捨て犬

2011年11月28日

隣の家で 柴犬を飼っていた

ハナを散歩に連れていくとき、そばに行くとしっぽをふって喜んでいた。

その犬が一か月位前から見えなくなった。

どうしたんだろう?

ハナを連れて、主のいなくなった犬小屋へ近づいてみると首輪が置いてある

どういうこと?

誰かにあげるとしても、首輪はつけてあげるだろうに…

その家は人を雇って仕事をしているので、その従業員に聞いてみた。

「犬は他の事務所に行ったんですか?」
「奥さんが田舎に行っている間にいなくなった」という返事。

それ以上聞いてはいけないような気がして、聞かなかった。

捨てちゃったたんだろうか?

そして、
近所のスーパーの掲示板をふと見ると、
あれッ?

「保護しています」
という、柴犬の写真

似ているような
でも、柴犬ってみんな同じようにみえるよな

それに、あの犬、いつも一人でつまらなそうな顔していたけれど、
とっても楽しそうに写っている

違うかなあ

迷い犬だけど、飼い主が見つからなかったら、『里親を募集します』と書いてある

でもこういうところに載せる写真って、かわいい写真を載せるだろうし

やっぱりあの犬かなあ

と、一応電話番号を携帯に登録して帰ってきた。

隣の家は、最近留守が多いし、私も昼間は会社で家にいないので、話をする機会もあまりない。

すると、日曜日の夜、出かけて帰ってくると、その家の玄関の前に、家財道具がでていた。

引越し?

お父さんが家の前を通って、奥さんと話をしたらしい。

旦那とうまくいかず、奥さんが田舎に帰っている間に、旦那が犬を捨ててしまったらしい
旦那はもう家にはいないそう

奥さんは「薄情ねぇ」と怒っていたそうだ

奥さんはとっても犬をかわいがっていたのに

なにも罪のない犬にあたることないだろうに

スーパーに迷い犬の写真が貼ってあると教えてあげようと思ったが、すぐにその奥さんはでかけてしまい、話もできなかった。

やっぱりあの犬は、隣の犬?

でも、とってもおとなしい犬だったから、家でもらってもいいかな
といっても、うちにはすでに捨て犬が3匹もいるし

隣の奥さんが見たら、すぐにわかるかな
引越しても、犬を飼うことはできるんだろうか

いろいろなことが、頭に浮かぶ

とりあえず、翌日、ポスターに書いてある所に電話をしてみた。

すると、
「あの犬は、もう新しい飼い主が見つかりました!」

「それならよかったです!」
と言ってすぐに電話を切った

よかった!

柴犬はおとなしいからね、私も飼いたくなった

でも、あのポスターの犬が、隣の犬かはわからない。

柴犬はりこうだから、自分から迷子になることはないだろうし、時期的には同じだし、きっと、あのポスターの犬は隣の犬と信じたい。

そうじゃないと、隣の犬が今どうしているか心配になってしまうから…



jmamlhnm at 21:45コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年03月23日

とっても心配していた捨て犬らしき野良犬さんたち
いつのまにか3匹に増えて
会社の周りにいて
とても気になっていた

ここのところまったくみかけなくなった。
他の人に聞いても
「そういえばいませんね」
「保健所に連れて行かれちゃったんじゃないですか」

もうあわてて
保健所に電話した
「保健所は犬をつかまえたりはしませんよ。
保健所に犬はいません。
飼っていた犬じゃないと引き取りはできませんよ」

一応保健所ではないらしい。

そうしたら
おそらく私の会社の前にある会社にいついているようだ
車がたくさん置いてあってとても敷地が広いので
奥までよくみえないけれど
遠くに犬らしき3匹の物体が見える
きっとここで餌をもらえていて
まったく外にでてこなくなったのだろう
犬ってそんなもの?
追い払われたところにはやっぱり行かなくなるのかなあ
エサをきっともらえてかわいがられて
ここなら安心といついてしまったのだろう

