2014年11月

2014年11月28日

孫の七五三のお祝いに、みんなで幕張アパホテルの50階でランチバイキングに行ってきました。

幕張のビル群の中でも海に近くひときわ高いこのビル
DSC_0403a


以前はプリンスホテルだったビルがアパホテルになってました。

50階からの景色は
DSC_0427a


やっぱりバイキングでもホテルの食事は落ち着きます。

今回のバイキングで学んだことは、

バイキングの場合は、デザートは最後でなくてもいい!

 ってこと

今までバイキングの時もデザートは別腹で最後に食べていましたが、
嫁さんがデザートをた〜くさんお皿に盛って食べていたので、これでもう終わりかと思ったら、次に持ってきたお皿はこんな状態ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!!
DSC_0417a


甘辛と交互に食べていいんだそうです。
この歳になって初めて知りましたよ

というわけで、私も
DSC_0421a

サラダとケーキ類をお皿にとってきました。

おいしかったのは、
白身魚のパイ包み焼
DSC_0408a

白いソースがおいしかった。
たこ焼きが一つのっている…

サーモン
DSC_0406a


マロンタルトとアーモンドタルト
DSC_0412a


一番人気のショートケーキはあっさり目
DSC_0426a


チョコレートファウンテンと黒胡麻チョコレートファウンテンがあって、子供達に大人気
私は、バナナとマシュマロに黒胡麻チョコをかけてみました。
DSC_0411a

チョコはすぐに固まったけど、黒胡麻の味がしました

最後の〆が明太子とアボカドのフィットチーネ
DSC_0425a


ホットケーキを自分たちで焼くことができて、子供達何度も焼いてました
DSC_0419a

ドラエモンのつもりだったらしいんだけれど

5名様まで割引になるクーポンを持って行ったんだけど、全員分割引してくれたので、思ったより安くあがりました ラッキー.。゚+.(・∀・)゚+.゚

今回は、飲み放題ではないので、アルコールは控えめにしてもらいました。
コップ一杯ビール300円だったけれど、グラスが小さかったし、一人一杯ずつで終わり。

今日は、子供達に喜んでもらうためのバイキングだからね。

お腹いっぱいになって、幕張海浜公園へ

海は近くにあるけれど、なかなか来れない…

会場の方はイベントをやっていたけれど、海岸は人気も少なく、

今は11月だというのに…
今日七五三の彼女
DSC_0439a

ここは沖縄? 状態でした…

パンツがびしょ濡れになって、こんな姿の子も!
パンツ脱いじゃって、タオルを巻いてますΣ('◇'*)エェッ!?
大事なものがチラチラ見えてるよ
でもまったくおかまいなしに飛び回ってました
タオルと靴のコーディネイトがぴったし
DSC_0449a


私は幕張生まれ
私がこの子達の年齢の頃は、ここは海の中
幕張がこんなに発展する街になるなんて!
昔を想いながら、感慨深げな一日でした川 ̄_ゝ ̄)ノ

DSC_0433a


jmamlhnm at 11:41コメント(4)  このエントリーをはてなブックマークに追加
外食 | 

2014年11月21日

アランもコナツといっしょにセカンドオピニオンを聞きに動物病院へ連れて行った

甲状腺機能亢進症のこと、お水をたくさん飲むことなど聞きたかったので…

今までの動物病院で聞いた話と先生のおっしゃっていることが同じようだったし、
治療方法としてはうまくコントロールしていると思うということで、
「今までの治療法で続ければいいんですね」
と、今までの動物病院で治療を続けるつもりで終わった。

ぷーちゃんは連れて行かず薬だけもらおうと思ったけれど、
いろいろと話を聞いてやっぱり、連れてきてから薬をだしてもらうことになった。

たっぷり3匹分、細かい説明をしてくれて、
払った金額は、コナツの薬代1,500円とアランの初診料500円
合計2000円プラス消費税

帰り道、おとうさんと、セカンドからファーストの病院にすることに決定した

アランとミント老猫どうしで
DSC_0338a


jmamlhnm at 23:21コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
アラン | 動物病院
昨日、留守にして家に帰ってみると、
コナツのいる部屋にコナツの白い体毛が散っている

