2015年01月

2015年01月29日

DSC_0113aa


我が家にもケンジがいると気づいた!

無事に戻れますように、願いを込めて…

jmamlhnm at 19:46コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
ケンジ 

2015年01月27日

去年、我が家へやってきたもも
DSC_0053a


動物愛護センターで、「家庭犬として適さない」として殺処分されるところだった

毎日3時半頃になると、大騒ぎしだす

私が外に出ていくと散歩に行けるかも! と大興奮だ

こんなに大騒ぎするのは、やっぱり家庭犬として適さないからなのって思ったり…

なんとか落ち着かせようと、おすわりさせようとするけれどなかなかできなかった

でも、魔法の言葉を発見

去年の8月頃、ふと、ももに話しかけた

「もも! もも、うちにきたのいつだっけ?

4月10日だから、

5月〜

6月〜

7月〜

8月〜

もう、4か月経ったのに、まだおすわりできないの?」


そしたら、

「これじゃあ、まずい!」

と思ったのか、

大急ぎで、仕方なくおすわりをした。

それから、このフレーズを言うと、おすわりをするとわかった。


ももは、多頭飼育崩壊現場の犬らしい

私の家から車で20分位走らせたところに、知人の家がある。

その近くに、猫を30匹位飼っているお宅があって、夜行くと、よく猫をみかけた。

それが、1か月ぶり位に行ってみると、家が取り壊され、きれいな更地になっていた

引っ越したのかな?と思った。

猫をかわいがっていれば、みんな連れて行ったよね と思っていた。

そしたら、一人暮らしの高齢の女性が亡くなって、猫はみんな保健所がつれて行ったと聞いた。

もし知っていればとも思ったけれど、30匹も私にはどうしようもなかっただろう。

更地に、どういうわけか一匹残った犬が、「一人でポツンとおすわりをしているのを見ると、かわいそうでねえ。」
と知人が言った。

それが、ももだった。

あとで聞いたことによると、保健所が連れて行ったのではなく、近くの猫がいっぱいいる公園で一度にたくさんの猫が増えたことがあるらしく、誰かがそこに捨てたのではないかということだった。

我が家にももがやってくるまでのことはこちら⇒

魔法の言葉を発見してから、
きっと元飼い主さんは、数を数えてももをしつけていたんだろう
と、推測した。

そして、おすわりをさせて、
そのままの状態で、
今では、60数えるまで、座っていられるようになった。

まだまだ座っていられそうオオーw(*゚o゚*)w

100でもいけるよね

「そんなことどうでもいいから、早くしてよ」
ってお尻をもぞもぞさせて、我慢してすわっているのが、とってもかわいいよ!

すごいよ!
もも!

殺処分なんてされてたまるか!

ももの目を見ていると、元飼い主さんの想いが伝わってくる気持ちになる。

かわいがっている猫や犬たちをおいて、逝かなければならなかった気持ちを思うとやるせない…

ももが元気でいてくれるのをどこかで見ているような気がするよ

それにしても、いつもももの目って、ぐんまちゃんの目に似ている気がするんだけれど
gunma


どうしてかな? って考えたら、ももの目、黒目と白目があんまりわからなくて、全体的に黒いんだよね。
だからかなあ





jmamlhnm at 12:06コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
もも 

2015年01月21日

アラン朝起きると、キッチンの流し台の上へまっしぐら
お水を飲みたくて、私が来るのを待っている
DSC_0101a

っていうか、この写真見て初めて昨日の血液検査をした後の包帯がまだついているのに気づいたノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

次は、洗面所へ行って蛇口から
DSC_0103a


私が顔を洗っている間は、洗濯機の上でまたお水を少し…
洗顔石鹸がおでこについているよ…
DSC_0104a


私が顔を洗い終わると、また
DSC_0107a


これ、異常じゃない?
お水飲み過ぎ

アランは甲状腺機能亢進症の薬を飲んでいる

甲状腺機能亢進症の症状は、
たくさん食べるのに痩せていくこと

でも、この頃、あまり食べない
マリアに似て、だんだんとわがままになってきたようで…
なかなかフードを気に入ってくれない
昨日おいしそうに食べたウェット、今日は食べなかったり、頭が痛いよ


