ハナ

2019年11月19日

昨日18日、八富成田斎場で、ハナの火葬をしてきた。

朝、冷たい雨、寒い
これじゃあ一体どうなるかと思ったけれど、
予約の3時には、晴れて暖かくなった。

氷をたくさんいれていたので、
無事に傷むこともなく、出棺

初めて行く場所ってどうしても緊張する。

まずは八富成田斎場の人間と同じ事務所の中で、
ペット葬祭施設使用許可書に記入

ペットの大きさで料金が変わり、
10kgが区切りになっていて、
ハナは微妙なところだけど、
痩せたから10圓覆い鵑犬磴覆いと思ったけれど、
10坩幣紊韮供ぃ僑娃葦瀛Г辰拭

でも現場で測るわけでもないので、10坩焚爾辰童世辰討發茲ったかなあ
10坩焚爾世硲粥ぃ苅娃葦
だいぶ違ってくる

成田市民だと半額

骨壺も販売していて、
5寸の壺が4,000円

合計 10,600円だった。

民間のペット霊園だと2万5千円くらいはするから、
だいぶ安くなったことになる。

kasou



控室があるんだけれど、
煙突からでる黒い煙を見ていたくて、
車の中にいた。

ハナの犬生が空に昇っていくよう
風が強かったので、煙は直角に折れて青空へ消えていった。

担当の方もとても丁寧で、
ここは○○の骨
と説明してくれて、

最初は自分たちで骨を拾っていたけれど、
最後にはすべておまかせした。

火葬が終わって、
肩の荷が少し軽くなった気がした。

17年前、うちの庭にハナを置いて行った人
今じゃ置いて行ったこと自体、忘れているのかもしれない。
まったく無責任だ。

ちゃんとハナを最期までお世話しましたよ!

犬を飼うのは、タイヘンだけれど、
それ以上に笑顔になれたこと、かわいい顔
想い出がいっぱい胸に残った。

ちょうど一年前のハナ
hanaitinenmae



私の心の中に、分厚いハナのファイルが完結した。
ときどき、ファイルを開けて、想い出に浸るよ!

ファイルがたくさんになってしまうけれど、
どれもかわいくて私の宝物。

まだまだ作成中のファイルがたくさんあるので、
気が抜けない。

朝晩、1階の子たち、2階の猫、猫小屋、モモと回って歩く。
最期まで楽しみながらがんばらなくちゃ。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 21:25コメント(2)

2019年11月14日

11日深夜、ハナは旅立ちました。

最後まで”立とう!”と首をもちあげて、ないていたハナ。
もう立っても自分では立っていられないのに。・゚・(ノД`)

明日また立たせてあげるから
と言ったけれど、翌朝には冷たいからだになっていた。

今頃はきっと天国を走り回っているでしょう。

後ろ足が弱っていたころのハナ

hanaasi


夏頃痩せてしまって、
犬小屋の中で立ち上がろうとバタバタ音をたてているから、
歳のせいでなかなか立ち上がれないんだとおもっていたら、
なんと、首輪がゆるくなって、首輪の中に前足が入っていた。

