ソックス

2020年07月17日

socks20200205_024519217_iOS


1年くらい前、
ソックス、お水も飲めない状態になりもうダメかと思った。

お水を飲もうと近づくんだけれど、飲めない

ちょうど2歳で亡くなったココの最期に似ていた

ソックスは口内炎だから、飲むと口が痛いんじゃないかと思って飲めないのかなあ

でも、お水も飲めないとなると、事は深刻。

なんとかお水だけでも飲んでほしい

そこで、スポイトで口の横から1,2滴お水を口に含ませてみた。

すると、ソックス、

口痛くないよ、大丈夫と思ったのか、

自分でお水を飲み始めた。

シメタ!

自分で飲むと、まだ飲んでるの? と思うくらい長い時間飲み続ける。

でも、水さえ飲めればね、少しは違うと。

それからも、お水を飲んで欲しいと思う時は、スポイトできっかけ作りをしていった。

お水が飲めると、食欲もでてきた。

これで助かったと思った。



洗面所でスポイトでお水を飲ませているうちに、お水を飲みたい時には洗面所に行くようになった。

そして、いつしか、スポイトで水を飲むのが普通になってしまった。


自分でぺろぺろとお水を飲むよりも、この方が早く飲めると思ったのかも。


1日に3回くらい、一度にスポイトで多分20回から30回くらいお水をのんだ。

私の右手が腱鞘炎になってしまいそうなくらい、たくさん飲んだ。

たしかに、お水をたくさん飲むから、きっと体のどこかが悪いんじゃないかと思ったけれど、


たくさんのお水を飲めたことで、

ソックスの寿命が数か月は伸びたんじゃないかな

勝手に思っているんだけれど。

スポイトでのお水のきっかけ作り、ナイスな作戦だったと我ながら思っている。



ソックスが生前、口が痛いと思いながらも、スポイトからお水を飲む様子、ビデオに写してあったので、みてあげてくださいね。




やっぱり ソックス、かわいい☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ソックスに会いたいなあ。゜゜(´□`。)°゜。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 15:01コメント(0)

2020年07月11日

もう10日近く経ったけれど、7月2日にソックスの火葬をしてきた。

前日まで、大雨と強風だったのが、
当日朝起きると、晴れ、
風は強かったけれど、早く天まで昇れるなあと思った。

梅雨にもかかわらず、まったく青い空

ソックスブルー

20200702_socks


火葬場に行くとすぐに始めてくれて、30分くらいで終わった。

今までは猫は庭に埋めていたけど、もう埋める所がないので、ソックスが初めての火葬だった。

焼きあがった骨を見た時、一瞬固まった。

今まで、常に
口内炎が治りますように
一口でも多く食べますように
体重が増えますように
ソックスの想いでいっぱいの日々を過ごしてきた。

その結果が、この骨とは

いったい私の想いと過ごしてきた年月はなんだったのかと、しょんぼりだった。

今までは、土に埋めれば、その後は目にすることなく、心の中で、天国へ行ったんだなあと思っていたけれど、

今回は、骨を目の当たりに見てしまって、なんだか


ずっとその想いでいっぱいだったけれど、
お風呂に入って、あらためて想った。

ソックスと過ごして来た日々の想いは、私の胸の中に分厚く存在しているのは事実。
いっぱいすぎるくらい

今までの猫や犬達と変わらず、心の中にあるのは同じなんだと気づいた。

ソックスに無性に会いたくなる

ついこの間まで、ソックスが畑の中でじっと想いに浸っている間、
私は誰も見ていないだろうと思って、横で体操していたっけ。。

そんなことも当分はないのねえ。

時間的に余裕ができて、
今までどんだけソックスに時間を割いてきたのかと

ソックスがすべての日々だったなあ。

素敵な思い出に浸れる時間をくれたソックスに感謝!!!

