2016年02月

2016年02月18日

昨日はとてもいい天気だった。

アランの調子がイマイチ

病院に行っていまさら検査してもしょうがないと思えるような容態だった。

食べないし、フラフラ…

このまま家で静かにしておこうかと思ったけれど、
一応動物病院へ連れて行くことに…

去年の秋ごろ、病院に行くたびに、車の中であと何回アランと病院へ行くんだろう と思った。

一体何回通っただろう(´?д?;`)

今日は、もうこれが最後だろうなあ といろいろと想っていたら、

アランがキャリーケージの中で、顔を持ち上げ、私を見て
「なー」とないた。

アランの泣き方はいつもそんな感じ。
そのアランの目力に圧倒された 

「そうだよね、まだまだ病院何回も通うよね」
と思わず言ってしまった。
あのアランの顔が忘れられない。
これから、起こることがわかっていたんだろうか?

もうスタスタ逃げることもできないから、病院の待合室でアランをヒザにのせて待った。


先生が言うには、
多分、貧血。腎不全のステージ4〜5 このままなら数日で…

ということだった。

そして積極的にするなら、
輸血をして、エリスポリチンという注射を一週間に一回していけば、うまくいけば、半年
と言われた。

猫によって、うまくいくかどうかはわからない…


アランのためにできることはいろいろとやってきて、もう後悔はないと思っていたのに、まだできることがあると知った。

どうしようか、とっても迷った。
このままにするか、輸血をするか…
それは、飼い主の考え方次第

今まで、「猫に輸血なんて、そんなことしてまで…」と思っていたけれど、いざ自分のかわいい猫がそれでさらに命が延びるならと思うと、
「やれることはやってあげたいので…」
と、輸血をお願いしてしまった。

もし何もしないで連れて帰って、数日で亡くなってしまったら、また後悔するかもしれない…


ただ、私も不思議だったのが、強制給餌をしているだけなのに、体重が減らない…
先生は、もしかしたら、血か水がたまっているかもしれないので、それを調べてから輸血をするかどうかを決める ということだった。

アランを病院において、一度家に帰った。

やはり、胸とお腹に水がたまっていた。

胸から140ccのお水を抜いた。おなかは抜くほどではないそう。

血管からお水がしみ出てしまうそうだ。
抜いたお水を見せてくれたけれど、あの痩せ細った体にしたら、すごい量だった。

胸にお水がたまっていると、肺を圧迫して苦しくなる。
お水を抜いたから、大分ラクになったはず。 
そして、今日の輸血は中止。

心臓の働きをよくする薬を3日分もらって、2,3日したらまた来院することになった。

検査ではやはりひどい貧血で、その貧血の状態は変わっていない…

あと数日って言われたのに、2,3日もつんだろうかって思った


家に帰ってからは、仕事が忙しく、
夜の10時頃、アランにセミントラ(腎臓と心臓の液体の薬)を口にいれた。

すると、体をのけぞらすようにして、苦しそうにした。

なんだか、ヘン!


これはもう、薬を飲ますにも、強制給餌もとても怖くてできそうにない

輸血なんかしないで、早くラクにしてあげたいと思った。


それからますます様子がおかしくなり、苦しそうにしだした。

私のヒザに乗せると、不思議に苦しそうにしなくなり…

私がアランをヒザに乗せて座ったまま、いねむりをしてしまって…


ふと目を開けると、
アレ?
アランのおなかは動いていない


私の膝の上で眠るように逝ってしまったようだった


アランもがんばったし、私もできることはなんでもやったので、仕方がない。

せっかく口内炎もよくなって、食べられるようになったのに、
たいして食べることもなかった。

アランは、人懐こくて、穏やかで、どの猫にもフレンドリー
とってもいい猫だった。

アランといっしょにすごすことができて、本当に私は幸せだった。


いい先生にも出会えて、入院などすることもなく、私の膝から旅立てたので、悔いはない…

と思いつつも、やっぱり月曜日に病院に連れて行っていれば…
とか、細かいことを悔やんでしまって…

仕方ない、もう大分弱っていたから…
どうしたとしても、大差はないだろう… 


しばらくは、アランの姿を家の中で想い出す日々が続くだろうね(涙…)


