2020年10月25日

ミケ 小ッチャ

ミケが病気だと気づいてから、
わずか2週間で、10月22日、旅立ってしまった

アッという間だった

リビングにミケがいない状態に慣れないでいる


私の枕の横でよく寝ていたミケ
みんな暖かくなると私の布団の上からいなくなるのに、
ミケだけは、夏でも私の顔の横で寝ていたね。

mike4





旅立つ前々日、自宅で点滴をしたところから、けっこうな出血Σ(´д`;)
昼間点滴をして、夕方から出血、夜11時ころまで止まらなかった。

なんでも点滴すればいいってもんじゃないんだよ

もう外からのものも受け付けなくなっているように思えた。

でも、まだ、わめいていた。

苦しいよう

つらいよう

と言っているのか、

旅立つ直前でもわめいていた。

わめく元気がまだあるんだとは思ったけれど、
まもなく逝ってしまった。



ソックスとメグママがお世話になった公営の火葬場に連絡すると、
予約は2週間後になるという。

とてもそんなに待っていられないので、
リリーを火葬した民間の火葬場グリーンメモリアルで翌日火葬となった。

すぐに火葬してくれたので、予約日まで体を冷やしたりすることもなく、
料金は高くなるけれどすぐにやってくれるのはありがたかった。


20201023_025729441green_iOS


火葬するときはいつも煙を見て想う。

ミケとの日々が消去されてしまうような気がするけれど、
想い出が私の心のファイルにダウンロードされるような気持ち(´?д?;`)

ミケとの生活は忘れない、私の人生のなが〜い一部分だからね。


焼きあがった骨を見ると、

思わず、

こんなに小さくなっちゃって

と思った。


成田の斎場での火葬と今回の火葬とでは、
火力が違ったり、焼く時間も違うのか、
今回はきれいに骨が並んでいたけど、骨の量が少ない気がした。

そして、

用意してくれた骨壺、小さいΣ(゚д゚;)

成田での骨壺は4寸だったけど、今回は3寸の骨壺。

小さい骨壺をかかえて、帰ってきた。


どんだけ小さいかは見ればわかる、

ミケ、ちっちゃ

20201024_050957895green_iOS



以前、ソックスとメグママの骨壺といっしょに写真を写していた。

20200928_025455530megumama_iOS


まさか、その時はこんなにすぐにミケも骨壺に入ってしまうなんて思いもよらなかった。

でも、今この写真を見れば、なんだかだるそうだなあ(((( ;゚д゚)))

まったく、気づかなかった。

今思えば、

お風呂場の水道の蛇口まで、私を誘導してお水を飲みに行くようになった頃から、体調が悪かったのかもしれない(/TДT)/

それに、ミケの毛色のせいかもしれないけれど、そんなに痩せているようには見えなかったけれど、実際には、体重が減っていた。

体重管理、ちゃんとしないと!


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


15年前、私の勤め先の周りに捨てられ、泣き叫んでいたミケ

当時、今は亡き副社長が取引先の人と事務所前で立ち話をしていると、
ミケが泣きながら副社長の足にスリスリ。。

副社長は猫嫌いなので、いつけとばされるかと、ハラハラしてみていた。

その場面が目に焼き付いているよ

どこかに行っちゃうかなと思ったけれど、
大騒ぎしてないているので、
一念発起、保護して、昼休み自宅へミケを置きに行った。

自分で直接保護したのは、初めてだった。


そのころはまだ、4,5か月くらいの子猫の時で、
アランがフサフサのシッポを右に左に振るのに、じゃれていたっけ

ベランダでスズメを捕まえて、
家に帰るとスズメの死体が1階にあって

ギャ〜〜〜

と叫んだことも3回くらいあった。

気が強くて、
2階の3匹のチャトラ達といっしょにできなかったのも、
ミケがけんかしてしまうからだった。

シッポがクルっと一周しているので、ヒモやコードなどがしっぽの中に入って、パニックになることもあったなあ。

15年もいっしょにいたのだからね、いろんなことあった。

いなくなるとやっぱり寂しいよ


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


火葬の日の朝、

自分では、ミケがいなくなると、残りは15匹だとばかり思っていたら、

どう数えても14匹しかいない。

14匹

14匹なんて、ずいぶん減ってしまったなあ。

2年前の10月の末にココが旅立つ時は、ココをいれて20匹だった。

2年間で6匹もいなくなっちゃうなんてΣ(・ω・ノ)ノ

猫飼いは寂しい(;´Д`)


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


火葬場にいたこの子

20201023_025556524green_iOS


最初見たとき、じっと動かないので、置物かと思った。

おっとり猫ちゃん

近所の農家の猫だったけれど、ここに居着いてしまったとのこと。

うちのチャトランみたいだ。

ここは、みんな動物好きの人ばかり来るだろうから、警戒心もなく安心していられるのだろう。

こんな猫ちゃんなら飼ってもいいな と思うけれど、
必ずお別れはやってくるのだからね


霊園にあったこんな宿根草が心に残るミケの葬式でした。゜(´Д`)゜。

20201023_030635099green_iOS








    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 15:34コメント(2)ミケ 

コメント一覧

1. Posted by ザクロ愛子   2020年10月26日 21:11
初めまして。沢山の動物達を保護されてきたんですね。沢山のご苦労があったでしょうね。私も沢山の猫を保護してきました。その子達との別れはいつも後悔と無念でなかなか立ち直れないでいます。ても、まだまだ一緒に暮らしいる猫ちゃん達がいます。お母ニャンは頑張らなきゃですね。ソックスちゃんもメグママちゃんもミケちゃんも大好きです!ありがとうです。
2. Posted by JUN   2020年10月26日 23:04
ザクロ愛子様
コメントありがとうございます。愛子様もたくさん猫を保護していらしたのですね。
ミケのサインを見落としていたかなあと想う日々です。お別れが必ずついてくるのは辛いですが、まだまだ頑張りますね。ありがとうございます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
スポンサードリンク
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ

教えてキャットフード
Categories
  • ライブドアブログ