2018年10月、すでに口内炎にかかっていたけれど、まだまだ太っていた頃
20181021_socks


たまらなくかわいい

20181118_socks


太っていた頃のソックスに会いたいなあ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;



    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 15:38コメント(0)

2020年06月28日

もう先が短いと思って、お父さんがソックスを外に連れ出してから、1年が経った。


ソックス、外が好きで、

昔は野良で外にいたからね、

朝夜、時間をかまわず、外にでたくて、玄関ドアの前に座る

20200624_003255442_iOSsockssoto


自分の要求を通そうとして、ニャアニャアうるさい猫もいるけれど、

ソックスはおとなしいので、黙ってドアの前に座っている。

そのおとなしさがたまらなくかわいいのだけれど、

外に連れ出すといっても、いっしょについていなければならない。

朝起きてすぐなんてとてもムリなので、

ほおっておくと、

黙ってあきらめて、他の部屋に移動。

ほんとうに、手のかからないいい子だった。


先日、ソックスを外にだして、ガーデニング作業をしていると、

ほんの一瞬目を離したすきに、姿がみえなくなった。

歩き方は超ゆっくりだから、そんなにすぐにどこかへ行ってしまうことなんてありえない。

忽然と消えてしまったソックス、

死に場所求めてどこかにいっちゃったのかしら

なんて思いながら、必死に探した。

泣きたくなる想いで、ふとすぐ近くにある物置の中をみると、

ソックスがいた!!

さんざん呼んだのに、返事くらいしろよ

かくれんぼして遊んでたの?



この時はみつかったからよかったけれど、

もう私にはみつけられない場所へ、
手の届かない場所へ、
今朝早くお隠れになった。゜(´Д`)゜。


ここのところ、食欲増進剤を飲んでも食が進まなかった。

去年もダメかもと思った時があったけれど、今回は見ていても、ダメそうだった。

20200626_120520785_iOSsocks


怖くて体重は測れなかったけれど、

多分2キロくらいになっていただろう。


こんな時、

スウェーデンのコロナ対策が思い浮かんだ。

スウェーデンの人達には、

人間はいずれは死ぬもの

という死生観があって、

コロナ感染の死者のほとんどは高齢者。

90歳以上の死者がほとんどで、

しかも、病院ではなく、施設で亡くなる。

治療もほとんどしないんだろうか

と、納得できないでいた。

死者数が他国に比べてだんとつで多いのに、
政府への支持率は60%と高い。

国民性はそれぞれあっていいんだけれど、
そんな国もあるんだと思っていた。



ソックスを見ていて、
これはもう病院に連れて行ってもどうにもならないと思った。

それで、スウェーデンのことと重なってしまった。

人間と猫とは違うけれど、
ねこといっしょにしたら、まったく失礼だけれど、

ダメなものはダメなんだと。


マリアやアランの時には

絶対に生きてほしい!と

必死になって病院に連れて行ったけれど、

今では、素直に受け入れることができるようになった。


でも、やっぱり人間なら、何歳でもどんな状態でも最善を尽くして欲しいなあ。


もういなくなってしまったソックスとの出会い、家の中にいれることになった時のことをあらためて思い返した。


メグママの子6匹が玄関の前で食事をするようになった。

eb74ebc1.JPG


1匹を除いて、みんな人懐こかった。

ソックスは、他の子たちと違って、昼間はあまりみかけなかった。

夕方、お腹をすかせて、エサを食べに来た。

この子も、人懐こいかな?

と、まだ小さいソックスを抱き上げた。

そしたら、上からみていてはまったくわからなかったけれど、

右わき下が、体毛と皮がベロッとはがれて、垂れ下がっていた。

見るに堪えなかった。

昼間は痛くて、どこかでじっとしていて、食欲には勝てずに、食べにきたんだろう。

もしこの時、ソックスを抱き上げなかったら、この怪我に気づかず、いずれは来なくなってしまっていただろう。


それから、病院通いが始まり、家の中へ。

家の中でもさいしょの1週間は夜も昼も泣き続けた。

昨日のことのようだなあ。。。


獣医さん
「おとなしくて、洗浄している間もじっとしているんですよ。痛いと思いますよ〜〜」


それから、丸々と太って、お腹を上に向けてよく寝ていたっけ

3 002




DSC_0090a




体重が減っていることに気づき、口内炎かもとなったのが、2017年2月

3年以上も口内炎と戦ってきた。

痛いのを我慢して、がんばったよ。

思わず、

痛い(>_<) 

