2011年02月

2011年02月20日

20 カリン


リビングボードの上のカリン
見下ろしているのは、メグ
オス同士、気になる存在だ

おしっこの出が悪いカリン

リビングのカーテンにスプレーをした

いつもなら、怒るけれど、
出るかなあ? と心配していたら
「あぁ、出てる! 出てる!」と
笑顔に思わずなってしまった。

当のカリンはそれでも不本意らしく
おしっこの出る所をペロペロとなめている

本当はもっとおしっこがでるつもりだったのだろう

少しでも出てくれれば、いいんだ!


20 カリンの

カリンを見上げるメグ
けんかしないでね


br_decobanner_20100410134857



にんにくサプリ
花粉症対策に甜茶サプリ
花粉症対策の目薬

jmamlhnm at 10:02コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
カリン 
満楼日園  マロニエと読むらしい

でも昼間しかやっていない

日曜日も昼間営業するようになってから、
月1回位は行くようになった。

ご主人は依然東京プリンスホテルにお勤めだったらしい。

とにかく安い。もうちょっと高くしてもいいのにと思う。

量が多いのでお腹いっぱいになる。

そしておいしい。

私のお気に入りはタラバ蟹入り天津丼
maronietensin1


maronietensin


サラダとスープがついて これで、780円
ちゃんとタラバの塊がはいっている

お父さんが頼んだチャーハン 580円
maroniechahan

スープとサラダがついてチャーハンも量が多い

スタミナラーメンは野菜が山盛り
ラーメンにいきつくまで大変だ

4人がけのテーブルが3つと
2人がけのテーブルが2つの小さなお店だが
おすすめラーメン屋だ



jmamlhnm at 00:12コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
外食 | ラーメン

2011年02月18日

karin



トイレに長い間座っている
トイレから飛び出て、おかしいな?と
おしっこが出るところをしきりになめる

猫砂をみると、おしっこがでていなかったり、
でていてもすこ〜しだったり

これが、オス猫の尿路結石が疑われる症状なのかもしれない。

アランもそうだった。
カリンもこの動作をしている

アランもちょうどカリンと同じ年頃に、おしっこがでなくなって、困った

療法食を食べさせようとして、いろいろと試して
やっとロイヤルカナンのPHコントロールを食べてくれるようになった。

その後、おしっこがでなくなることはないけれど…

おしっこがつまると大変なので、
動物病院に連れて行った。

先生が触ると、「そんなにはたまっていないな」

血液検査の結果は腎臓までは悪くなっていない
尿検査では、たんぱくの塊が出ていて、それが尿道に詰まる感じだという。 石はでていないという。

抗生物質と消炎剤をもらって帰ってきた。

カリンはアンズとユズといっしょにいるので、トイレも誰のおしっこかわからない。

おしっこが出ているのか、でていないのかよくわからない。

1日家にいるわけでもないので、カリンのおしっこをみはっているわけにもいかない。

でているんだろうか? と気にしていると

見てしまった。
カリンがスプレーをしようと体勢をとり、固まったまま、おしっこがでない。

もしおしっこがでなくなって24時間以内に医者につれていかないと、命があぶないそうだ。

その翌日また医者に連れて行った。

今度は院長先生。
でもやはり、おしっこはそんなにたまっていないという。
尿検査をするのに、お腹を指で押さえて、おしっこを押しだした。
すごいもんだ。

この前は石は無いと言われたのに、今回は、細かい石があるという。
食事療法を始めた方がいいと言われ 療法食のサンプルをもらって帰ってきた。

アランの時と同じで、やはりどれも食べない。

結局
ロイヤルカナン ベッツプラン メールケア 去勢後〜7歳 オス猫用 準療法食


ロイヤルカナン 療法食phコントロール



を購入して、今までのフードと混ぜてあげている。

イマイチ、食欲がなくて、がっついて食べるわけではないし、
雌のユズとアンズもいっしょだから、
誰がどれを食べるかわからず、3匹で同じエサを食べることになっている。 
ユズとアンズはこんなエサ食べる必要ないのに…

私がこんなに心配しているのに、
当のカリンは元気いっぱいだし、
スプレーをして、おしっこが出た時は感激した。

スプレーがこんなに嬉しく思ったのは初めてだ。

またまたの心配ごと
頭数が増えると、楽しみが増える一方で、心配ごとも増える

いろいろと出来事が起きるけれど、
今回もなんとかクリアできるかな?


br_decobanner_20100410134857







初節句のお祝い  初節句の兜と雛人形  花粉症対策べにふうき
一眼レフカメラ







jmamlhnm at 19:45コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
カリン 

2011年02月02日

今日は、8回目のマリアの月命日

父親の月命日とも同じ日でもうすぐ父親の一周忌がある

いつもこの時期はマリアといっしょに寝ていたね

「マリア、寝るよ!」と毎晩言っているけど
マリア聞こえているかな

「天国は遠くてもどってこれないんだよ!」と
アランに言いながら、アランと一緒に寝ているよ

ミントも無理やり抱きかかえて、布団の中に入れて
いっしょに寝るようにしているよ

ミントはメグやミケが嫌いだから
布団の中の方が安心して寝られると思うからね

このごろ、すみれを見ていると思うんだよ

マリアは我が家の押し入れの天袋で生まれたけれど、
もし、すみれみたいに、5か月頃まで野良猫だったら
すみれと同じように、なつかない猫になっていたかもしれない。

マリアは私やおとうさんにはなついたけれど、
他の人が来ると、すぐ隠れてしまったね。

犬達が吠えて、誰かがきたな と思うと
押し入れにすぐ隠れてしまったよね。

『三つ子の魂百まで』
っていうんだよ

人間は3歳までの生活環境で100歳までの性格や行いが決まってしまうというらしい。

猫も10年位の人生だから、生まれて5カ月位の状態で性格が大分決まってしまうと思うよ。

マリアはうちで生まれてよかったね。

かわいかったよ マリア

会いたいよ マリア!


br_decobanner_20100410134857






おすすめ入浴剤






jmamlhnm at 21:36コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
天国のマリアへ 
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
Profile
「箱に入れて石をつめて印旛沼に沈めてくる」という恐ろしい言葉で始まった。犬や猫など飼ったことがなかったが、2匹の子猫を連れて帰った。1匹は翌日いなくなった。1匹は1年後にマリアを産んだ。猫のかわいさを知り、玄関の前、そして家の中に猫が増えていった。 犬や猫を捨てる事は許せない。捨て犬3匹も我が家に加わった。マリアは私に最高の幸福感を与えてくれたが、15年後にそれと同じ位の悲しみが私を襲った。生き物を飼うということがどんなことかを思い知った。しかし、この世に生あるもの、命はどんな生き物でも大切にしたい。どんな生き物でも「少しでも長く生きたい」という本能を生まれつき持っているものだと思うから……  
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ

教えてキャットフード