誰か入ったのかな?
でも、誰も入るはずがない

多分、日向ぼっこをしていて、
ベランダにでる窓を少し開けて固定していたので、
その隙間からベランダにいる猫にひっかかれたんだろう

猫の体は通らないけれど、手がでる隙間位開いていた…

コナツの背中の毛が抜けて、皮膚が見えてしまっていた。
DSC_0389a

窓の向こうに、犯猫らしき猫が

それだけなら、まだよかったんだけど、
夕方、歩き方がヘン(-_-;)なことに気づいた

前足に力が入らなくなっていた
前足がクタッとなってしまっている

襲われて逃げる時に骨がおかしくなってしまったのかと
今日は、この前セカンドオピニオンを聞きに行った動物病院に行ってきた。

先生、コナツの前足をいじりまわすけれど、コナツはまったく痛がらない
骨に異常があれば、痛がるはず…

神経から来ている可能性があるかも…
と、先生、最初は注射をしようとしたけれど、
「注射は緊急性がある時にするけれど、この子の今の状態を見ると、それほどでもないから、継続性があった方がいいから薬だけにしましょ!」
ということで、注射針をしまった。

食欲はあるし、力のない足で部屋の中をひょこひょこと歩き回るほど元気だ。

どうしてそうなったのかは、原因はわからないという

今まで通っていた病院だったら、レントゲンを撮って、血液検査して、注射して、薬で小一万はかかるだろう。

だけど、今日払ったのは、コナツの分は薬代8日分1500円だけ

安ければいいってものでもないけれど、
うちみたいに、超心配性の超貧乏人が超多頭飼いをしていると、こういう病院はとても助かる


jmamlhnm at 22:53コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
コナツ | 動物病院

2014年11月13日

いつも冬になると、アロエや金のなる木を家の中に入れる
今年はチビ猫軍団がどうしてくれるか心配なので、
大きく茂ったアロエの枝を摘み取り、なるべく小さくして家の中にいれるように準備です。

DSC_0331a


摘み取った後のアロエはこれ⇓
まだまだ子供がたくさん…
DSC_0350a


これをきれいに洗って、ジューサーが処分してしまったらしくなかったので、スピードカッターで粉砕
DSC_0332a


何回もやって、この粉砕したものを排水溝用の不織布の袋にいれて、濾して
DSC_0333a


あくがでなくなるまで40分位煮ると
DSC_0339a


それをダイソーで買ったボトルにいれて
DSC_0377a

(すでに少し使ったけど…)

アロエエキス100%ができあがり…
飲んでも体にいいらしいけれど、苦くてとても無理。

最初は顔の端の方に恐る恐る塗ってみて、大丈夫そうなので、今では顔中、首などにつけている。顔になじんでしっくりとくる。 美白にいいかな?

あともう一回分、やらなくちゃ!
これ以上の量がありそう…

私、こんなことするの好きそうにみえるけれど、
本当は、
面倒くさい

でも、このアロエを捨てるのが、もったいない
捨てられればどんなにラクか〜

『もったいない』 と 『面倒くさい』 で 『もったいない』が勝って、こんなことしている…
O型ってこんなもんかな(*'-'*)