と何度も中断しながらの食事だった。


私も
常にソックスのことが頭にあったから、

今、ふと

あ、ソックスいないんだ

と、気づく

しばらくはこの空虚感に浸るだろう


あああ〜〜〜

とため息をつきながらも

この世でソックスと出会えてラッキーだった

とつくづく思う。

ソックス、おとなしくて、

ホント、かわいかったよ〜〜(´;ω;`)


過ぎ去っていく時間がなんだか怖い。゜゜(´□`。)°゜。


    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 12:17コメント(2)

2020年04月15日

一時は体中はげちゃうんじゃないかと心配だったけど、

ソックスの耳がきれいになった。

薬って本当にありがたい

20200415_063400059_iOSsocksmimi


最近は食欲増進剤ペリアクチンを毎日与えて、食欲を維持している。

20200415_063417099_iOSsocksmimi


カルカンパウチ11歳以上 一時は多いときは一日で10袋いっちゃったりしたけれど、

最近は、1日に4〜5袋

フードを前にして、
「痛くないかなあ」
と考えて、やっとのことで食べ始める。

食べさせ方にもコツがあるし、
他の誰にもできない


ソックスに薬も必要だけれど、私も健康でいないとね。


それにしても、

アランにも食欲増進剤のませたかったなあ。

ソックスは、たまたま口内炎を疑って一番最初に病院にかかった時、

いつもの先生は休みで違う先生にとりあえず診てもらって、その先生は食欲増進剤をだしてくれた。

食欲増進剤がなかったら、どうなっていたかわからない。


抗生物質も、

いつもの先生は「口内炎は治らないんです」と言って、薬は何もだしてくれなかったけれど

たまたま違う先生に診てもらったら、

抗生物質をだしてくれて、口臭が消えたし、目や耳もきれいになった。


今までは評判のいい副院長先生(最近院長になったらしい)に指名して見てもらっていたけれど、
先生を指名すると待ち時間が長くなるし、

同じ病院内でも、違う先生に診てもらうのも アリ なんだなあと痛感。


薬はありがたい。

早くコロナウィルスに効く薬ができますように☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.



    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 16:11コメント(0)

2020年01月23日

ソックスの耳がだんだんとはげてきて、
ずっと心配だったけれど、
先生になんと言われるか怖くて、病院に行けなかった

「これはどうしようもないですね」
なんて言われたらどうしようと思うと、
夜中に目が覚めて寝られなくなる。

でもしっぽも毛が抜けてきたし、
耳もハゲがだんだんと広がっているし、


耳はこんなだし
20200119_023506601_iOSsocksmimi



尻尾も
20200119_023458697_iOSsockssippo


全身ハげてしまったらどうしよう

もう病院に行くしかないと思い切って行ってきた。

20200115_065132022_iOSsockstuuin


とっても不安で待っていたら、

いつも指名する先生はお忙しいらしく、
「他の先生でもいいですか?」と聞かれて、
他の先生にみていただいた。

カビかどうかは培養して2週間後に結果がわかる。

一応抗生物質をもらってきた。


女の先生、
ソックスに

だいじょぶよ〜〜

と言ってくれた。

私が救われた。

本当に不安の塊になって行ったので、
この一言でとっても気がラクになった。

まだ原因はわからないから、
もしかしたら、ぜんぜんだいじょうぶじゃないかもしれないとわかっていても、
先生の言葉はこの上なくありがたかった。

なんという言葉の力
言葉って大事だなあ


前回行った時には
いつも診てもらっている男の先生、

「口内炎は治らないんです!!」

と先生胸を張っておっしゃった。

何度も言われているから、わかっている。
何もそんなに強調して言うことないのに。

それでも
私は一生懸命に食べさせようとし、
ソックスも痛いのを我慢して食べている。

ソックスの食べる量に一喜一憂する日々( ´_ゝ`)

