2011年01月

2011年01月29日

28 006


房総のお土産にいただいたポピーが満開

頂いた時はつぼみだったのが、すぐに花開いた。

ポピーは栽培も容易なので
庭に種を播いたこともあった。

大好きな花だ。

でもおとなしかったマリアには似合わないかな
ちょっと派手すぎ…

とても華やかになるけれど、
マリアを失った物悲しさには
ちょっとついていけない花

28 007


華やかなお花もたまにはいいか


jmamlhnm at 09:11コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
天国のマリアへ 

2011年01月22日

22 018


きのうカリンと大喧嘩をしたミケ

今日は朝から元気がない

ベランダに行きたくて一番に2階にあがっていくのに
あれ? ミケがこない!

ミケ どこに行ったんだろう

部屋の隅で、左足をあげて、しょんぼりしていた

きのうのけんかで、左足に怪我をしたようだ。

おとうさんは自分が悪いんだから、ほっとけ と言う

医者に行くとまた、お金がかかるんだよ

午前中はしょんぼり元気がなかったけれど
午後にはベランダに行って、怪我もたいしたことなさそう…

これに懲りて、けんかしないようになればいいんだけれどね。





jmamlhnm at 22:59コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
ミケ2 

2011年01月21日

今日は朝からいろいろなことがあった

朝一で
ミントが布団からでるなり、吐いた

この頃、ミントが布団の中に入っていっしょに寝るようになった。

以前は、マリアとアランが布団の中に入ってきたけれど、
マリアがいなくなって、ミントが入ってくるようになった。

アランとミントといっしょに寝る幸せ

そのミントが消化途中のものを吐いた

ミントは8歳

なんか悪い病気でなければいいんだけれど…

ミケとメグがきらいで、逃げて歩いている
そのストレスが心配

まだまだ長生きしてほしいよ。

夕方には、エサを食べていたし、元気そうだから
一応 一安心

そして、夜は、
ミケと2階のカリンが大げんか

2匹でまんまるくなって、とっくみあいの大げんか

おとうさんと二人で、棒を持って2匹を引き離した。

とても、手では引き離せない

ミケはそのあともしばらく、興奮していた

なんで、ミケは仲良くできないんだろう?

お願いだから、仲良くしてよ


そして、メグの傷は大分乾いてきた。

14日の朝は、またまたポタポタと血が垂れていたので、
がくぜんとしたけれど、
今度こそ、治ってほしいよ!


br_decobanner_20100410134857





花粉症対策の目薬
花粉症の目薬コンタクトレンズ用





jmamlhnm at 20:27コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
ミケ2 

2011年01月09日

11 015


9月ごろカラーがとれたのに
また、カラーにもどってしまったメグ

皮膚が薄かったのか、また傷ができてしまった。

かさぶたがとれては、またでき、の繰り返し

年末には 大分かさぶたが小さくなり、年内には治るかと思っていたら、そのかさぶたがすごく大きくなってしまい、じくじくしているようになった。

いつまでも、カラーをしているのでは、かわいそうだと思い、
すみれといっしょに、病院に連れて行った。

この前と同じ新しい先生

カルテをあちこちと読んでいる。

「長いですねぇ」

だから、困っているんですよ。

「ちょっとかさぶたをはがしてもいいですか。」とかさぶたを少しはがし始めた。

すると、けっこうかさぶたの下の肌はきれい。

先生は、「全部かさぶたをはがしてみてもいいですか」と調子にのって聞いた。

「あぁ、止めてください。ダメです。」と思わず言ってしまった。

自然にはがれて、その時に、きれいに治っているのを期待して、はがさないようにしてきたのに、とらないで!