それならそれで一安心
本当によかった

あとはこの会社がいつまでもつぶれないで
ずっとエサをもらえることを
願うだけです。


jmamlhnm at 15:00コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年03月04日

私の今の一番の関心事は
会社の周りにいる野良犬をどうするかということ

こんな話題がはずむ相手は会社関係ではいない
なんで私はこんなことに
興味をもってしまうのか
犬なんてまったく興味のない人達ばかりの中で、
私は一人悩んでしまう。

お腹をすかしているのではないか
保健所に通報されてしまうのではないか

どうしようか
とそればかり考える
仕事中もボーとしてしまう

思い切ることができない

連れてくる

という作業を一人でするのは
勇気と気力

かみつかれないか
車の中であばれられないか
無事家まで一人で連れてくる勇気がない

そして
こんなことをして
里親探しまでをする労力と時間と気力
成犬に里親なんてみつかるだろうか。

しばらくは家の庭ですごすだろう
というか、ずっと里親も見つからずに
家にいるかもしれない。

3匹今うろうろしている
今庭にいる犬が3匹
6匹

でも6匹犬を飼っていけない
という法律はないんだ

勇気をだせ!!!

でも … …




jmamlhnm at 20:35コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年02月18日

日本では多くの犬たちが殺処分されています
元飼い主がわからない犬や、飼い主の無責任で捨てられた犬達、
避妊処置をしないで生まれてしまった犬たち
1匹でいいので飼ってもらいたいです。

私は捨て犬を3匹飼っています。
この犬たちを捨てた人たちは今こうやって生きていることを
きっと知らないだろうなといつも思います。

そして今勤務先の会社の周りにいる2匹の元飼い犬らしき犬達
彼らも保護したいのですが、ちょっと大きいし
なかなか捕まえて家まで連れて帰ろうと思うと
一人では不安です。
もし誰かにいっしょに手伝ってもらって怪我でもして
仕事ができなくなると… と思うと人にも頼めません
今、それが私の悩みの種
仕事中も彼らのことが心配でなりません。
どうしようか?と一人で悩んでしまう。
犬のことなど話す人もいません。
会社の社長もおしっこを玄関にひっかけたりするので、
邪険にしています。
それでも、社長にしっぽをふっているのです。

どうか保健所を呼ばれないように
なんとか保護したいです。

日本中の人が犬を1匹づつ飼えば
こういう不幸な犬がなくなると
聞いたことがあります。

1匹の犬に洋服を着せたりお金をかけるなら
もう1匹かわいそうな犬を飼ってもらいたいです。

 

jmamlhnm at 08:57コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年02月07日

捨て犬だったノンちゃんを家に連れてきた時のことを思い出した
捨て犬だったけれど、会社の周りをうろうろしていたので
犬好き社員が繋いで、えさをあげるようになった。

3回くらいお産をして
一度に10匹以上の子犬を出産していた。
ほとんど川に捨てられてしまった。

会社が引っ越して
えさはあげに行っていたが、
だんだんと飼えないような状態になっていった。

保健所に連れて行くとかいう声が聞こえるようになった。

家につれてこようと思った

土曜日一人でノンちゃんを迎えに行った。
リードにつないで二人で畑の中の道を少し歩いた。
車へ乗せる前におしっこをさせたかったから…

そして、車のドアを開けると、
さっさと車に乗り込み、助手席へちょこんと座った
当然のごとく、
まだ、「家に連れて行くよ」とも
一言も言っていないのに…

車中、信号待ちで車が止まった
道を歩いていた二人の高校生らしい女の子がノンちゃんを見ていった。
「あのワンちゃん、かわいい!」

後にも先にもノンちゃんをかわいいと言ったのは彼女達だけではないだろうか。
でも、車の中で座っているノンちゃんは本当にかわいかった。

それから、もう7年も経ってしまった。

何歳で捨てられたかわからないが
私の眼の前に現れてからもう10年くらい経っている。

ノンちゃんを捨てた人は
ノンちゃんがここで、幸せかどうかはわからないけれど、
生きているということを
知るはずもない。

今の会社の周りをうろうろしているワンちゃん2匹
何が2匹のワンちゃんにとって幸せかはわからないけれど
家に連れてきたいな

ノンちゃんみたいに繋いではいないし、
車が好きかどうかわからないけれど
ゆっくりと気長に挑戦してみたい。
なかなか彼らに会えないし
まずはなついてもらいたい

それまで がんばってもらいたい

 