私としては、ソックスが以前よりもたくさん食べるようになって、喜んでいた。

それなのに、この言葉を聞いて、悲しくなった。

今まで診てもらっていた先生だけど、
その言葉が不快だった。


言葉って恐ろしい((=゜エ゜=))


ソックス、一時は体重が2キロまで落ちたけれど、今回の診察で2.8キロ

3キロまであともう少し

耳の先の方は、毛がはえてきているので、
はげても生えてくる!
と思うと少し安心した。

猫を飼うということから、
いろいろなことが起こって体験して、
いろんな感情を持つ。

テレビ番組では猫のかわいさばかり強調しているけど、
たいへんなんだよなあ、生き物を飼うって

20200119_024627336_iOSsocks






    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 14:44コメント(0)

2019年08月14日

風はあるけれど湿っぽい天気で、不快

毎日、ソックスの食欲に一喜一憂の日々だ

ソックスの体重、2.6堊宛紊靴ない。

食べなかった時のダメージが大きいのか、
食べてもたいして増えない。

ガリガリで

できるだけ要望は満たしてあげたいので、一日に散歩に何回かはつきあう

生姜畑をバックに
何にびっくりしたのε=ε=(;´Д`)?
写真に写っていたソックスの顔がすごかった。

socksbikkuri



暑いから、やっぱり木の下の土の上が冷たくていいらしく

socksmomo


一度、ももに
「そこは私の場所! ワン!」
と優しくおこられた。。


もも、横顔美人
momoyokogao



去年の暑さに比べたらまだ、いいかな。

5月、6月日照時間が少なかったせいか、
今年は、アジサイもバラもお花がイマイチきれいさに欠けた。

涼しい秋が待ち遠しいよ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 11:28コメント(0)

2019年06月12日

ソックス、ステロイドと食欲増進剤を飲ませても、ほとんど食べなくなってしまった。

ガリガリで、

おとうさんは、毎日のように、一日に何度も

「ココ!」

と呼び間違える。

たしかに、

同じチャトラだし、

ガリガリぐあいもそっくり

間違えるのも納得


5月のさわやかな晴天の日

庭仕事をしていると、おとうさんがソックスをかかえて庭に連れ出した。


そういえば、

アランもガリガリになって弱ってしまってから、

外が大好きだったから、外にだしてあげて、散歩をしたなあ

気持ちの良い日、幸せな時間だった。


ソックスも、外にだしてあげればよかったんだと…

あまり先が長そうでもないから


ソックス、家猫になってから、初めての外出

sockssanpo


シレネピンクパンサーのピンクがソックスによくお似合い

sockssanpo1


モモに会っても、お互いにどうすることもなく

sockssanpomomo


モモはうちに来る前は、たくさんの猫といっしょに暮していたようだから、猫には優しい(´∀`*)

「ここがおうちなのね」

sockssanpomomoie


ニゲラの木陰でひとやすみ

socksnigera


やっぱり歩き回って疲れたのか、さいごには、

sockssanpo2


生きてるよ!
ソックスの寝顔には、ときどきおどろかされる。


ほとんど食べなくなってどうしたらいいのか?

あまりにも弱弱しくて病院に連れて行くのもかわいそうかな

でもアランは連れて行ったよなあ 

とか

マリアはこんな時に入院して動物病院のゲージの中で旅立たせてしまった。

かわいそうなことをしてしまった

だから、

ソックスは、このまま、家で静かにすごさせよう


何もできないで見ているのもつらいけれど、

そういえば、つばさは、私の入院中に旅立ってしまって、
何もしてあげれなかったと思っていたけれど、
結局家にいても何もしてあげれないものなんだなあ


なんて、いろいろと思いめぐらし、グレーの世界に浸っていたら、

なんと、

3日前から、急に食べだした!


