2012年11月

2012年11月29日

カリンがまた、ずっとトイレに座っている
そして、今回は、何度も吐いてしまった

どうもカリンは下の調子が悪い

医者に連れて行ってもらったら、重度の膀胱炎だった
真っ赤なおしっこがたまっていたらしい

点滴と注射をしてもらった

元気は元気なんだけど、
また、苦手な療法食のサンプルをもらってきた
これしか食べさせてはいけません! って言われたらしい

今回は、ドクターズケアストルバイトケア チキンを食べてくれたので、さっそくネットで注文してしまった
好き嫌いの激しいカリンがドクターズケアを食べてくれたから、よかったあ
本当にこの療法食には苦労する

このまますんなり治ってくれて再発しなければいいんだけれど…

  

jmamlhnm at 11:25コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
カリン 

2012年11月28日

朝の忙しい時間 化粧をしていると膝にソックスが座った
以前はマリアが座っていた席だ

猫のほどよい暖かさと柔らかさに癒されて、
もう、ずっとこうしていたい!

ソックスに
「いっしょに会社に行く?」
なんて、話しながら、癒されることわずかに1分

この1分が命とりだ。

大急ぎで支度をして、外に出ると、すごい渋滞
どこもかしこも、渋滞

会社に着いてタイムカードを押すと、3分遅刻だった。

朝に、猫はよくない

昨日は、ミケが膝に座った
駄目だ! これにほんわか癒されて座っていると、また遅刻するぅ!

今日は、布団の中で、目を開けると、ソックスとアランが目の前で私の布団の中で寝ている
やわらか〜い、あったか〜い たまらなくかわいい
起きるのがいやになる

でも、ダメだ!
ほんわかひたっていると、また遅刻する!

えいやっと、仕方なく起きて、あわただしい朝が始まった。


              

jmamlhnm at 11:34コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
ソックス 

2012年11月20日

DSC_0042a


小学生の理科の時間に、動物の体について運ばれる種子というのを習ったことをどういうわけかはっきりと覚えている

おなしの体にたくさんの種がついていた。
あ! これだ! と思った

私も昼休み散歩に行って事務所に帰ってくると、足がチクチクと痛い
見ると、パンストにたくさんのイガイガの種子がくっついていることがあった

私も動物!

マリアの墓の前のお水を飲むおなし
DSC_0014a


そしたら、今日会社から帰るとアランがいない!
もしかしたら、脱走?
と思って、外を探したら、種子を運ぶ動物になったアランがいた!

DSC_0015a






jmamlhnm at 23:01コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
おなし 

2012年11月13日

あくびのハナ
DSC_0029a


日曜日、天気がよかったので、孫たちと散歩に行った
我が家の犬の散歩は一匹ずつ、順番が決まっていて、最初はリリー、ノン、ハナの順
我が家へやってきた順だ。

家をでて、最初の300mぐらいは、歩道のない車道なので、小さい子といっしょだとあぶない

手をつないだりして、慎重に歩く

車道から、1m位さがって、畑になっている。

コジロウ(3歳男の子)が、ころんで、斜めの土手を畑の中へと、ころがった
3回転ぐらいころころと畑へところがって、落ちて行った

泣くかなあ? と思って、黙ってみていると、
起き上がって、何事もなかったように、また元気いっぱい歩き出した

私一人で、笑いころげた

ノン
DSC_0025a


初めての孫と犬の散歩
犬たちは今日は違うのがいっしょにいるってわかってないようだったけど、
楽しい散歩だった

                                       

jmamlhnm at 00:07コメント(2)  このエントリーをはてなブックマークに追加
ハナ 

2012年11月07日

仕事中よくヤフーのトップから、犬や猫の癒される動画をこっそりと見る

この前、公園のベンチで、腰かけるように座っている猫の動画を見て、癒されていた

そしたら、家に帰ったら、我が家の癒し猫ソックスが座ってはいないけれど、肘掛けにアゴをのせて、座っていた

DSC_0020a


ソックス、怪我をしたおかげで、家の中に入れて、よかったねぇ





jmamlhnm at 06:30コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
ソックス 

2012年11月06日

アランとミントとプーちゃんとベランダで気持ち良く日光浴
DSC_0031a


11月3,4日はお祭り
3日はお祭りのお手伝いに出かけた

そこで、なんだか見かけたことのある人だなあと思ったら、
いつも犬の散歩に行くと、その方も犬の散歩をしていて出会う人だった。
おとなしい犬と、おっとりした猫を2匹連れて散歩をしている

その方と話しているうちに、犬や猫の話になり、捨て犬の話になった

私がプーちゃんを保護したのとちょうど同じ頃、
その方も、犬を保護していた
ダックスだった

それも、プーちゃんとの共通点がたくさんあって、

毛が伸び放題で毛玉がいくつもからみあってできていたこと
体臭がとっても臭いこと
だけど、人懐っこくていい子なこと
足の裏の肉球がやわらかいこと
フィラリアにかかっていること

あまりにも似ていた

プーちゃんとその犬を同じ人が捨てたんではないかと話した
他にも同じように捨てられた犬がいたのかもしれない

そのダックスちゃんは、幸いにも飼ってくれる方がいてもらわれていったそうだ。

フィラリアにかかっていることと、
肉球がやわらかくて地面の上を歩き回るように飼われているのではないだろうと病院で言われたことから、
外でケージにいれられて、飼われていたんではないかと、二人で話した

それにしても、どんな人が捨てたのか、顔をみたら殴ってやりたいと同じ気持ちだった

お互いに、まさか、もう一匹いたなんて!
とびっくりだった。

お祭りのお手伝いに行かなければ、こんなこと知らないでいただろう
なんといおうか、偶然に知ったことで、不思議な気持ちだった

プーちゃん、それにしてもかわいい
今のところ、薬を毎日飲んで、元気にしている。
高齢だし、今日は元気かな! と思いながら、毎朝プーちゃんの顔を見る

DSC_0025a





jmamlhnm at 21:31コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
プーちゃん 
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
Profile
「箱に入れて石をつめて印旛沼に沈めてくる」という恐ろしい言葉で始まった。犬や猫など飼ったことがなかったが、2匹の子猫を連れて帰った。1匹は翌日いなくなった。1匹は1年後にマリアを産んだ。猫のかわいさを知り、玄関の前、そして家の中に猫が増えていった。 犬や猫を捨てる事は許せない。捨て犬3匹も我が家に加わった。マリアは私に最高の幸福感を与えてくれたが、15年後にそれと同じ位の悲しみが私を襲った。生き物を飼うということがどんなことかを思い知った。しかし、この世に生あるもの、命はどんな生き物でも大切にしたい。どんな生き物でも「少しでも長く生きたい」という本能を生まれつき持っているものだと思うから……  
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ

教えてキャットフード