2014年08月

2014年08月31日

なんだかメグの変な鳴き声が聞こえると思ったら
DSC_0085a


イヨカンの子ゆうたにおっぱいを吸われていました。

メグ、オスなんだけどw(゚o゚)w オオー!

気配を感じて、おっぱいが飲める! とケンジまでやってきて
DSC_0091a


メグは優しくて、2歳で亡くなったすみれの面倒もよく見てくれた 子猫達には頼もしい存在
でも、おっぱいはねえ(゚∀゚)アヒャヒャ

メグ「ちょっと違うんだけれど…」って言いたいけれど、どうしたらいいかわからなくて、我慢して子猫達の依頼にこたえている表情がたまらなくかわいい。

DSC_0093a

お疲れ様でした
メグの胸、びっしょりでした.。゚+.(・∀・)゚+.゚

jmamlhnm at 11:53コメント(8)  このエントリーをはてなブックマークに追加
メグ | イヨカンの子

2014年08月30日

猫小屋の中です 大工さんが 猫の気持ちになって 作ってくれました(=^・・^=)

ゆうたとケンジを連れていってみました。
DSC_0514a


猫は窓の外を見るのが好きなんだ という大工さん
窓の前はすべて棚がついています
上の方はキャットウォークをつけてもらいました
DSC_0520a


DSC_0519a


DSC_0518a


換気扇もついています
DSC_0516a


コンセントは猫がおしっこをひっかけないように、床から高めにカバー付のコンセントです。
DSC_0517a


気に入ってくれるかなあ

jmamlhnm at 14:23コメント(4)  このエントリーをはてなブックマークに追加
猫小屋 
大雨による土砂災害で被災され家を失われてしまった方がいらっしゃるなか、こんなことをしていていいのかと心苦しいですが
やっと猫小屋に入居ができました。

DSC_0082a


メグママと黒白ちゃんは昨日つかまえて、猫小屋のゲージに入れ、今朝みたら、イヨカンが猫小屋に入っていたので、ドアを閉めてしまって、無事入居が完了しました。
DSC_0075a


ホントにホッとした。
猫小屋はなかなかすすまなかったし、ネット張りも暑さでできず、ここのところ涼しかったので、お父さんと二人がんばりましたよ。

3匹、びっくりしてどうやってでようか、ウロウロ
慣れるまでじっと待つしかない

とくにメグママが
「わたしゃあ、長いこと外で暮らしてきたから、こんなところじゃなくても大丈夫だよ!」
って言っているのか、泣き続けている…
DSC_0076a


DSC_0080a


黒白ちゃん、無事入居、
DSC_0074a


黒といってもとてもきれいなツヤブラック

お隣のチャトランの実家に同じような猫が現れていっしょに捨てられたよう…
つかまえられない!って言っていたけれど、なんとかこの猫小屋にいれてあげたい
DSC_0070a


猫小屋のドアは、上下が網戸に変えられるドアなので、網戸を破ってドアが閉まっていても出られるようにした。
DSC_0068a


外にでるドア、ちょっと固いんだけれど、文句は言ってられない。
もう一枚内側にドアをつけようと思っている、このドアを人間が出入りしている間に逃げられちゃうと困るからね。
DSC_0083a


早く慣れてくれるといいんだけれど
DSC_0081a


3匹で隣の家の車の上に乗っていたり、
前の畑で3匹でトイレしていたりすると、
ハラハラしていた。

ここら辺はみんな動物好きで何も言う人はいないけれど、エサをあげている以上、ヒヤヒヤしてしまう(-_-;)

キャットランの場所にキャットウォークを作ったり、まだまだすることはあるけれど、本当にホッとした\(^o^)/


猫のフード 療法食が安い!




jmamlhnm at 14:09コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
猫小屋 | イヨカン

2014年08月17日

メグママ、猫小屋の中でお昼寝中
DSC_0032a


イヨカン 猫小屋の周りのネット張りが終わるまで絶対にださないしようと思ったけれど、
暑いし、いつできあがるかわからないので、ケージの中に閉じ込められて泣き続けるイヨカンを外にだした。

もう手術後5日目だから…

大丈夫かなあ

とっても心配だけど、あとどのくらいかかるかわからないし…

お父さんがんばってるんだけどね
DSC_0037a

波板とネットで猫小屋を囲います
超アバウト工事です

jmamlhnm at 20:53コメント(2)  このエントリーをはてなブックマークに追加
イヨカン | 猫小屋

2014年08月13日

DSC_0021a

イヨカン 難なく避妊手術が済みました

絶対つかまらないと思っていたイヨカン

予約日の前日、夕方6時位から何も食べていなかったせいか
いつもは車の下から出てこないイヨカンが
昨日の朝、空腹で私の前をウロウロしてしまった…

あっけなく、御用となった

こんなに簡単につかまるとは思わなかったよ

案ずるより産むが易し 

お腹に7匹も仔猫がいたそう…

子猫達にはかわいそうだけれど、7匹も産まれたらどうしようもない

今はできたての猫小屋で、泣き続けている

泣いても絶対にださない…

手術後4日で天国に逝ってしまった姉妹のミカンの分まで長生きしてもらうよ

あまりになくので、メグママが心配してやってきた
DSC_0028a


チャトランも
DSC_0020a


みんな猫小屋でいっしょに暮してくださいな

あともう少し、おとうさんがネット張りをがんばっているから…

jmamlhnm at 20:36コメント(4)  このエントリーをはてなブックマークに追加
イヨカン | 猫の避妊去勢手術

2014年08月05日

今日も、すっごい暑い!

いいとこ、みつけた子
君は誰? 
ミルク? ケンジ?
DSC_0001a


ケンジでした!
DSC_0004a


何かワルイ?
DSC_0005a


ここは最高に冷たくて気持ちいいよ
DSC_0008a


でも、そこまで…
DSC_0010a


今日は、ケンジが最後に和ませてくれました

問題山積み状態…

ツバサは先月から一か月も経っていないのに、また、おしっこがでなくなって…
この前、普通のフードの袋を破って食べていたからね

アランは、やっぱり、甲状腺ホルモン亢進症の数値が高く、療法食待ち…
そのうえ、目が涙目になって、鼻水、くしゃみ
予防接種しているのにって、多分予防接種しているから軽く済んでいるって思うしかないけれど。
抗生物質と点鼻・点眼薬もらってきた

ミントは、便秘からかちょっと元気がない
子猫が多くなったストレスもあるかも…
今はなるべくゆっくりさせてあげられるように、別室においている

みんな無事に回復しますように(=^・・^=)

jmamlhnm at 22:40コメント(2)  このエントリーをはてなブックマークに追加
イヨカンの子 
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
Profile
「箱に入れて石をつめて印旛沼に沈めてくる」という恐ろしい言葉で始まった。犬や猫など飼ったことがなかったが、2匹の子猫を連れて帰った。1匹は翌日いなくなった。1匹は1年後にマリアを産んだ。猫のかわいさを知り、玄関の前、そして家の中に猫が増えていった。 犬や猫を捨てる事は許せない。捨て犬3匹も我が家に加わった。マリアは私に最高の幸福感を与えてくれたが、15年後にそれと同じ位の悲しみが私を襲った。生き物を飼うということがどんなことかを思い知った。しかし、この世に生あるもの、命はどんな生き物でも大切にしたい。どんな生き物でも「少しでも長く生きたい」という本能を生まれつき持っているものだと思うから……  
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ

教えてキャットフード