jmamlhnm at 00:35コメント(2)  このエントリーをはてなブックマークに追加
ガーデニング | アロエ

2014年11月11日

いつも避妊去勢手術でお世話になっている病院の先生を
うちのお父さんがすっごく気に入ってしまって
「いい先生だ」
と、小1時間かかる道のりも苦にせずに通ってくれた

セカンドオピニオン聞いてみようかということで、

ぷーちゃんを連れて行った。
DSC_0510a


フィラリアは治ったけれど、心臓は傷んだままだから、死ぬまでずっと心臓の薬を飲ませなければならないと言われていた。

先生は、「もうこの薬は飲ませなくていい。心臓はほぼ正常だから…

もし、何かあっても、この薬を飲ませていないせいではない」

と、おっしゃったそう…

その代り、咳をしているので、咳の薬をもらってきた。

そうなんだあ、もうこの薬飲ませなくていいんだあ

どちらの先生の言うことを信じるかは、飼い主が決めることだけれど、

この病院、すっごく安い。

薬2種類の代金だけで、1週間分で2000円
払ったのはそれだけだった。

診察料とかとるよね、ふつう…

あんまりもうけ主義ではないし、検査とか治療もガンガンする!っていう主義でもなさそう…
ペットにとっていいかどうか…

飼い主は一日でも長く生きてほしいから、いろいろと言われるままに治療をしてしまうけれど、果たしていいのか悪いのか…

人間だって、延命処置をするかしないか、尊厳死という選択肢まである国も…

マリアの時は、なんでもかんでもしてしまって、入院させたまま死なせてしまったので、すっごく後悔している。

コナツのことも診てもらったけれど、
「インターフェロン、そんなにしてもらって、幸せな猫ですよ…」
この先生は、白血病の猫は3年生きれればいい方だと言う

DSC_0355a


でもコナツが少しでも長く、少しでもラクに生きられるように、免疫を上げるためにいろいろとするつもりだ。

アランも診てもらおうかなあ。
甲状腺の薬、もうよくなっているけれど、死ぬまでずっと飲まなくてはならないって言われたけれど、どうなんだろうか
副作用で腎臓が悪くなるから薬の量を調節しているけれど…
この頃、ホント、お水たくさん飲む。
朝起きると すぐそばに、お水があるのに、洗面台のシンクの中にとんでいく
蛇口から流れたお水を飲みたいらしい…

悩みはつきないよ



jmamlhnm at 15:45コメント(6)  このエントリーをはてなブックマークに追加
プーちゃん | コナツ

2014年11月05日

DSC_0294a


白血病と戦うコナツ君

プロポリスたっぷりかけて、ホモトキシコロジーのなんだかよくわからない液体も恐る恐るかけて、よく食べる

だけど、ほとんど体重増えないね。

それに、この頃ちょっと元気がない(-_-;)

他の猫達の元気の良さを見ていると、かわいそうになる

今日は、ジムでエアロビクスをしてきた
いつも、エアロをしている時、コナツのことを想う
こんなことしていていいんだろうか
私はこんなに動けるのに、コナツは元気がない
って、違うこと考えているから、みんなと違う動きしてたりして…

病院に行くと、血液検査とインターフェロンって多分言われるだろうけれど、
血液検査してもいいはずがないし、
インターフェロンも効果あるかどうかもわからず、かえって元気なくなるし…

今日、ネットで検索していたら、Dフラクションっていうサプリ、マイタケから抽出されたβ-グルカンとかいうサプリをみつけた。

どうかなあ、やってみようかなあ







jmamlhnm at 20:03コメント(8)  このエントリーをはてなブックマークに追加
コナツ 

いつもはチビ猫軍団や中年太り猫軍団に占領されているベランダ

天気がよかったので、高齢猫アランとミントの時間にしました!

DSC_0313a


DSC_0315a


DSC_0314a


DSC_0319a


アラン、最近、お水よく飲むよねえ
腎臓、心配だなあ

この姿、いつまでも見られますように*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
DSC_0311a


jmamlhnm at 19:36コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
アラン | ミント
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
Profile
「箱に入れて石をつめて印旛沼に沈めてくる」という恐ろしい言葉で始まった。犬や猫など飼ったことがなかったが、2匹の子猫を連れて帰った。1匹は翌日いなくなった。1匹は1年後にマリアを産んだ。猫のかわいさを知り、玄関の前、そして家の中に猫が増えていった。 犬や猫を捨てる事は許せない。捨て犬3匹も我が家に加わった。マリアは私に最高の幸福感を与えてくれたが、15年後にそれと同じ位の悲しみが私を襲った。生き物を飼うということがどんなことかを思い知った。しかし、この世に生あるもの、命はどんな生き物でも大切にしたい。どんな生き物でも「少しでも長く生きたい」という本能を生まれつき持っているものだと思うから……  
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

『徹子の部屋』見た?

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