でもどうなるかわからない。

動物病院で抗生物質だけもらおうと思った。

でも、断られた。

前は、メグの担当していた先生がくれたのに…

昨日いた先生方は、新しい先生ばかりだった。
院長先生は1週間休み。

院長先生の休み明けに、ミケの予防接種をうけながら、
院長先生に話してみよう!

おなしの写真も持って行って…

野良猫なんてそう簡単に動物病院に連れていけないよ。

ユウはおとなしかったから、連れていけたけれど…

おなしの目は、ステロイド一錠飲んだだけでも、
少しよくなった。

野良は薬なんかめったに飲んだことないから
薬がよく効く。

といっても、もう何度もおなしは抗生物質のおかげで
命拾いしているね。

大分、弱ってきたおなし。
汚いけれど、具合悪そうにすると、ほっておけないんだよね。


jmamlhnm at 09:08コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年01月11日

昨日動物病院の待合室で話した人

やっぱり
足をけがしている子猫を拾った
もうウジ虫がわいていてダメかと思ったそうだ
目も片方ないそうだ。

動物病院に連れてきて
目は生まれつきなので
仕方がないが、
足は治って今家にいるとか

私はがんばって毎日通っているが
その人は
「毎日なんて通えない」
と言ったら
「家で水で毎日洗って包帯をしてください」
と言われたそうだ

コネコなら自分で洗えるかもしれないが
メグのあの巨体とあの性格では
とても家で洗って包帯なんてできるわけがない

でも私と同じようなことをする人がいて
ホットした。

ウジ虫がわいていて、目が片方ない子猫なんて
私だったら助けるだろうか

メグはずっとエサをあげていて
人懐こかったから
見捨てるわけにいかずに
医者に連れて行っているけれど
私も今度怪我している猫をみたら
勇気を持って助けてあげよう

どうしようと
いつも迷ってしまうが
ほかの人がどう思うかは考えないで
自分の気持ちに正直に生きよう!



ロイズの生チョコ   北海道の六花亭 確定申告ソフト 福祉住環境コーディネーター  ドッグレース

jmamlhnm at 13:28コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年01月06日

動物病院で
待っている間
犬好きの人はこんな人という本を
読んでみた

なんだかぴったりくるものがない

犬は集団行動なので
人づきあいがいいようだ

そして
あらためて猫好きの人の本をみると
やっぱり私は猫派

ぴったりくる文章が多い

自分中心のマイペースを
つらぬければ最高の人生なんだよ

だから、会社もちょっとつらい

ああ、明日から仕事だ
いつまで続くんだろう会社勤め


jmamlhnm at 14:39コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年01月05日

動物病院で待っている間に
「猫好き」な人の人格判断の本が置いてあったので
読んでみた

当たってる!

もちろん
違うよ!
ということもあるけれど…

とにかく
団体行動が好きではない

そして
立候補する人の気がしれない
立候補という言葉があること自体
信じられない
なんで自分から
面倒なことをしたいと言い出すのか
まったくわからなかったし
今でもわからない

それに
自分の興味のないことは
話したくない

やっぱり
私だけではないようで
よかったと
ホッとした。

その前に
犬好きの人の本もあったけど
私はグループで行動するのは
好きではないから
イヌ派ではないよな


jmamlhnm at 22:15コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年01月04日

12 千菜七五三 011




マリアの耳掃除にはまってしまった
マリアの耳は
恐ろしく汚い

なんでこんなに汚いのか

1日おいてチッシュで掃除をすると
黒茶のねっとりとした耳あかが
ついてくる

そして
動物病院で待っている間に
目についたレボリューション6%の
パンフレット

何気なく見ていると
ミミヒセンダニがいると
真っ黒い耳垢がつくという

これではないか?
と思った

でもかゆがっている様子はない

メグの診察の際に
ついでに聞いてみた

検査をしなくても
薬だけもらえるというので
レボリューション6%
もらってきてつけてみた

するとすぐに
耳垢がつかなくなった
やっぱりダニがいたのかなあ

かゆがらないので
いないと思っていたけれど

また1か月位してつけたほうが
いいそうだ

でも気がついてよかったね  マリア!

jmamlhnm at 23:31コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年01月03日

今日はおとうさんにメグの病院に行ってもらった

今日はまだ診察時間が短い

10時過ぎに出て行ってなかなか帰ってこない

出かける前に行ってこようと
お父さんに行ってもらったが、
込んでいるのだろうか

あまりに時間がかかりすぎて
おとうさんがあばれていないだろうか
心配になった

でも心配してもしようがない

もう出かける準備は終わった

年末にできなかった
風呂場の掃除を始めた

なんとか終わりそうになったころ
やっと帰って来た

とても込んでいたそうだ

そして
他の患者さんでワンちゃんがおとといから
おしっこがでないと待っていたワンちゃんが
1時間も待っている間に
待合室のソファの上でおしっこをいっぱいしてしまい
もうおしっこがでたからいいです
と帰っていた方がいたそうです。

ワンちゃんも雰囲気が変わって
おしっこがでたのかも…

動物病院通いもたいへんです



jmamlhnm at 02:00コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年11月26日

メグを毎日連れて動物病院通い

大変だからと言って
洗浄だけにしてもらっている。
3日に一度は診察を受けてくださいと
言われているけれど
いつも込んでいるので、
「洗浄だけ!」
と言ってしまう。

7時までなのだが、
6時半位に行っても
まだ10人位は待っている

とってもはやっている動物病院なのだ。

そしてこの動物病院の待合室でいつも思うことは
1匹の犬や猫に二人、3人で来る人が多いこと。

私はいつも一人
お父さんがいっしょに来てくれたら
どんなに心強いかと思うけれど、
二人ともそんなにひまではない。

老夫婦が犬や猫を大事そうにかかえて
待合室で待っているのを見ていると
私も将来は時間的に余裕ができて
夫婦二人で動物病院の待合室で待っていたいな
と、想っている。

年金は犬や猫の治療費で消えてしまいそうだ。



jmamlhnm at 12:00コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
Profile
「箱に入れて石をつめて印旛沼に沈めてくる」という恐ろしい言葉で始まった。犬や猫など飼ったことがなかったが、2匹の子猫を連れて帰った。1匹は翌日いなくなった。1匹は1年後にマリアを産んだ。猫のかわいさを知り、玄関の前、そして家の中に猫が増えていった。 犬や猫を捨てる事は許せない。捨て犬3匹も我が家に加わった。マリアは私に最高の幸福感を与えてくれたが、15年後にそれと同じ位の悲しみが私を襲った。生き物を飼うということがどんなことかを思い知った。しかし、この世に生あるもの、命はどんな生き物でも大切にしたい。どんな生き物でも「少しでも長く生きたい」という本能を生まれつき持っているものだと思うから……  
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

『徹子の部屋』見た?

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