2016年06月

2016年06月28日

またまた、事件が起こりました

おとといの朝、起きると、床が血だらけ…

一体どうしたのかと、誰か怪我してないかと調べてみると、


ケンジのシッポの先が異様な状態。
kenjisippo370


なに、これ?

ベランダに猫の毛らしいふさふさ丸いものが…

それを持って、

ユーカリの病院に駆け込みました。

ケンジはまったく痛そうでもないんだけれど、
kenji



先生、
「これは、しっぽをきるしかないです!」

ええええ〜〜w(゚o゚)w オオー!


しっぽが根元からなくなっちゃうのかと思ったら、

正常なところで切って、皮膚を縫うそうで…


手術をお願いしてきました。


多分、そのままにしておくと、 おなし みたくなっちゃうんじゃないか。
おなしは、しっぽ半分、むき出しになった後に、切れたんだか折れたんだか、
死ぬまで、残ったしっぽの先は、出血していた。


なんで、ケンジのしっぽがこんなになっちゃったかは、

多分、夜中に風が強くて、ドアがすごい勢いで閉まる音がしたっていうから、
(私はまったく気づかないけれど)

そのドアにしっぽをはさんでしまったんではないだろうか


翌日、お迎えに行くと、シッポの先は、包帯につつまれていました。
jutugo500


メグがつけていたエリカラーをつけて、
ieeri500



抜糸は10日から2週間後


帰り道、途中半分くらいまで車を走らせたところで、
ケンジがケージの中でおしっこをしていて、
包帯がおしっこに染まっていて、
このままじゃありえないだろうと、
仕方なく、
また病院にもどり、
包帯つけかえてもらいました。


突然いつ何が起こるかわかりませんね


断尾の手術代は、検査料と合わせて、37,900円でした



jmamlhnm at 13:41コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
ケンジ | おなし

2016年06月25日

poo

ぷーちゃん、この前近くの病院で、乳腺炎のこと診て貰ったけれど、
ユーカリの病院でも診て貰いに連れて行った。

胸からお腹へたくさんしこりがあるんだけれど、
乳腺炎は2つ、他のは脂肪の塊なんだそう…

下のほうにも、ふくらんでいて、これは前からあったかなあ?
と思っていたら、
それは、ヘルニアなんだそうで…
pooherunia


一番、命にかかわることは何ですか?
と聞いたら、
「肺に、乳腺炎が転移していること」
だと言うので、
それがわかるには、レントゲンということで、
レントゲンを撮ってもらった。

X線料は画像2枚で5000円Σ( ̄ロ ̄|||)

レントゲンでわかったことは、
肺には転移していないこと。

フィラリアに以前感染していて、今はフィラリアは治ったけれど、
心臓が大きくなってしまっていること、

咳がでるから、本当は見えないはずの気管支が白く写っていたこと。

今、この心臓の状態で危険をおかして手術をするほどの乳腺炎の状態ではないので、手術はしないことに…
乳腺炎は様子見。


咳がでるので、ネブライザーというのをしてもらった。

人間も咳がひどいと先生が家庭で吸入する粉みたいのをくれるから、そういうのかなあと思ったら、
ネブライザーは、病院で15分くらい吸入するようだ。
家庭ではできないそうで、見ていないからよくわからないけど…

ネブライザーをしてもらい、咳の薬をもらって、帰ってきた。

ネブライザーの効果は、3日間くらいは、大分咳が減った。

でも、4日目くらいからは、もとにもどってしまった。

このネブライザー、1回3000円する(; ̄Д ̄)

毎週1回するといいといわれたけれど、
その他にも薬をもらったりすると、
けっこうな出費だなあ
と思いながら、

ユーカリで2回目の受診

咳の様子を報告すると、

3日間しか効果がないし、
夜咳がひどくて眠れないっていうわけでもないしねえ…

ということで、

治療の方法としては、

薬を飲むか

何もしない  というのもアリ


以前他の病院でも、咳の薬をもらったけれど、
薬を飲んでも、咳がへるわけでもないので、
「じゃあ、飲んでも意味がないのでやめましょう」
ということで、
薬は飲んでいなかった。


でもね、少しでも咳がラクになるかもしれないので、
一応、
抗生物質とステロイド、気管支炎の薬をもらってきた。



薬の効果は、今のところ、少しは効いているかなあ って感じかなあ。


ぷーちゃん、この頃、ときどき、はあはあと口をあけて、呼吸をしだす…


それに、また、言われてしまった

体重を減らしたほうがいい って。
ヘルニアによくないそうで。


やっているんだけれどねえ、
今日は、こんにゃくとレタスと鶏のむねにくを、ミキサーでが〜〜とやって、
食べさせた。


ぷーのアタマの中は、一日中、食べることしかない


なんとか、ダイエット成功させたいなああ





jmamlhnm at 21:42コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
プーちゃん 

2016年06月21日

最近、アラームをセットしても、二度寝してしまって、なかなか起きられない
疲れているんだよねえ

と毎朝、そんな感じだったのに…

おとといの朝は、子猫の鳴き声が聞こえ、飛び起きた!
まだ、アラームも鳴る前だった

外に出ると、みつけた!
子猫がいる!