hanarido


そんなに痩せていたなんてと思った。

公営の火葬場で、安くペットも火葬できるそうで、電話をしてみたら、
今は混んでいるからと、予約の日にちは1週間後。

どうしようかと思ったけれど、安いのにはかえられず、待つことにした。

今は保冷材や氷をたくさんいれたオリジナルのダンボールの棺桶の中に眠っている。


昨日、玄関でピンポン!となった。
「郵便局でーす」
「はーい」

なんかすっきりとしすぎて、
何か変だった。

いつもはハナが吠えて教えてくれていたのに、
あのハナの鳴き声がないだけで、
物足りないというか、
静かというか、
でも、
寂しい気持ちになった。

棺桶の中のハナを見た。

きれいないい顔をしてねていた。

「そんなところで、寝ている場合じゃないよ」
「誰か来たって教えてよ!」

ハナがあまりに吠えるので、ピンポンと鳴らす所まで来れない人もいた。


始めてきた郵便局員の人に
「この家は、犬がいるって聞いたんですが」
と言われた。

その時は、もう耳が遠くなっていて、だれか来たのに気づかなかったようだった。

郵便局の中でもうわさの犬だった。



冬は寒いから暖かい所に移動させようとしても、

「ダメダメ、私が見張ってないとだめだから」
とセンターをはっているように、
真剣に道路のほうをみつめて、
場所を変えようとはしなかった。

どうするんだい。

ハナの見張りは心強かったね。

庭のほうにいるモモが、
誰か来たのは見えないけれど、
「ワン」
と小さく、一応吠えているのに気付いた。

今まではハナの吠える声で気づかなかったよ。

これからの頼りはモモだね。


何かをしていて、
そうだ、ハナがいないんだ
とフッと思う

17年は長いよねえ
17年の間、いろいろなことがあったよ。

何もしてあげれなかったけれど、ずっとハナがいたのに。

散歩に行くときのうれしそうな顔はかわいかったね。
忘れないよ。

火葬の日まで、せっせと保冷剤と氷をいれて待とうと思う。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 14:40コメント(2)

2019年11月11日

まさかハナがこんな状態になるとは思いもよらなかった。

ジャンプ力がすごかったハナ

今月初めはまだなんとか歩けていた。
後ろ足に力が入らなかったけれど。

hana


散歩中のソックスと

sockshana


それが、なかなか自分では立てなくなり、夜中に立ちたくてないて、起こされるようになった。

これから寒くなるし

家の玄関にハナをいれた。

hanaie


そういえば、

モモが来た時も
ぷーちゃんが来た時も、
そして
リリーが旅立つときも

玄関にいたなあ。
と、その時の光景を想い出した。

hanaie1



さっそく、猫達が様子を見に来た。

ミケ、
また新入りなの?
hanamike


チロ、
なんだか、くせえなあ
hanatiro


ミルク
猫じゃなくて、なんなの?
hanamilk


みんな、ご挨拶をしているのに、

不安げに離れて近づけない男子が2匹

ケンジ君
hanakenji




ゆうた君
hanayuta


昨日からエサも食べていないし、
立ちたくてなくけれど、
立たせてもすぐに倒れてしまう。

こうなるのはリリーだけかと思ったら、
17歳ともなると、ハナでもこうなっちゃうんだなあ

孫たちをみていると、若くていいなあと思うけれど、
みんな、若いころはあるし、老いの時期もくるんだよ。

もっと遊んであげればよかった
とか、いろいろとおもうけれど、
忙しかったから仕方ない。

ハナとのこと想い出しながら、残された時を過ごそうと思う。


    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 11:23コメント(0)

2019年05月01日

令和が始まった。

当然だけど、”れいわ”で変換しても、漢字でてこない。

reiwa


平成は

オッ!

さすが、へいせいはすぐに変換できるね。当然か。。

30年続いたんだからね。


平成は、

働きづめだった。

よく働いた。


だから、

令和、アッ、変換できた!

令和の時代は、

ゆっくりと趣味を楽しむ時代にしたい。

趣味を楽しむというのは、平和じゃないとできないことだね。

いつどうなるかわからないから、自分の好きなことをしたい。


今は、

歴史小説がおもしろい

ということに、この歳になって初めて気づいた。

父親がよく歴史小説を読んでいて、

その父が読んだ本を今、私が読んでいる。

歴女ならぬ、歴婆だ。

しかも、今まで本を読むときは、わからない言葉がでてきても、

なんとなく前後の意味から判断して、読み飛ばしてきたけれど、

今は、

いちいち、わからない言葉の意味をグーグルで検索する。

すると、ちゃんとでてくるんだよね。

こんなにわからない言葉があるなんて、

今まで何していたんだろう

きっと、東大王の彼らなら読めるんだろうなあ。

なんて、思いながら、

今は、山岡壮八氏の『伊達政宗』を読んでいる。

歴史小説って楽しい。

平成の始めごろは、本を読んでも現実のことが頭にあって、ぜんぜん本の中に入っていけなかった。

今は、すんなりと本の中の世界へ入っていける。

現実は平穏だから? とはいえ、心配なことがないわけでもない。


グーグル先生に尋ねた言葉はたとえば、

天壌無窮 

読み方 てんじょうむきゅう 

意味 恵まれた天地が終焉なく永続される様


令和の時代は、趣味を楽しめるような、平和な恵まれた時代であってほしいなあ。


hana


ハナちゃん、めっきり歳のせいか、

今までは誰か知らない人が来ると必ず吠えていたのに、

吠えない時がある。

ハナが吠えるのを聞いて、

誰か来たな!とピンポンがなる前に玄関に向かうことができたのに…

歳をとるのは、寂しいものがある


    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 22:32コメント(0)