aranhaka







jmamlhnm at 15:58コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
アラン 

2016年02月15日

アラン、先週の火曜日から、自分では食べようとしなくなった。

15 002a


皮下点滴を自宅で、1日に50ccを2回
100ccを一度にすると、心臓に負担がかかるので 

なんだかヨタヨタしてきて…

トイレまでたどりつく前にでちゃう(TДT)

強制給餌で体重は減っていないけれど
病院で血液検査をしてもらうつもり


15 020a

いつまでミントといっしょに寝られるのか・゚・(ノД`;)・゚・



jmamlhnm at 19:47コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
アラン | ミント

2016年02月09日

この前、動物病院の先生に、
「はちみつが口内炎にいいので…」
と言われたので、
「あ、あげてます、マヌカのはちみつ!」

まさか、先生に言われるとは思っていなかった
口内炎にいいこと、いろいろやっているけれど、
はちみつがアランの口の中にある時間を多くなるように

お水を飲み終わった後に、口の中にいれる…
夜寝る前に口の中にいれる…

そしたらはちみつ、効いたのか、食べていると痛くて、前足が思わず口の方にいっていたのが、最近はまったくなくなった

はちみつならなんでもいいわけではなく、マヌカのはちみつ!
manuka


マヌカはニュージーランドでとれるはちみつ

マヌカハニーは、生産量よりも販売量が多い?
偽物が多いらしい

私が買ったのはこれ


なんでも、UMF15+ 以上でないとダメらしい。

私もちょうど喉が調子悪かったので、なめてみると、おいしい(・∀・)
manuka1

人間ののどにもよくて、たしかになめると、喉に優しい感じ

アランが食べなくなる原因は、複数あって、
腎臓?
甲状腺機能亢進症?
これに口内炎が入っていたけれど、口内炎は原因から消えたことになる

だから、今週は抗生物質はお休み
民間療法でということで…

ステロイドも量を減らしていて、様子見…

点滴は、調子悪そうだと量を倍にして100にしたりしたけれど、今のところ、50にしている。

ハチミツだけの効果かどうかはわからないけれど、でも、やってみてよかった(^_^)ニコニコ


昨日は、おとといの晩、私の前髪が長くなったので、自分で前髪を洗面所でカット。
目の周りに細かい髪の毛がいっぱいついちゃったなあ と思っていたら、
その後に、目が痛くなってしまって、痛みがおさまらずに目医者へ

まぶたの裏に髪の毛が刺さっていて、目の表面を傷つけまくっていた。
刺さっているから、水で流してもとれないんだとか。

いつ何が起こるかわからない。
目薬のおかげで、少しづつ回復中
いろんなことありますわヽ(TдT)ノ







jmamlhnm at 11:18コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
アラン | 口内炎
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
Profile
「箱に入れて石をつめて印旛沼に沈めてくる」という恐ろしい言葉で始まった。犬や猫など飼ったことがなかったが、2匹の子猫を連れて帰った。1匹は翌日いなくなった。1匹は1年後にマリアを産んだ。猫のかわいさを知り、玄関の前、そして家の中に猫が増えていった。 犬や猫を捨てる事は許せない。捨て犬3匹も我が家に加わった。マリアは私に最高の幸福感を与えてくれたが、15年後にそれと同じ位の悲しみが私を襲った。生き物を飼うということがどんなことかを思い知った。しかし、この世に生あるもの、命はどんな生き物でも大切にしたい。どんな生き物でも「少しでも長く生きたい」という本能を生まれつき持っているものだと思うから……  
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

『徹子の部屋』見た?

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