jmamlhnm at 20:32コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年02月03日

今とても気になっていること
会社の周りにいる2匹の捨て犬らしきワンちゃん

とっても人懐こくて家につれてきたい。
だけど家にはすでに3匹の捨て犬を飼っているし、
捕まえると言ってもちょっと一人では不安
旦那に言ったら絶対拒否されるだろうし、
5匹も犬飼えるのか?
と自分でも不安

でもかわいそうになってしまう
エサをあげている人がいるから居ついちゃうんだ
と言う人もいるし、
ハイ 私もあげてます
内緒の話です。

一人で犬に首輪をつけていやがるかもしれないのを
無理やり車に乗せて、20分間警戒するだろう犬を横にのせて
運転して、家まではたして連れてこれるだろうか。

家に連れてきたら、他の犬達が大騒ぎするだろうし、
初めての場所で、不安で吠えたりしないだろうか。
近所からうるさいと言われないか。

それに犬にしても、今自由に飛び回っているのに
鎖につながれて不自由な状態になって、
果たして、それが犬にとっていいことなのか。

いろいろ考えると
もうどうしていいかわからない。

内緒でエサをあげて
何かあったときに(保健所が来るとか)
思い切って連れてきちゃおうか
でも、知らない間に連れて行かれてしまうかもしれない

ああああぁぁぁぁぁぁぁ 困った!


jmamlhnm at 22:38コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年11月21日

昨日のお昼休みに会ったワンちゃん
どうしたんだろうか

今日は
犬のポリポリと
リードと
首輪と
準備万端整えて
会社へ行き
お昼休みを待ち焦がれて
食事を済ますと
すぐに探しに歩いたけれど
いませんでした。

明日も
もしいたら
我が家へ連れてきたいのですが

あのさびしそうな顔が
気になって
忘れられません!

犬を捨てないで下さい!
犬を捨てないで下さい!
猫も犬も捨てないで下さい!!

どうか御願いです!


jmamlhnm at 23:15コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年11月20日

今日お昼休みに散歩をしていたら
犬がいる
首輪をつけていない

私達を見たら
寄ってきた
人懐っこい

捨て犬かもしれない

でももうあと5分でお昼休みは終わりだし
首輪もリードもないし
どうすることもできず
そのままにしてしまった

午後からはその犬が心配で
でも仕事はしなければならないし、

5時仕事が終わって
大急ぎで外へ見に行ったけれど
真っ暗の中探したけれど
もういなかった

気になる
夕飯は食べただろうか

あしたは
買い置きのちょっと小さいかもしれない首輪と
リードとポリポリのえさを持って
会社へ行こう

我が家の3匹の犬も捨て犬だった
なんで犬を捨てるんだろう
かわいそうに
3匹の犬達の元飼い主は
今生きている3匹を見てどう思うだろう

捨てられた犬達が
困るだろうことを考えないのか

日本中の捨て犬を救いたい
私にその力を与えてください!
神様!



jmamlhnm at 22:28コメント(2)  このエントリーをはてなブックマークに追加
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
Profile
「箱に入れて石をつめて印旛沼に沈めてくる」という恐ろしい言葉で始まった。犬や猫など飼ったことがなかったが、2匹の子猫を連れて帰った。1匹は翌日いなくなった。1匹は1年後にマリアを産んだ。猫のかわいさを知り、玄関の前、そして家の中に猫が増えていった。 犬や猫を捨てる事は許せない。捨て犬3匹も我が家に加わった。マリアは私に最高の幸福感を与えてくれたが、15年後にそれと同じ位の悲しみが私を襲った。生き物を飼うということがどんなことかを思い知った。しかし、この世に生あるもの、命はどんな生き物でも大切にしたい。どんな生き物でも「少しでも長く生きたい」という本能を生まれつき持っているものだと思うから……  
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ

教えてキャットフード