2019年03月

2019年03月27日

猫小屋のメグママ、
以前から、唾液が多いのはわかっていたし、
時々、よだれをたらしているのは、わかっていたけれど、
今回は、
よだれの先にキャットフードが一粒、
こんな感じ

megumamayodare


わかりづらいかもしれないから、〇をつけたよ!

megumamayodare1


風で振り子のように、揺れてる

megumamayodare2yureru



拭き取ってあげたいところだけれど、
メグママはまったくなつかない子なので、

きっと私がよだれを拭き取ろうと近づくと、

メグママは逃げる!!

すると、おそらく、

よだれと一粒が、どこかへすっ飛ぶでしょう。

それは、まったく見たくなかったので、

そおっと、退散してきた。

見てない時にいつかはすっ飛ぶのは仕方ないことなので、そのまま…
これはO型のおう揚さかな? イヤ、いいかげんさ?


ふくよかなスージーと

megumamayodaresusie




にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
にほんブログ村

    このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年03月22日

先月、病院で浣腸をしてもらって、その後は家で順調だったのに、

ユズがまた、でない。

1日おきのペースだったけれど、
4日でない。

また病院に連れて行くのもイヤだし、
自宅でかんちょうをした。
けっこう、思い切らないとできないよ。
憂鬱に思いながら、実行。

最初は、やっぱり家じゃでないかなあと思ってみていた。

無理かなあ。

明日は病院いけないし、とか思っていたら、

ユズちゃん、
思いっきりいきんで、

ポトン と音をたてて、
出口付近にとどまっていた硬い便の固まりを廃棄

その ボトン と言う音が耳に残って、なんとも快音

なんでこんなことで
こんなに喜ばなくちゃならないの?

他に喜ぶことないの?
と思うくらい、
ホント、うれしかった

もうね、あんまり、ビッグなイベントごともない歳だし、

超頑固な便秘猫を飼っていなければ、
味わえない喜びだよ。
貴重だ!


憂鬱が飛び去って、平和にもどった。
いつまた憂鬱がやってくるかわからないけれど。。

まずはスッキリ
yuzubenpi



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年03月04日

hana17


最近、少し耳が遠くなったかなあ

足が弱くなったかなあ

って思うようになったハナちゃん


ハナは一体何歳なんだろう?

1週間位考えていた


子犬が庭のノンの犬小屋の所で、ヒーヒー泣いているのを発見したので、

ノンが家に来た平成13年12月以降のことになる。


そして、隣人が

「子犬を欲しがっている人がいるんだけれど」

と言って、

ハナはどうかなとやってきた。

その時は、もうハナに”情が移っているから”と手放せなかった。

だから、

隣人が引っ越す前のこと。


そして、

息子の元カノが、子犬のハナをとてもかわいがっていたことも想い出した。


ハナはジャンプ力がすごくて、小さいころはディスクドッグにしようと、フリスビーでよく練習をした。

まずは家の廊下で、そして、今は息子の家が建つ前の隣の空き地でも練習をしたっけなあ。



諸々を考えると、平成14年から平成15年8月の間と目星がついた。

そこから先がわからなかった。


でも、平成15年はない。もう息子の家を建てる話が進んでいたから。


そして、

「そうだ!」

と想い出して、決定的になったのは、

動物病院でハナのフィラリアの薬をもらおうとした時のこと。

先生が、

「まだ子犬で体重が変わるから、2,3か月分づつにしましょう」

と、ノンやリリーは1年分フィラリアの薬をもらっていたけれど、ハナは1年分もらえなかったことを想い出した。


やっぱり平成15年のフィラリアの薬をもらう時期、4,5月頃は諸事情を考えるとありえないので、

平成14年のフィラリアの薬をもらう時期、4,5月頃には家にいたことになる。


そして、平成14年は私が会社を変わった年でもあって、

新しい会社になってから、ハナが来たのを覚えているから、3月以降となる。


だから、平成14年の3月から4月頃の間に我が家においていかれたと断定。


そう考えると、

ハナは今17歳!

思っていた以上に、歳をとっていることに驚いた

今まで歳を感じさせないほど元気だったよね。


hana17a


まだまだ、元気だよ!
と言われそうだけど。


おかげで、いろいろなことを想い出したよ。

想い出すことたくさんあるほど、生きてきたんだよなあ。

きっとこれからも想い出すことたくさんできるだろうなあ。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 10:44コメント(2)ハナ
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ

教えてキャットフード
Categories
  • ライブドアブログ