それに、甲状腺機能亢進症の症状が表にでて、腎臓病がひそんでいるのを気づかないことがあると聞いていたから、とっても心配になった

甲状腺機能亢進症の症状と違うのに、この薬飲み続けていいんだろうかと、気になって昨日病院に連れて行った。

甲状腺機能亢進症の検査と、腎臓の血液検査をしてもらった

甲状腺機能亢進症の検査結果は外部へだすのでまだわかっていないけれど、腎臓の検査の結果は大丈夫セーフだった。

先生、腎臓の2項目だけの検査にしてくれて、1000円で済んだ。
良心的な先生、ありがたい

外部に出す検査は高いけれどね


今、お世話になっている動物病院は、野良猫などの避妊去勢手術を安くしてくれる病院なので、家の周りの野良などを連れてくる人をよくみかける。

みんな熱心に家の周りの猫のことを心配していて、ありがたいことだとホッとする

女性だけでなく、年配の男性の方も熱心だったりして…

そして、昨日は、待合室に待っている猫がみんな「元野良で家の中にいれちゃった」とか 「娘が拾ってきた」 とかそんな猫ばかりだった…

だけどどの猫もきれいで素敵な猫さんばかり…

この動物病院、先生も優しいけれど、待合室にいても心が休まる気がする。
私と同じ気持ちの方が多いからかな

アランも捨て猫、みんなビックリするよ。
飼い主探しすればいいのに、安易に捨てちゃうなんて…

日本中の野良猫に飼い主が見つけられればいいのになあ


jmamlhnm at 10:22コメント(8)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
アラン 

2015年01月13日

お父さんの部屋に行くと、今までいたコナツがいない
しばらくは、慣れるまで寂しいねえ

このポッカリ感はたまらない

コナツもこんな写真撮りたかったよ
DSC_0094a


コナツのキャットタワー、みんなで使ってる
DSC_0097a


DSC_0096a


DSC_0095a


猫に陽だまりは似合う

コナツはたどりついた天国の陽だまりでゆっくりしているかなあ。゜゜(´□`。)°゜。

jmamlhnm at 11:12コメント(4)  このエントリーをはてなブックマークに追加
コナツ | チャトランの7匹の子猫達

2015年01月10日

昨日、コナツを病院にお父さんが連れて行った

一度は病院に連れて行かないと後悔するかなと思って、
ペットボトルにお湯を入れたのをそばに置いて暖かくして連れて行った。

回復の見込みはない と言われたけれど、まあそうだろうねえ

補液と注射をしてくれた

先生、安楽死の話までしてくれたそう

帰ってきて、大好きなお父さんの膝にのせてあげたら、ぐっすりいびきをかいて寝ていたんだって…

それから、a/d缶を食べて、

かわいいとってもいいウンチをしてくれて…

この世の置きみやげかと思ったよ

「a/d缶たくさん食べさせてくれてありがとう」って、そのウンチ君が言っているみたいだった

でも、夜は、口呼吸…

とてもつらそうで、見ていられなかった


今日はすみれの命日

一番いいのは、すみれが迎えに来て、連れて行ってくれればいいのになあ
辛そうにしている姿を見るのは、こっちも辛い



ここまで書いて、コナツを見に行った…



そしたら、

私の想いが

すみれに伝わってしまったのか

コナツは

すみれに連れて行かれてしまっていた。゜(´Д`)゜。


ちょっと前、まだa/d缶食べるかなと思って、口に近づけたら、鼻を横に振って、「いらない」と意思表示したのに…

仕方ない

がんばったね、コナツ

ラクになれてよかった

コナツはおとなしい子だったから、ふっくらと太ってまったりと日向ぼっこしている姿をみたかったよ。


すみれの隣に埋めた
DSC_0085a


猫小屋の中から、葬儀の様子を
イヨカンと
DSC_0084a

メグママがじっと見ていた
DSC_0088a

コナツが我が家へやってきた日はメチャクチャ暑い日だったけれど、今日は、冷たい北風がピューピューと吹きすさぶ冷たい日だった。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

