2013年05月

2013年05月28日

あまりいいことがない日々だったけれど、
今日はちょっとうれしいことがあった。

プーちゃんを連れて動物病院へ
久しぶりにフィラリアの検査をした

フィラリアの治療のため、
3週間薬を飲んで3か月休む
たしかそうだったと思うけれど、3か月以上休んだ気がするけど、
そういうフィラリアの治療薬を2サイクル、飲んだ。

でも、そんなんでフィラリアは治るんだろうかと
まあ、治らないだろうと思っていた

そしたら、陰性
フィラリアが治っていた
DSC_0101ab


さぞかし心臓にたくさんのフィラリアの白い細長い虫がいるんだろうといつも想像していたのに、その虫がいなくなったってこと?

検査上はいませんということらしいけど、
とりあえず、もう治療薬は飲まなくてもよくなった。

フィラリアって治るもんなんだ
そういえば、天国に行ってしまったノンも家に連れてきたときは、フィラリアに罹っていたけれど、薬で治った

やっぱり、フィラリアは治る!
なんでもあきらめてはいけないってことですね(=^・・^=)

でも傷んでしまった心臓は、治らないので、これからも心臓の血液の流れをよくする薬は一生飲み続けなければならないそうだ。
薬代がかかるんだよね。

今日は、つばさのおしっこを持って行って検査をしてもらった。
尿結石が治っているかの検査だと思っていたけれど、
そして、おしっこはでていたから、当然治っていると思っていたら、治っていなかった。
血液がまじっているらしい。

っていうか、私、つばさはもう治ったと思って、薬あんまり飲ませていなかった(>_<)

そんなこと先生にも言えず、先生は薬が効かないので、薬を変えますって…
まあ、その薬代だけで、14日分7千円近く

そして、携帯の中のおなしの写真を見せて、おなしの薬ももらった

今日一日で、2万4千円も支払った
3匹分だからしょうがないけれどね。
頭が痛いよ、私の方が病気になりそう



jmamlhnm at 23:31コメント(4)  このエントリーをはてなブックマークに追加
プーちゃん 

2013年05月27日

庭ではバラが満開です
梅雨が来る前に楽しんでおかないと、雨が降るとバラも傷んでしまいます
私の大好きなアンブリッジローズ
毎年よく咲いてくれます
DSC_0070


今年は珍しくきれいにたくさん咲いてくれたパフビューティ
こういう色が大好き
DSC_0083a


京成バラ園のバラは気候に合っているのかよく咲いてくれます
うららは元気がよすぎるバラ
気持ちが落ち込んでいると、ついていけなくなる
冬の初めまでずっと咲き続けます
DSC_0061


アンジェラも今年はとくに大きくたくさん咲きました
DSC_0085a


そして、おなしは今日はハナといっしょにゆっくりとすごしたようです。
DSC_0086a

大分食事の量が減りました。
でも、ハナのエサを持っていくと、自分も食べたいしぐさをしたので、まだ少しは食欲があるのでホッとしてます

a/d缶とロイヤルカナンのフードを少しずつ食べたね。
今まではこんないいエサ食べたことなかったものね
今日は鼻がずるずるとつまっているみたくて、辛そうだったね

ゆっくりゆっくり歩いて、残りの人生楽しんでいるみたい…

うちの猫達も、メグもソックスもカリンもゆずもあんずもチロもつばさも、みんな外猫だった時、おなしといっしょに食事してたんだよね。
いろんなこと思い出すよね。

おなしも家の中にいれば、おとなしくて人懐こくっていい家猫になったと思うけれど、おなしはおなしで、青空の元あちこち行動範囲も広くて、人生楽しんだね。

まだまだこれから余生楽しんでもらいたいよ!

jmamlhnm at 19:28コメント(2)  このエントリーをはてなブックマークに追加
おなし 

2013年05月23日

DSC_0078a


おなし
大分あちこちと歩き回れるようになりました
ゆっくりゆっくりだけどね

このままでいつまでもゆったりと生きてほしい



jmamlhnm at 11:32コメント(4)  このエントリーをはてなブックマークに追加
おなし 

2013年05月20日

おなしがいなくなって、ずっと心配していた
もうこの世にはいないのかな? と

そしたら、迷い猫のトラ猫が、フェンス越しに何かをじっとのぞきこんでいる
何を見ているのかと思って、見たら、
おなし だった(=^・・^=)
隣の家の木の植え込みの下で、じっとしていた
あの足でここまでどうやってきたんだろう
DSC_0059a


すぐにお水とエサを持って行った
お水もエサもたくさん食べた。

昨日は、それでもひょこひょことうちの玄関前まで歩いてきた
おなしが歩いている!
って、びっくりした。
その前の日は、一歩歩くと、倒れていたのに…
薬が効いたのかもしれない
DSC_0043a