また、誰か置いていった と思った。

でもね、こんな子猫、どうやって捕まえるの?

近づくと、サッと逃げてしまう。

一日中、声がしているほうへ行っては、探したり、
金魚のエサの入れ物をなめていたので、エサを置いてみたり…


つかまらないよ

急にまったく違う環境に放されて、びっくりしているんだろう…

しばらくすれば、慣れるかなと思っていたけれど。


昨日は一日、声もせず、姿を見せなかった。


畑の中を探したりしたけれど、いない…


ここら辺の自然環境の中で、子猫が育つ確率はきわめて低い。

メグやソックス、チロやつばさが無事に育ったのが、不思議なくらいだ。

犬の散歩に行く時も、きょろきょろと探してみたけれど、いない

前の畑のお兄さんが、

「けっこうな大きさの青大将がいますよ。見ないほうがいいですよ!」
って、
いろんな動物がいるからねえ。


それにしても、ここに猫を放せば、もしかしたら、飼ってもらえるかもしれない って思って、置いていったんだろうけれど、

私もすっごい困るけれど、

箱の中にいれて、でれないようにしておいてくれれば、なんとかしたけれど

こういうふうに置いていかれると、

捕まえられなくていなくなってしまうと、

やっぱり、

かわいそうだと思ってしまうし、後味が悪い。


スージーは、木の下にじっとしていて、ほとんど動かなかったから、保護できた。
動き回る子猫はねえ…


猫にとって、人なつこいことが、寿命を延ばす一つの分かれ目だったりする。


捨てられたミケも、大怪我をしていたメグもソックスも、みんな人懐こくて救われた。


それにしても、あの子はもうムリだろうなあ。


置いていった人は、私がなんとかしてくれているって思っているんだろうか。


この精神的落ち込み どうしてくれるんだい


今年はバラの華やかさについていけない。

フレンチレース 今年は移植したので、咲くのが遅かった。
frenchrace


うららは2番花が盛り 花は小さめ 
urara2







jmamlhnm at 15:53コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
捨て猫 

2016年06月09日

6日、知人のお母様が亡くなられて、お通夜に行ってきました。
コナツの元飼い主さんのお母様、コナツが我が家に来た時も、いっしょにいらした方です。

小柄で優しそうなお母様でした。
よく朝早く、野菜を届けてくださって…


亡くなられたのが1日、と思って、カレンダーをみると、
あ、マリアの命日、過ぎてる

もうリリーのことばかり想っていて、
庭の手入れに追われ、
忘れてしまった

それに、命日、多すぎ!

今年はアランとリリー、2つ増えたし…

孫の誕生日は6人分、覚えていなくちゃならないし、それだって、今は記憶力が厳しくなっている。


お通夜では、お坊さんが終わった後にお説教をしてくださった…

メビウスの輪 のお話し

片面が黄色、片面が赤色の幅1センチくらいの平たいヒモを持ってらした。

それを、普通に輪を作ると、内側の片面はずっと黄色、外側の片面はずっと赤色、



だけど、そのひもを、ひねって輪にすると


黄色がしだいに赤色になり、

赤色が黄色になる…



あの世に行ってしまって、今は会うことができないけれど、
私達もいずれはあの世に行って、
追いついて、会うことができる!


そう、私もきっと、マリアやコナツ、すみれ、リリーにアラン、みんなに絶対に会えると信じている


だから、マリアの墓石も
清水様 マリア



あの世の一部のエリアが我が家のペット達でいっぱいになっているって想像したりして…

絶対に会える!!!






jmamlhnm at 20:27コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
天国のマリアへ 
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
Profile
「箱に入れて石をつめて印旛沼に沈めてくる」という恐ろしい言葉で始まった。犬や猫など飼ったことがなかったが、2匹の子猫を連れて帰った。1匹は翌日いなくなった。1匹は1年後にマリアを産んだ。猫のかわいさを知り、玄関の前、そして家の中に猫が増えていった。 犬や猫を捨てる事は許せない。捨て犬3匹も我が家に加わった。マリアは私に最高の幸福感を与えてくれたが、15年後にそれと同じ位の悲しみが私を襲った。生き物を飼うということがどんなことかを思い知った。しかし、この世に生あるもの、命はどんな生き物でも大切にしたい。どんな生き物でも「少しでも長く生きたい」という本能を生まれつき持っているものだと思うから……  
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

『徹子の部屋』見た?

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