jmamlhnm at 11:53コメント(4)  このエントリーをはてなブックマークに追加
コナツ | すみれ

2015年01月06日

コナツ君、
1日、2日はクタクタになりながらも、
「あれ? いない!」と思うと、
少し離れたところで、腹這いになっていた

「コナツ!」と呼ぶと、
「ニャア」とか細い声で返事をした

3日になると、
もう動けない、寝たきりになった。

「コナツッ!」と呼んでも
声はでず、口をぱくっとするだけ…

それもだんだんと、口も動かさず、
まぶたをパチッと動かす
耳が動くだけ
というようになっていった。

今でも時々口パクのこともあるけれど、
お父さんが
「コナツッ! 」って何度も大声で呼んでいたので
「返事した?」って聞いたら
「ヒゲを動かしただけ…」

それでも、頭をかかえて、a/d缶を食べさせると、
自分でた〜くさん食べている

白血病って血液の病気だけれど、
消化器系統は正常なのかもしれない…

a/d缶で血液ができればいいのになあ

マリアも返事をする猫だった。
病院で逝ってしまったけれど、
きっと、コナツのように、
「マリア!」って言うと、口パクしただろうなあ゜゜(´□`。)°゜。

よく考えて見ると、他に返事をする猫なんていない

ベランダでも一人遊びだったね、隔離していたから…
DSC_0349a


この中にコナツがいたら、どんなにいいかと思うよ
DSC_0078a


jmamlhnm at 23:14コメント(4)  このエントリーをはてなブックマークに追加
コナツ 

2015年01月03日

年が明けて初めて聞いた言葉が
「オ〜イ、コナツの様子がちょっとおかしいよ〜」

飛び起きた!

体全体にまったく力が入らなくなっていた。゜゜(´□`。)°゜。

それでも、食欲はある…

白血病と猫エイズのキャリアだった ゆう のことを想いだした

ゆうも、猫風邪が治ってこれからと思っていたら、突然体の力が抜けて、でも最期まで食欲は旺盛だった…

コナツは今はもう起き上がることもできない

クタクタになってしまった体をかかえて、お水を飲ませ、エサを少しだけ食べた。

もう、長いことはなさそう…

病院も明日まで休みだし、病院に行ったところで、もう回復は無理だろう…

大晦日の日は、来年はみんな元気で一匹も減ることなくすごせればいいな
って想いながら、過ごしたのに、

もうすでにこんなことになってしまって…

年末の30日には元飼い主さんがお見舞いに来てくれた。
ちょうどいい時に来てくれた ということになってしまってね。

もう少し、うちの子でいてほしかったなあ。
力は尽くしたつもりだけれど、今となってはもう何もしてあげれない

こんなに元気だったのに…

DSC_0463a


jmamlhnm at 22:09コメント(8)  このエントリーをはてなブックマークに追加
コナツ | ユウ
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
Profile
「箱に入れて石をつめて印旛沼に沈めてくる」という恐ろしい言葉で始まった。犬や猫など飼ったことがなかったが、2匹の子猫を連れて帰った。1匹は翌日いなくなった。1匹は1年後にマリアを産んだ。猫のかわいさを知り、玄関の前、そして家の中に猫が増えていった。 犬や猫を捨てる事は許せない。捨て犬3匹も我が家に加わった。マリアは私に最高の幸福感を与えてくれたが、15年後にそれと同じ位の悲しみが私を襲った。生き物を飼うということがどんなことかを思い知った。しかし、この世に生あるもの、命はどんな生き物でも大切にしたい。どんな生き物でも「少しでも長く生きたい」という本能を生まれつき持っているものだと思うから……  
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

『徹子の部屋』見た?

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