結局、一か月間分の抗生物質の薬をだされた。

その間、カラーはとらない。

「良くなったと思っても、薬とカラーを一か月続けること」

と言われて、帰ってきた。

幸い、メグは薬を飲むのは、とっても上手

同じ場所がずっと傷であり続けると、その場が腫瘍になりやすいそうだ。

あと一カ月で、なんとか治したいなあ。




jmamlhnm at 09:10コメント(2)  このエントリーをはてなブックマークに追加
メグの傷 

2011年01月08日

20 004


きのうはすみれが朝胃液のようなものを吐いた

強制給餌でa/d缶を少し食べさせたが
3時ごろ帰ってきたら、それも吐いていた

もうだめだと思い、動物病院に連れて行った。

全然なつかないすみれだが、体調が悪いので、すんなりとつかまってキャリアケージに入れた

病院では案の定、診察台に乗った途端にくしゃみをしながら、逃げだした。

「よくこれで強制給餌できましたね」と先生が言った。

先生がタオルでつつんで捕まえた。

カラーをつけられたすみれ

おとなしくなった。

口の中を見ると、歯茎が真っ赤だった。
これでは痛くて食べられないだろう。

猫風邪はいろいろなウィルスで発症する。

目も涙目だし、鼻水もひどい。

「眼薬はつけられますか」と聞かれたが、
ちょっと無理だと思った。

普段は私もなかなか触ることができないすみれを上手に押さえていた。

脱水もあると言われ、点滴をし、吐き気止めなどの注射をしてもらった。

そして、私の大嫌いな「2週間効果のある抗生物質の注射をしますか」と聞かれた。

まだ新しい先生なので、マリアのことを知らない。

「もし効果がなくても2週間は他の抗生物質をあげれなくなるんですよね。」
「いえ、大丈夫ですよ」
全然、大丈夫じゃないですよ。

マリアのことを話した。
「あと1週間すれば、他の抗生物質が使えるから、それまで待ちましょう。」
「1週間もちますか?」
「もちます」
と言われたのに、3日後にマリアは亡くなってしまった。

そんな恐ろしい注射はごめんだ。

いくら私になつかないすみれでも、絶対ダメだ。

そしたら、2週間分の抗生物質の薬をだされた。

何も2週間分もいらないのに…

そして、今日
すみれは、強制給餌をされるのが、いやで押し入れにこもるようになってしまった。

強制給餌のフードに混ぜて、薬をあげようと思っていたのに、結局抗生物質の薬をあげることができない。

こういう猫にこそ、抗生物質の注射が必要なのかもしれない。

でも、幸いにも、すみれは少し回復したらしく、自分から食べ始めている。

昨日の注射が効いたのかもしれない。

すみれ、もう押し入れにこもらなくてもいいよ。

だけど、治ったら、予防接種をしに行こうね。

予防接種をしている他の猫達は、くしゃみくらいで元気だもの…




おすすめネコのトイレ





jmamlhnm at 20:44コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
すみれ 

2011年01月07日

6 002


すみれとミケ

かわいい!

ママが同じせいか、いっしょにいることが多い

かわいく映っているけれど、すみれは今体調が悪い。


というのも、家の中の猫達が、くしゃみをしている

また、マリアが亡くなった原因の猫風邪がやってきたようだ

でも、あれから、毎月のように8匹の猫を動物病院に
連れて行き、3種の予防接種を行った。

その予防接種の効果か、くしゃみをしても食欲はあるし、
なんとか大丈夫そう。

2階の3匹の猫達にはまだ、移っていない



ただ、すみれだけが予防接種をしていない

ぜんぜんなつかないし、私がなぜようとすると
威嚇して、猫パンチをしてくる。

だから、病院にも連れて行けず、まだ予防接種をしていないのだ。


すみれはここ3日間位食欲がない。

去年猫風邪に罹った時も、50連発のくしゃみをした。

今回もそれに近いくらいのくしゃみをしている。
鼻水がでていて、涙目だ。

今日は、強制給餌をすみれにした。

強制給餌は前回の猫風邪旋風の時に、
さんざん10匹の猫達に行って、うまくなったよ。

猫って具合が悪いと、人懐こくなる。

外猫もそうだった。

いつもは絶対近づかないのに、
すみれはおとなしく強制給餌のエサを食べてくれた。

前回の猫風邪の時に買いこんだヒルズのa/d缶を食べさせた。

動物病院でもa/d缶を食べさせていたし、弱っている時にはとてもいいフードらしい。

すみれは、強制給餌をしていると、それでも、5、6回目位には口をあかなくなる。


明日はすみれが少しでもよくなって、
自分から食事をしてくれますように(+_+)