ステロイドを飲まなくても、食べる

ウェットはとくに食べられなかったのが、

ウェットを食べたくて、そんなに痛そうもなく食べられるようになった。


ダメもとで、いやがるけれど、心を鬼にして、口の中に塗りこんだり、シュッとひっかけたり、

いろいろとやっていたから、どれかが効いたか、相乗効果で効いたか?


だいぶ元気になってきて、

外にでたい!

と玄関に座り込むようになった。

外は楽しいと覚えてしまったようだ。

外に行くときには、ついていないとダメだからね。

そうチョクチョクおでかけはできないよ!


このままの状態が続いてくれて、
また、デブ猫にもどってもらいたいなあ。

怖くて、体重計に乗せられないけれど、
たぶん3キロくらいかな?

4キロめざして、

ずっと食べてくれますように

せめて、快調は今だけで終わりませんように。


    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 21:21コメント(2)

2019年05月10日

天気がいいと思えば、風が強かったり、風が冷たかったり、寒かったり、陽射しが暑すぎたり、
ちょうどいい晴天があまりない。

そんな気難しい天気に似て、 猫屋敷も荒れ模様になってきた。

昨日は気が重かった。

ソックスは、1日おきのステロイドでもあまり食べなくなった。
今までなんとか維持してきた体重も大幅に減ったもよう…
怖くて測れない。

前回病院で、へんな薬をもらった。
「合成麻薬のようなもの、麻薬じゃないんだけれど、」
と先生はおっしゃる。
ステロイドを飲まない日に飲ませようともらってきたけれど、
ソックスを見ていると、こんな薬、身体にいいんだろうかと、
2回ばかりあげてみたけれど、たいして食べるようにならないし。
薬の袋には、いつも薬の名称が書いてあるのに、
この薬には内服液としか書いて無くて、
2回で今のところあげていない。

以前はマリアやアランが食べないとなれば、
後悔しないようにと
必死になって病院に連れて行ったけれど、
ソックスの様子を見ていると、ためらってしまう。

socks2019510


獣医さんより、飼っている飼い主のほうがペットのことはよくわかる
と思うようになった。

飼い主にはわかる顔の表情が、先生にはわからない気がする。

言えば血液検査もしてくれるだろうけれど、
よくないことはわかりきっている。

ココが旅立つ前に、た〜くさんお水を飲んだように、
ソックスもた〜くさんお水を飲む。
違うのは、ソックスはそんなにおしっこの量が多いというわけではないこと。

ソックスに一粒でも多くドライフードを食べさせるのが、私の毎日。

ソックスだけでも、気が重いのに、
昨日は、猫小屋のメグママが口内炎ではないかと気づいた。

よだれがすごかったし…

様子がおかしいと思ったから、昨日はウェットを持って行ったけれど、
少し食べた後、口をモゴモゴしきりにして、上の方に上って行ってしまった。

メグママはつかまえられないから、治療といってもねえ。

頭が痛くなった。


そして、2階のカリン、元気いっぱいのカリンが昨日はキャットタワーのボックスからでてこない。
朝も、夕方も…

karinbox


おかしいなあと見続ける私に、
「しかたないなあ、でていくか」
karinbox1


といったように、やっとでてきた。
karinbox2


食べたことは食べたけれど、いつもの食欲と違う気がした。


なんてこった。

令和の時代は、ちょっと厳しいものがあるかもしれない。

みんな高齢になっていくし、

頭数が多いとねえ、だぶって病気になってくれると、
気分が落ち込む。

今までのように、エサをあげれば、何事もないというのは、いつまでも続くはずがないのはわかっている。

楽あれば、苦あり。

猫を飼うのも、いいことばかりではない。

あげくに、
今朝はメグがせきこんで、鼻の穴を真っ赤にして鼻血をだした。

もうどうなることやら…

がんばれるかなあ。

がんばらなくちゃ。






    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 15:15コメント(0)

