2013年09月

2013年09月30日

DSC_0064a


食いしん坊のリリー
いつもはいくらでもエサを欲しがる
だから、すごいデブになってしまった。

それが、昨日、朝起きて家の中から見たら、リリーのエサ入れに前日の夕飯がそっくり残っているのを発見

びっくり!

すっとんで、リリーのところへ行った。

どうしたんだろう。
まったく元気がない。
お別れは悲しいよぅ

こんなうつろな表情のリリーは見たことがない。

最近は耳が遠くなったのか、そばに行って名前を呼んでもまったく反応しないことがある。

もう14歳だから仕方がない

幸い翌日には食べるようになったからよかった(^^)!

また、元気に散歩に行けますように

jmamlhnm at 14:29コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
リリー 

2013年09月29日

DSC_0066a


この猫、一体どうしたらいいんだろう?

家の中に入れてあげたいんだけれど、
網戸に外から飛び上がって張り付く

中の猫はびっくり大騒ぎだ

特にミケは大興奮で、私の方に向かってきてひっかかれてしまいそうになる

この前は、カリンと網戸越しにうなりあっていた。

こんなんじゃあ、とても家の中には入れられない。

こういう猫と先住猫を仲良くさせる方法ってあるんだろうか?

どなたか、ご存知でしたら、教えてください(?_?)

jmamlhnm at 14:45コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
新入り迷い猫まだ名前がない 

2013年09月28日

DSC_0032a


アランは私が何か食べていると、自分も欲しそうにする

今はゆで落花生の季節。
八街産の大きい落花生、おおまさりを買ってきて、茹でた。
1粒が大きいから食べごたえがある。

私が食べていたら、アランも欲しそう
最初は、小さい粒をあげたら、食べちゃって、
今度は大きいのをパクリと食べてしまった

落花生って猫でも大丈夫なのかなと心配になったけれど、なんともないから、大丈夫なんだろう



jmamlhnm at 14:35コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
アラン 

2013年09月17日


DSC_0016a


ヒルズのサイエンス・ダイエット
アラン、ミント、ミケがよく食べるから、買ってくるんだけれど、
2kg用を買ってきたばかりの頃は、よく食べる

だけど、残り半分くらいになると、食べなくなってしまう。

きちんと封をするようにしているんだけれど、
酸化しちゃうのかなあ。

ホント、困る

jmamlhnm at 10:24コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
ミント 

2013年09月16日

DSC_0240a


メグとソックスのママ

お腹が大きかったのが、ペチャンコになって出産したようだ。

今までは、最近ずっと老猫”おなし”の子だった。

メグ達6匹を産んだ後は、育っても1匹。
すみれは家の中に入れたけれど、他の時は、すぐに仔猫はいなくなってしまっていた。

それが、今度は多分、元気のいい新入りトラ猫の子だと思う。
オスが若くて元気がいいと、赤ちゃんも元気がいいのかなあ。
トラ猫と茶トラの子供って、どんな色の子が産まれるんだろうか?

いつもは、出産後も育てているのかよくわからないくらい、一人でうちの敷地内にいた。

でも、今回は違う。
一日、ほとんどメグママを目にすることがない。
どこかで、赤ちゃんたちといっしょにいるような気がする。
そして、うちに来たと思うと、一生懸命食べて、またいなくなってしまう。
何匹仔猫がいるのか、必死になって育てている雰囲気がただよう。

メグ達の時のように、6匹位、ゾロゾロと連れてやってきたら、どうしよう(=^・・^=)
知らないふりはできないし、かわいい仔猫は見たいけれど、
その後のことを考えると、どうなることやら(?_?)




jmamlhnm at 09:00コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
ソックスメグのママ 

2013年09月05日

ダンボールがたくさんになった。

今年は、桃のお取り寄せをした
おいしくて私って桃が好きなんだって気づいた!

これは山梨の桃のダンボール 
メグ
DSC_0234a


ユズは特にお気に入り
DSC_0223a


そして福島の桃のダンボールの箱 1箱に7つずつ、2箱届いた
アランとミント
DSC_0220a


ソックス
DSC_0221a


平たくてもオッケー チロ
DSC_0230a


福島の桃の箱二つあってみんな気にいっていたのに、
勝手に黙って一つお父さんにとられて、代わりに置いてあった小さめのダンボール

でも、なんとか入れる アラン
DSC_0229a


みんな元気で、何事もなく、こんな写真を撮っていられる今が幸せ(=^・・^=)





jmamlhnm at 12:54コメント(2)  このエントリーをはてなブックマークに追加
アラン | ミント
昨日は夜よく眠れなかった

いつも、テレビでペットの殺処分を扱った番組は見ないようにしている
そういうことは、パソコンでも検索しない

見てしまうと、かわいそうでたまらなくなるからだ

でも、昨日は観てしまった

殺処分の仕事をしている男性が、
「今まで動いていた子が、動かなくなっちゃうんですよぅ」
と泣きながら言っているのを見て、もう頭に残ってしまった。

なんて、つらい仕事なんだろう。

殺処分なんて、あんな施設を作った人、仕事でやったんだろうけれど、どうしてそんな施設を作るの?

会社を辞めて、少しは自分の時間が自由にとれるようになったので、今の自分の仕事に先が見えてきたら、
何か私でもできることを始めようと思った。

一匹でも多く助けたい…

気持ちは落ち込むし、今まで会社にいて夏は完全にエアコンが効いている事務所にいたのに、今年の夏は自宅で、エアコンをかけてはいたけれど、しかも今年は特に暑くて、暑くて、夏バテぎみ

頭痛が治らない(-_-;)

でも、負けてはいられない。
 
仕事をがんばって、早く活動を始めたいから…

がんばれ! 私…



jmamlhnm at 12:40コメント(2)  このエントリーをはてなブックマークに追加
管理人の独り言 

2013年09月01日

アランもミントもパソコンに向かっている私を邪魔しにくる

キーボードと私のお腹の間のわずかな机の上の隙間に寝そべる

でも、今日は、アランとミント、2匹でやってきた。

これじゃあ、何もできないよ!

DSC_0208a


jmamlhnm at 12:31コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
ミント | アラン
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
Profile
「箱に入れて石をつめて印旛沼に沈めてくる」という恐ろしい言葉で始まった。犬や猫など飼ったことがなかったが、2匹の子猫を連れて帰った。1匹は翌日いなくなった。1匹は1年後にマリアを産んだ。猫のかわいさを知り、玄関の前、そして家の中に猫が増えていった。 犬や猫を捨てる事は許せない。捨て犬3匹も我が家に加わった。マリアは私に最高の幸福感を与えてくれたが、15年後にそれと同じ位の悲しみが私を襲った。生き物を飼うということがどんなことかを思い知った。しかし、この世に生あるもの、命はどんな生き物でも大切にしたい。どんな生き物でも「少しでも長く生きたい」という本能を生まれつき持っているものだと思うから……  
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

『徹子の部屋』見た?

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