2019年03月04日

hana17


最近、少し耳が遠くなったかなあ

足が弱くなったかなあ

って思うようになったハナちゃん


ハナは一体何歳なんだろう?

1週間位考えていた


子犬が庭のノンの犬小屋の所で、ヒーヒー泣いているのを発見したので、

ノンが家に来た平成13年12月以降のことになる。


そして、隣人が

「子犬を欲しがっている人がいるんだけれど」

と言って、

ハナはどうかなとやってきた。

その時は、もうハナに”情が移っているから”と手放せなかった。

だから、

隣人が引っ越す前のこと。


そして、

息子の元カノが、子犬のハナをとてもかわいがっていたことも想い出した。


ハナはジャンプ力がすごくて、小さいころはディスクドッグにしようと、フリスビーでよく練習をした。

まずは家の廊下で、そして、今は息子の家が建つ前の隣の空き地でも練習をしたっけなあ。



諸々を考えると、平成14年から平成15年8月の間と目星がついた。

そこから先がわからなかった。


でも、平成15年はない。もう息子の家を建てる話が進んでいたから。


そして、

「そうだ!」

と想い出して、決定的になったのは、

動物病院でハナのフィラリアの薬をもらおうとした時のこと。

先生が、

「まだ子犬で体重が変わるから、2,3か月分づつにしましょう」

と、ノンやリリーは1年分フィラリアの薬をもらっていたけれど、ハナは1年分もらえなかったことを想い出した。


やっぱり平成15年のフィラリアの薬をもらう時期、4,5月頃は諸事情を考えるとありえないので、

平成14年のフィラリアの薬をもらう時期、4,5月頃には家にいたことになる。


そして、平成14年は私が会社を変わった年でもあって、

新しい会社になってから、ハナが来たのを覚えているから、3月以降となる。


だから、平成14年の3月から4月頃の間に我が家においていかれたと断定。


そう考えると、

ハナは今17歳!

思っていた以上に、歳をとっていることに驚いた

今まで歳を感じさせないほど元気だったよね。


hana17a


まだまだ、元気だよ!
と言われそうだけど。


おかげで、いろいろなことを想い出したよ。

想い出すことたくさんあるほど、生きてきたんだよなあ。

きっとこれからも想い出すことたくさんできるだろうなあ。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 10:44コメント(2)

2018年11月30日

ハナの首輪を変えた!

hanakubiwa


この写真じゃ、よく見えないけれど、かわいい!

ハナ、首輪変えたこと、きっとわかってないと思うけれど、

飼い主の私から見ると、

首輪が新しくて、ハナも喜んでいる

というふうに見えるのは、私の勝手な自己満足の推測かな


犬は年齢が顔にでないから、うらやましい(*´ェ`*)



    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 17:57コメント(2)

2018年09月14日

私の体調により、ずっと中断していたおさんぽ

少し気温も下がったし、おさんぽを再開

玄関で、○○○処理袋などを用意して出ていくと、

お散歩というと気配でわかるハナ

え? もしかして…

hanasanpo


お散歩、行けるの

hanasanpo2



ワ〜〜イ

hanasanpo1


それはそれは喜んでくれた

お散歩といっても、とってもショートコースだけれど、
なるべく行けるようにしたいなあ。

天気と私の体調と気力しだいだけれど





    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 11:51コメント(2)

