2010年10月

2010年10月27日

27 038


今朝は寒かったよ
ファンヒーターをいれたら
我が家の猫達
ファンヒーターに集まった

今からこれじゃ
この冬どうするんだろう?



br_decobanner_20100410134857



白内障の原因   白内障の手術   白内障の予防

jmamlhnm at 21:45コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
ミケ2 

2010年10月22日

20 008



マリア
マリアはよくトイレの前で待っていたね
私がトイレに座っている間
膝に座りたくて…

今はミントが待っているようになったよ

マリアみたいに
私の膝の上にずっと座っているよ

だから私はマリアの時もそうだったけれど、
お尻をだしたまま20分位座っているよ

今まではマリアがいたから
遠慮していたんだね
遠慮していたのはミントだけじゃないけれど…

ミントは甘えるのがへたな猫だから
甘えてくるとうれしいよ

お風呂からでてまだ裸でいるときに
洗濯機の上から抱きついてくる時もあるよ

裸だから爪をたてられたら痛いよ
と思うけれど
まったく爪もたてずに足の裏がとっても気持ちいいんだ

なんだか私って猫に気を使って生きているみたい
お金も時間も使っているけどね


酵素風呂の効果

jmamlhnm at 22:53コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
ミント 

2010年10月21日

メグとすみれ  ママは同じだけど、パパは違うんだよね
複雑な関係… だけど仲良しだね
20 002


夕方家に帰ってくると
床に数ヶ所血のついた跡がある

数日前もあったけれど
これって何?

メグの傷
一度は白くなって治るとばかり思っていたのに
このごろ赤くなっているんだよね

周りは毛が大分生えてきてはいるけれど…

メグはあまり気にもしていないようで
なめている所はみていないけれど…

他の猫は怪我している風もないし…

松本先生は退職されてしまったし
困ったね

たしか去年の10月24日がメグの怪我を発見した日

もう1年になるというのに
気が重くなるよ

また、通わなければだめなのかね
1週間前に病院に行った時は
大丈夫だと言われたけれど、
今度は違う先生に診てもらおうね

ああ ため息がでるよ




jmamlhnm at 20:54コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
メグの傷 

2010年10月17日

16 003



マリア
昨日カリンの予防接種とメグの傷を診てもらいに
動物病院に1か月ぶりに行った

そしたら、
マリアの最期を看取ってくれた松本先生が
退職されていなかったんだよ

メグの傷も1年間
ずっとお世話になった。

とてもていねいに診察してくれる先生で
なんだか、ショックでボーっとしてしまった

どこにいらしたんだろうねえ

とても頼りにしていたのに
これからも我が家の猫やイヌ達を
診てもらおうと思っていたのに…

せっかくいい先生に会えたと思ったのに
がっかりしてしまった

メグの傷の治療方法もいろいろと考えて
よくしてくれたね

メグの傷、ここのところまたちょっと赤くなってきて
心配したけれど、大丈夫そうだよ

完全に治ったところをお世話になった松本先生に
みてもらいたかったね

でも私の勘では、なんだかまた会えそうな気がする
どこでかはわからないけれど…



br_decobanner_20100410134857



年賀状喪中はがきと寒中見舞い

jmamlhnm at 07:21コメント(3)  このエントリーをはてなブックマークに追加
天国のマリアへ 

2010年10月08日

27 011



私が最近はまっているレンガワークをしていると
またまた邪魔しにやってきたおなし

人懐こいんだよね

だから、長生きするんだよね

一度虐待されて
ふらふらになっていた時も
もうだめかと思った時
缶詰に混ぜた抗生物質の薬を
食べる気力が残っていた

それから、どんどん回復したね。

今日はマリアのお墓にお参りして
ついでにマリアのお水を飲んで行った

また、マリアのお墓のお参り
お願いしますね。


jmamlhnm at 21:54コメント(4)  このエントリーをはてなブックマークに追加
おなし 

2010年10月06日

6 003


またまた、ゆうゆうの眼がおかしい

外猫は危険がいっぱいだ

しょっちゅう怪我ばかりだ

彼らの怪我を気にしていると
きりがない

でもゆうゆうの眼大丈夫かな

今日の夕方は眼の下がぷくっとふくらんでいた

幸いにもメグ用にもらっていた
抗生物質と消炎の薬があったので、
餌に混ぜて食べさせている

なんとかこれで治ってくれればいいんだけど

また、ゆうゆうにかまって
室内ネコ達に変な病気が蔓延してしまうと
いやだから、
この薬だけで治ってくれることを願うよ

もうすぐ
カリンを2回目の予防接種に連れていくから
その時に、ゆうゆうの薬も
もし治らなかったらもらってこよう

病院に連れていくのはたいへんだからね

なんとか、この怪我乗り越えてもらいたいな

ゆうゆうは室内猫達と同じ私の猫だからね



br_decobanner_20100410134857





ルンバの並行輸入   ルンバの正規品





jmamlhnm at 22:36コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
ユウユウ 

2010年10月02日

2 005

メグとマリア
マリアが生きているみたい

マリア

今日は4回目の月命日だね

今思うとやっぱりマリアは体調が悪かったんだね

マリアはよく朝起きると水っぽいのを吐いていたね

10日位続くと、おさまって、また10日位たつと
吐いていた

それに、おしっこの量も多かったね。
猫砂の塊が異様に大きかったよ

今は吐く猫はいないし、
おしっこの塊もあんなに大きくない

この前、夜アランが突然食べた物を吐いて
びっくりした。
ミントは昔から、食べた物を吐くことはあるけれど、
マリアみたいな吐き方はしないよ。

今のところみんな健康で平穏な日々を送ってるよ

このままずっとこうだといいんだけど

こちらはやっと涼しくなってきたよ
お昼休みもちょっと暑いけれど、散歩に行ってきたよ

マリアがいた日々は幸せだったんだなあと
過去をふりかえることが多くなったよ。

歳とともに過去の長さが増えていくからね。
さびしい気もするよ。

猫の方が寿命が短いから
今いる猫達の最期をみとるまで
元気でいなくちゃと思ってがんばっているよ

2 011

ソックスとマリア
ソックスはマリアの写真の前で寝るのが好きだ


br_decobanner_20100410134857


愛猫マリアの死

jmamlhnm at 22:24コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
天国のマリアへ 
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
Profile
「箱に入れて石をつめて印旛沼に沈めてくる」という恐ろしい言葉で始まった。犬や猫など飼ったことがなかったが、2匹の子猫を連れて帰った。1匹は翌日いなくなった。1匹は1年後にマリアを産んだ。猫のかわいさを知り、玄関の前、そして家の中に猫が増えていった。 犬や猫を捨てる事は許せない。捨て犬3匹も我が家に加わった。マリアは私に最高の幸福感を与えてくれたが、15年後にそれと同じ位の悲しみが私を襲った。生き物を飼うということがどんなことかを思い知った。しかし、この世に生あるもの、命はどんな生き物でも大切にしたい。どんな生き物でも「少しでも長く生きたい」という本能を生まれつき持っているものだと思うから……  
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ

教えてキャットフード