2019年01月27日

口内炎もちのソックスが
たくさん食べればホッとし、
食べないと落ち込み、
ソックスの食欲に一喜一憂する日々。

アランも口内炎だったから、
その時の経験から、
口内炎にいいと思うことはしてきたし、

ネットで口内炎に効くと知れば、
すぐにやってみる。


”きえ〜る” というスプレー式の消臭剤
口コミでは口内炎に効いたという猫ちゃんが多くいるのに、
なんでソックスには効かないんだろう。
かえって、悪くなるような気がしてやめた


アランも使ったジスロマックという抗生剤も
先生に言ってもらったけれど、
う〜ん、最初は効いたような気がしたけれど、
5日間くらいこの薬でがんばっていたら、
最後には1日中押入れからでてこなくなった。


マヌカのはちみつ、アランもやったけど、
ソックスに一か月やってみて、
効かなかった。

でも、もしかしたら、
もっと1日に回数を多くあげれば
いいのかな
と思って、
再開、1日に4,5回位口にいれるのを目標にしている。

ソックス、あまりいい顔しないけど。。

それから、
メグの足の傷を治したプロポリスも始めてみた。

効かないかなあと毎日ホント思う。


基本的には、
ステロイドの錠剤と食欲増進剤をうまく組み合わせて、
なんとか食欲を続けさせている。


私が薬を用意していると、
ソックスに気づかれないように
こっそりやっているんだけれど、
「あ、くすりだな!」と察知して、
気が付くと逃げ出して、隠れている。

だから、
あんまりいろんなことしたくないと思うんだけれど。


アランに
ホントにいろんなもの、口の中につっこんだ。

1日でも長くいっしょにいたかったからね。


そのうち、アラン、上目使いに私を見て、逃げるようになってしまった。

冬はいつもいっしょに寝ていたのに、
最後の冬はあまりいっしょに寝ることもなかった。


それを想うと、ソックスの口の中につっこむものは少しにしようと想うんだけれど、

もう十分、
私が近づくと、また何かいれられるかと上目使いにみて逃げ出す。



マリアもアランも少しでもながくいっしょにいたいと思って、
あれこれやりすぎてしまった。


猫にとっては迷惑なことだったかも
かえってつらい想いをさせてしまったかも。


今は、少しだけ、
命に限りがあることを、
受け入れられるようになった。


かわいくておとなしいソックスを
絶対に失いたくない
と想う


でも、ダメダメ
無理にひきとめると、かえってかわいそうなのだ
と自分に言いきかせる。


それにしても、
多額の税金を使って、獣医学部を作ったのだから、
なんとしてでも、
猫の口内炎に効く薬を作ってくれる獣医師を育ててもらいたいものだ。

いや、あまり期待できないかなあ。

ついでに、猫の腎臓病にも効く薬もお願いしたい。


socks500


ソックスとチロがいっしょにいると、そっくりのツバサといるような錯覚におちいってしまう。

天気のいい冬の日、陽射しをたっぷり浴びてまったりの時間が幸せ感じるひととき





    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 21:38コメント(0)

2018年07月16日

本当に暑い(*^・ェ・)ノ

私の部屋の住猫ソックス、
朝起きると最近はふすまの前に座って、
「出してくれ!」とアピール

向かう先はここ
socksatusa


玄関のタイルって冷たいんだよ!

ここは、ココのエリアでもあるので、
昨日はきれいに水を流して洗っておいた。

ソックス、最近目からウミだか涙だかでてくることがあって、痛そう

ミント亡きあと、今はソックスが私にとっては一番の猫だから、
ソックスの体重が減らないようにしっかりと管理している。



庭のことをしているととても楽しい。

母親もガーデニングが大好きで、
やっぱり親子って似るんだよねえ。


暑くて、ちょっと庭にでては、部屋で涼んで…


去年の秋、種まきしたたちあおいが咲いた。

知人に種をいただいて、どんな色かも知らずに育てたので、
初めて咲いた時には、感激

真っ赤な八重の花だった。

tatiaoi


    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 13:20コメント(0)
スポンサードリンク
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ

教えてキャットフード
Categories
  • ライブドアブログ