2018年07月18日

まあ、なんでしょう、この暑さは…

いつもは私が庭にでると、
私の姿が見えなくても、
立ちあがって何かもらえるかとウロウロしているハナが横たわったまま動かず。

近づいても、気づかず、
「ハナ!」
と呼んでも動かず、
ぐったりと横たわったまま。

まるで最期近くのリリーのようで、あせった。


ハッと気づいて起き上がったけれど、
ハナも歳だからねえ。

午前中は、ずっと、ハアハア、ハアハア

ハナのいるところはコンクリートなので、土の方がいいかなあと移動させようとするけれど、

やっぱりいつもいる場所がいいみたいで。


午前中は、私も汗だくで、ハナにかまっていた。
こっちが熱中症なっちゃうよ。


朝の陽射しがあたるんだよね、ハナのいるところ。
朝も陽射しがきっと強いんだろうなあ。

なんとかしようと思うけれど、
明日も、しばらくこの暑さが続くようで、
ハナ、がんばれるかなあ。

今日の午前中のハナはいつもとまるっきり顔つきも変わっていた。

hanaatusa



今日は、スイカじゃなくて、メロンをあげたけれど、メロンはきらいらしく食べなかった。
メロン、硬かったし。

メロンって、食べごろがよくわからなくて、もう買ってきて1週間以上我慢しておいといたのに、まだ、硬かった。
いつも失敗する。
買って食べるまで1週間以上かかるメロンなんて売ってほしくないよ!
たまにしか買えないのに


ハナさん、誰か知らない車が近所に来ると、私の心配も知らずに、思いっきり吠えていたから、大丈夫かな。


夕方にはいつもの顔にもどって、いつものハナにもどっていた。

この暑さ、ハナが乗り切りますように( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ♪



    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 21:28コメント(0)

2018年06月29日

今日はものすごく暑いよ

梅雨は終わってしまったんだろうか?



昨日は自分の病院の予約日だった

家から、今まで猫やぷーを連れて行っていた動物病院と同じ道を行く

あと10分行けば動物病院というところを左折してすぐに自分の病院がある

まさか、同じ道を自分の病気のために通うことになるとは思いもよらなかった。

この道、アランやぷー、ミントやゆずを乗せてよく走ったなあ。。

猫達のことで頭がいっぱいで必死だった。

自分の体をこんなに気にしなければならなくなるなんて、想いもよらなかった。




胸がおもっ苦しいのがなかなかとれず、あまりにたくさんの薬をすでに処方してもらってあるので、さすがに昨日は薬を追加してもらえなかった。

「これでしばらく様子をみましょう…」

まあ、胸の重苦しさは以前よりはよくなってきているけれど、

本当は、以前のようなごく当たり前の体にもどって、やりたいこと、バリバリやりたい!



今日はこの暑さと体の調子にビクビクしながら、

最近はまっているあじさいやバラのさし芽、

キクの移植のガーデニング作業を必死に急いでなんとかやりとげた。

暑くて、熱中症になりそうだったよ。


汗びっしょりだったけれど、スイカを食べたら、涼しくなった

スイカでこんなに涼しくなったのは初めてかも


食べ残しをハナにおすそわけ

hanatosuika


ハナはとてもきれいにスイカの赤い部分を食べる


市のごみ処理場の方に、

「何が一番困るか?」と聞いたら、

「スイカの皮が燃えなくて困る」

とお父さんが聞いてきた。

だから、それ以来、ハナに水分をさらに吸い取ってもらってから、ゴミにだすことにしている。


それにしても、これから夏

今日くらいでバテてはいられない。

ケンジは相変わらずベランダへ行きたがっているけれど、この暑さではとてもだせないよ!




    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 13:58コメント(2)

2018年02月25日

昨日は、暖かかったので、
退院後、初めて犬のハナとモモの散歩へ行った。

超ショートコースだけど、
2か月近くも散歩なしでかわいそうだった。

モモ、我が家にやってきて4年目の春がやってくる
早いなあ

2 320


ハナはもうおばあさんになってしまった。
おそらく、もう12歳以上のはず、歳も忘れてしまった。
我が家に現れたのいつだっけ?

2 319


「あんたに、おばあさんなんて言われたくないよ!
私の歳ぐらい覚えていてよ!」
って言われそうだけどね。


    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 08:21コメント(0)
スポンサードリンク
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ

教えてキャットフード
Categories
  • ライブドアブログ