午前中は玄関前にいたけれど、またいなくなった。
また、隣の家の木の下にもどっていた。
ここが安全と思っているのかもしれない

私の手が届くところに、いてくれて、よかったと思った。
ここなら、お水もエサも持って行ってあげられる。

しかし、今日は一歩も動くことはなかった。

食欲はあるけれど、どうなんだろう。
外猫だったユウも、死の直前まで、すごい食欲だった。
食欲があるからって、楽観はできない。

足のキズは大分赤みが消えて、おさまっているようだけど、
高齢だから、どうなるかはわからない

自然治癒で元気になってくれればいいけれど、
弱っていくのを見るのはつらい

すぐ近くにいてくれて、よかったのか悪かったのか
しばらくは、心配な日々が続きそう

もうすぐマリアの命日6月2日がくる
マリア、連れて行かないでね

jmamlhnm at 11:23コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
おなし 

2013年05月16日

外猫の”おなし”は、連休前位から元気がなかった
なんだか体がだるそうだった
でも、いっぱい食べていたし、普通に歩いていた
ソックス達のママとリボンとおなし、3匹で仲良くいっしょに車の上で横になっているのを見て、癒されていた

それが昨日、突然おなしが、息をはあはあいわせながら、よだれをたらしている。
足を怪我していて、一歩歩くと、クタッと倒れた

足を怪我していたなんて知らなかった
今までもなんども足を怪我しては、奇跡的に回復していた
しっぽの先は常に血がでていた

虐待されたり、病気になったり、何度も もうダメかな と思うことがあった。

そのたび、家に残っていた抗生物質の薬を飲ませたり、
家猫を病院に連れて行くついでに、
おなしの写真を写して動物病院に持って行って、薬をもらって飲ませた
この時も具合が悪くて、エサを持って行ってあげて食べさせた
onasi

いつも回復力がすごかった

まったくの野良猫ではなく、多分畑向こうの農家の家の半野良のような状態の猫だと思う
でも、我が家の周りをうろつくことが多かった。
何匹も迷い猫がやってきていたけれど、みんな来なくなってしまったり、交通事故にあったりしている中、おなしだけはもう10年近く、このエリアに君臨していた

それが、今度ばかりは

a/d缶に家にあった効くかどうかわからないけれど抗生物質の薬をまぜて、口の中に入れた。
もぐもぐと食べていた
お水を持っていくと飲んでいたから、大丈夫かなと思った

何回か見に行くと、かわいい顔をして
「ニャア」と泣いた
「ありがとう」って言っているように私には聞こえた

だけど、夜中11時頃、見に行った時には、姿がなかった

あの足でどこに行ったんだろう。

畑向こうの農家に、最期のあいさつに行ったんだろうか
50m位歩けただろうか

じっとここにいて、
抗生物質の薬を飲ませていれば、今回も回復するかもしれないって思っていたのに…
明日はケージにいれちゃおうかなあって思っていたのに…
また、戻ってくるかな

最期まで自由にさせてあげたほうがいいんだよ

おなしには、大分世話になった
マリアの墓参りに来てくれるのはおなしだけだった。
ついでに、マリアのお水飲んでいったけど(=^・・^=)
27 011

カリンが3泊4日の外泊をした時も、夜中探し回っている私といっしょに探してくれた
必死でいる私に、おなしがいっしょにいてくれるだけで、大分心がなごんだ

必ず帰ってきて欲しい
毎日待ってるよ

jmamlhnm at 09:33コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
おなし 

2013年05月09日

迷い猫らしい猫が来ています
初めて見たのは2月28日
近所の猫かなあと思ったけれど、
そうではないらしい
 DSC_0012a

しばらく見なかったけれど、
この頃よく来るようになり、
最初は私のこと警戒して逃げまくっていたけれど、
おとといそおっと頭をなぜたら、ホッとした顔してました
なんだか誰かに甘えたいみたい
まだ、ちょっとなぜる程度だけど…

おなしやリボンと取っ組み合いのケンカをしたり、
うちの家の中の猫と窓越しにうなりあったり
元気のいい猫ちゃんです
DSC_0014a


オスだと思うな

体の色はマリアにそっくりです
よくいるトラ猫で、特徴がないから、飼い主見つけるの大変かな
もっといい写真が撮れたら、スーパーにポスターだそうかな

今までもなんどか迷い猫のポスターだしたけれど、
見に来る人はいたけれど、
一度も飼い主見つかったことないから
今度もダメかなあ

家の中に入りたそうな感じだから、誰かに飼われていた感じなんだけど
我が家の中はケンカになりそうで、ちょっと無理。
それでなくても、飼い主の勝手で増えてしまった猫に、ミントが怖がっていてかわいそうだと思っているのに…

できるだけのことはしてあげようと思う

jmamlhnm at 09:09コメント(4)  このエントリーをはてなブックマークに追加
野良猫 
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
Profile
「箱に入れて石をつめて印旛沼に沈めてくる」という恐ろしい言葉で始まった。犬や猫など飼ったことがなかったが、2匹の子猫を連れて帰った。1匹は翌日いなくなった。1匹は1年後にマリアを産んだ。猫のかわいさを知り、玄関の前、そして家の中に猫が増えていった。 犬や猫を捨てる事は許せない。捨て犬3匹も我が家に加わった。マリアは私に最高の幸福感を与えてくれたが、15年後にそれと同じ位の悲しみが私を襲った。生き物を飼うということがどんなことかを思い知った。しかし、この世に生あるもの、命はどんな生き物でも大切にしたい。どんな生き物でも「少しでも長く生きたい」という本能を生まれつき持っているものだと思うから……  
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

『徹子の部屋』見た?

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