2014年01月

2014年01月24日

リリーはきっと耳が遠くなってしまったようだ

それに目が片方真っ白ですっごく気にしている

今日は、近くで、リードを見せながら、
「リリー、散歩行く?」
って聞いたら、その気になって、お散歩に行ってきた

食欲はあるから、まだまだ大丈夫!

リリー やっぱりデブだね
2014012413400003


jmamlhnm at 23:38コメント(2)  このエントリーをはてなブックマークに追加
リリー 
いつも私が玄関で靴を履いている時点で、どうしてわかるかわからないけれど、リリーは散歩だと気づいていた

それが、昨日は、まったく反応なし

そばに行って、「リリー散歩行くよ!」って言っても、動かなかった
riri

こうやって、寝ているだけ…

夕方、エサをあげたら、全部食べたけれど、いつもの勢いが全然ない
前の日までは、もっとエサをくれ!って怒って吠えていたのに…

しきりと前足で左目をなぜている。
今朝見たら、左目が白かった。
白内障になってしまったのかもしれない。
リリーはもう15歳だからね。
いろんなこと思い出すなあ

今日は、散歩行けるかな?





jmamlhnm at 10:16コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
リリー 

2014年01月14日

カリンは2泊3日で退院できたけれど、
なかなか大変でした

何度もトイレに行ったり、おしっこに血がまじっていたり、食欲がなかったり、療法食を食べなかったり…

でも、やっと最近食欲もでてきて、おしっこも順調、カリンのスプレーが復活しました(=^・・^=)

あと1日分の薬を飲ませればなくなるなあと思っていたら、ついに間違えてカリンではなくて、あんずに薬を飲ませてしまいました。

夜、出かけるからあせっていたし、暗かったし…
あんずを押さえつけて、口の中にカリンの薬をつっこんでしまったあ(-_-;)

多分、カリンとアンズ
DSC_0535a


多分、ユズ
DSC_0534a


普段はわかるんだけど、
おしっこがでているかなとか
療法食をカリンに食べさせる
薬をカリンに飲ませる
病院にカリンを連れて行く
って、確実性を求められる時、どうしても不安になってわからなくなってしまう

ユズは色が少し薄いんだけど、
カリンとアンズは色も似ているし、ホントわかりづらいよ!!



jmamlhnm at 10:07コメント(2)  このエントリーをはてなブックマークに追加
カリン | あんず

2014年01月10日

すみれと仲良しのメグと
1 008a


今日はすみれの命日
絶対に忘れない
すみれの最期の日のことは感動的だったね

すみれの最期の日のこと⇒  読んでね

アランとも密かに仲良しだったんだね
1 004a


何日も前から今日はすみれの命日と思っていたけれど、
朝、突然のメールで飛び起きた

去年まで勤めていた会社でいっしょだった方が突然倒れて亡くなられてしまった。
青森の方なので御遺体のまま青森まで移送するので、今朝10時までならお顔を拝見できるということで、すっとんで出かけた。
8日の朝に突然倒れ、9日の夕方亡くなられたそうだ。
63歳、仕事ばかりで人生ゆっくりする時間もなく旅立たれてしまった。
むこうの世界でゆっくりしてください。
いっしょにいるととても楽しい方でした。

落ち込んだ1日だった



jmamlhnm at 23:00コメント(2)  このエントリーをはてなブックマークに追加
すみれ 

2014年01月06日

外は大分冷えるようになりました。
家の中の猫はいいけれど、外猫達のことが心配です。

外猫のハウスを作ってみました。

今までのリボンの家は、こんな感じ
ただ、ダンボールの家。
これじゃあ、寒いかなと思って、
DSC_0507a


発泡スチロールで覆うことにしました。
お金をかけないで、いらなくなったらすぐに捨てられるように…

発泡スチロールの板を近所のコメリで買ってきました。
DSC_0509a


発泡板 1820×910×10mm  1枚360円
PPプレート 1800×900×2.5mm  1枚198円
PPプレートってなんだかわからないけれど、安いし、発泡板むき出しより、このプレートを貼った方がいいかなと思って…
屋根のあるところに置くし、吹き付ける雨の時は、ブルーシートか何かをかぶせるつもりです。

リボンが日向ぼっこをしている間に家のリフォームです。
DSC_0512a


ダンボールの大きさに切って、発泡板にPPプレートを両面テープで張り付けて、ダンボールに貼っていきました。
DSC_0510a


角はビニールテープで貼って、できあがり
DSC_0511a


私の作った家だから大雑把、細かい所は見ないでください!

リボン、入ってくれるかな?
DSC_0516a


入ってくれたけれど、家が変わっているのわかっているのかな?

でも、どうも出入り口が開いているので冷たい空気が入ってしまうのが、気になって、透明のカーテンをつけてみました。 テーブルクロス用の透明のビニールです。

DSC_0517a


リボン、入れるかな?
家の前でちょっと迷っていたけれど、カーテンがちょっと折れてしまっていて、入れました。
DSC_0519a


中に手をいれてみたら、暖かかったあ(=^・・^=)
よかった

そして今度は、このオチビちゃん2匹とママの3匹、家族用の猫ハウス
DSC_0508a


このダンボール 高さ30僉幅27僉…垢毅毅記
小さめの方が中が猫の体温で暖かくなると思うので、この位の大きさがいいかなと思って
DSC_0513a


DSC_0515a


こんな感じでできあがりました。
ホント、大雑把!

でも、その日の夜は警戒したのか、入ってくれませんでした。

翌日、猫ハウスの一番奥にエサを置いたら、食べていたので、もう一度、エサを置いて、500mlのペットボトルにお湯を入れて靴下を履かせていれておいたら、みんなで入っていました。
DSC_0518a


よかった!
でも、ちびちゃん達入口付近で寒いかな?
もっと、大きい箱がよかったかな?

もっと大きい箱はあるけれど、発泡板とPP板は全部使ってしまったので、建て替えはまたコメリに行くしかないです。
しばらくは、これで我慢してもらおう(^_-)-☆

これで私も少しは安心できました!


【追記】
その後、春になって、このダンボールハウスの中で外猫2匹が出産をしました。おかげで里親探しで4匹もらってもらい、家の中の猫が5匹増えました。安心できる場なんでしょうね。

今は、猫小屋を建てましたよ⇒


犬や猫の薬もジェネリックが安くておすすめ!



jmamlhnm at 16:36コメント(4)  このエントリーをはてなブックマークに追加
外ねこ | 猫小屋
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
Profile
「箱に入れて石をつめて印旛沼に沈めてくる」という恐ろしい言葉で始まった。犬や猫など飼ったことがなかったが、2匹の子猫を連れて帰った。1匹は翌日いなくなった。1匹は1年後にマリアを産んだ。猫のかわいさを知り、玄関の前、そして家の中に猫が増えていった。 犬や猫を捨てる事は許せない。捨て犬3匹も我が家に加わった。マリアは私に最高の幸福感を与えてくれたが、15年後にそれと同じ位の悲しみが私を襲った。生き物を飼うということがどんなことかを思い知った。しかし、この世に生あるもの、命はどんな生き物でも大切にしたい。どんな生き物でも「少しでも長く生きたい」という本能を生まれつき持っているものだと思うから……  
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

『徹子の部屋』見た?

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