(リンク先は楽天)




br_decobanner_20100410134857




八戸せんべい汁

jmamlhnm at 08:20コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
すみれ 

2011年01月06日

4 056


右がゆうゆうで
左がゆうゆうにそっくりの子猫

欲しいな!

と思うけれど
私を見ると逃げて歩いて
威嚇する

室内猫には無理かな?
人懐こくないとねえ


br_decobanner_20100410134857




白内障の原因
白内障の手術
白内障の予防

jmamlhnm at 15:38コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
正月の3日
孫たち6人がやってきた。

家の中で鬼ごっこをしたり
それはもう大騒ぎ

そういう時
我が家の猫達はどこかへ隠れてしまう。

孫たちの間にでてこれるのは
ミケとアラン

ミケはみんなににおい付けをしに
足にまとわりつく。

ミケのしっぽにさわってはだめだよ。

ミケのぐるっと一周している尻尾は
とても敏感で、さわられるのが大嫌い。

さわると、かみつかれてしまうよ。

アランは穏やかなので、写真撮影用の猫となる。

ダッコできた!
とみんなで写真を写す。

BlogPaint



台風のような孫たちの騒ぎがおさまると
帰ったかなあ?
とそおっと猫達が隠れていた場所から出てくる。

まずはソックスが様子を見に…
4 050



br_decobanner_20100410134857





モムチャンダイエット
にんにくサプリ


jmamlhnm at 10:41コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
ミケ 

2011年01月02日

4 023


1月2日
去年も行った袋田の滝へ行った。

袋田の滝に着いたのは朝の8時。

車両通行止め10時からの時間にはずれていたので、
袋田の滝の入口直前まで、車を進めることができた。

お土産屋さんの無料駐車場に車を停める。

帰りにお土産屋さんで何か買わないとだめかなあと
お店の中を見て歩いた。

そして、出会ってしまった猫雑貨。

4 025

話す 見る 聞くの3匹の猫達

もし買わないで帰ったら絶対後悔すると思い
思いきって買ってしまった。

1匹だけを選ぶことはできない
一匹400円だし、
カリン、ユズ、アンズの3匹の茶トラを家の中に入れた時のように
3匹全員お買い上げとなった。

我が家にまた、猫が3匹増えた。

そして、今日はマリアの7回目の月命日

マリア
またお友達が増えたよ。

ロウバイの花が咲き始め
ほのかに匂う



jmamlhnm at 23:28コメント(2)  このエントリーをはてなブックマークに追加
天国のマリアへ 
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
Profile
「箱に入れて石をつめて印旛沼に沈めてくる」という恐ろしい言葉で始まった。犬や猫など飼ったことがなかったが、2匹の子猫を連れて帰った。1匹は翌日いなくなった。1匹は1年後にマリアを産んだ。猫のかわいさを知り、玄関の前、そして家の中に猫が増えていった。 犬や猫を捨てる事は許せない。捨て犬3匹も我が家に加わった。マリアは私に最高の幸福感を与えてくれたが、15年後にそれと同じ位の悲しみが私を襲った。生き物を飼うということがどんなことかを思い知った。しかし、この世に生あるもの、命はどんな生き物でも大切にしたい。どんな生き物でも「少しでも長く生きたい」という本能を生まれつき持っているものだと思うから……  
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

『徹子の部屋』見た?

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