2009年12月

2009年12月31日

12 004


カラーをつけられたメグ

ファンヒーターの前で固まっている

メグ
もう野良にはもどれないよ

あきらめて
ニャーニャー泣くのは
やめなさい

この頃夜は2階の部屋に閉じ込めなくても
みんなといっしょに寝れるようになったね

今朝は私の枕の横で寝ていて
私が夜中の1時半頃トイレに行って戻ってきたら
枕全体に陣取って寝そべっていたね

私はどこに頭をおいたらいいんだよ

でもみんなといっしょに寝られるんだから
少しは慣れたということだね

いつも朝4時半頃になると
ニャーニャー泣き出すけれど
後1時間がまんしてね
5時半までなんとか我慢してよ

今朝は私の布団になんと6匹の猫が
上にのったり中に入っていたり
身動きもできなかったよ

でも幸せだなあ!

わかってくれる人はすくないだろう





jmamlhnm at 20:54コメント(2)  このエントリーをはてなブックマークに追加
メグ | メグの傷

2009年12月30日

包帯がとれて血だらけになってしまったことが
何回もあった

朝動物病院に行かねばならず
会社を送れて行ったこともある

メグはとうとうエリザベスカラーをつけられてしまった

そのほうが治りが早いという

かわいそうにメグ

エリザベスカラーをつけられて
初めて家に帰った日
キャリーバッグから出ると
どういうわけか
後ずさりをしてしまうメグ
目の前に変なのがついているからか

でも体のみづくろいは猫の仕事だよね
病院に行って変なにおいをつけられて
とっても不愉快

病院から帰って来た後
カラーを取ってあげると
体中をペロペロとなめるメグ
朝起きた時は
手を何回もなめて顔を洗う

猫は綺麗好き

ほうたいをいじらなければ
カラーを取ってあげるからね



犬と猫のばら色風景


jmamlhnm at 22:13コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
メグ | メグの傷

2009年12月18日

DSCN3319




動物病院で座っていると
いろいろな病気の話を聞く

白血病がうつって
食べられない猫ちゃん

顔のガンになったという話

メグのことがすごく心配になった

家にいれてしまったけれど
メグは病気を持っていないだろうか

でも持っていたら、
このような大きな怪我をした時に
発病してやせたりしてくるだろう

それがないのだから
大丈夫だとは思うが
心配なので検査をしてもらった

そしたら 陰性

よかったあ

でも今家の中にいる猫で
病気を持っている猫がいるかもしれない
大丈夫だとは思うけれど
何も検査してないものなあ

検査も6,600円もかかって
そうそう簡単にはできない

何もないことを祈るだけ

とりあえずメグが病気もちでなくて一安心!


にんにくサプリメント
ペットといっしょのお墓
メンズエステTBC
香典
三井ダイレクト医療保険




jmamlhnm at 17:00コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
メグ | メグの傷

2009年12月13日

DSCN3279




メグとソックスは兄弟だ
6匹生まれたうち
大怪我をしたおかげで室内に入れたネコだ

本当はもっと家に入れたいのだけれど

やはり兄弟だとわかるのか
メグがソックスのことをなめている
やっぱりね!
と思っていると取っ組み合いになる

でもミケとメグほどの険悪感もない

2匹で外を見ながら
過去の外を飛び回っていたころは
楽しかったね
とでも話しているのかな

メグはあまりうるさいと
傷が治ってもお外に出しちゃうよ!


jmamlhnm at 23:04コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
ソックス | メグの傷

2009年12月09日

相変わらず家の中に慣れずにいるメグ
ものすごい声でなく
もう1か月半だよ

傷の方もまだまだかかりそう。

あのうるささにお父さんが怒りださないでいてくれるのが何よりの救い
我慢できない家族もたくさんいるだろう
それにメグのような猫が初めて飼うねこだったら
もう嫌になるだろう

今まではミケがうるさかったけれど
ミケがものすごくおとなしいネコに見える

でもこれはきっと神様の仕業
家にいれようかどうか迷っていたメグに
大きな怪我をさせて、家に入れさせて、

そして慣れるのにも時間のかかるメグのために
傷の大きさも大きくしたんだよ

傷が治る時間と
メグが家に慣れる時間を同じにする

そうすれば、傷が治っても
うるさくて外に出されることもないと
神様が思ったのだろう

それにしても
まだまだ治るには時間がかかりそうだ

動物病院通い がんばろう!






ヴァンクリーフアーベル     コラーゲン注射   冬の乾燥肌の予防 


jmamlhnm at 11:00コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
メグ | メグの傷

2009年12月08日

アランは誰とでも仲良くなれるネコだ

でも今回のメグとは違う

メグがオスであることもあるし
すごい声で鳴いていることもあるのだろう

メグと仲良くなろうと
顔を近づけて、ペロペロなめるかなあと思うと
後ずさりをして怖がってしまう

メグはやさしいんだよ。

アランと仲良くなれると思うんだけどな。

メグが去勢手術をして
この家に慣れて
おとなしくなったら、
きっといいお友達になると思うな。

仲良くしてね。


北海道の六花亭 福祉住環境コーディネーター

jmamlhnm at 02:10コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
アラン 

2009年12月03日

11メグ 006









もうメグを家に入れてから1ヶ月半になる

相変わらずうるさい

夜は2階の部屋に閉じ込める
かわいそうだけれど、
私達の安眠のじゃまをされると
次の日の仕事にかかわるから
仕方ない

メグと我が家の先住猫達

みんなあのうるささにびっくりしている

まずマリアは 近寄るとネコパンチを一発

でもメグがやりかえさないので、
そのままで終わり

これはとても助かる
もしメグがやりかえしてしまったら
たいへんだ

私の膝はマリアのものだと
他の猫達はわかっているが
メグはまだわからない

私の膝に座ろうとして
マリアにネコパンチをくらう

しかたなく
私の肩や首の後ろにべったり
しがみついている

重いよ! メグ!

私の体にぺったりくっつくメグ
これがかわいいから
たいへんな病院通いもがんばれるんだよね




レボリューション6%

jmamlhnm at 22:23コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
メグ | メグの傷
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
Profile
「箱に入れて石をつめて印旛沼に沈めてくる」という恐ろしい言葉で始まった。犬や猫など飼ったことがなかったが、2匹の子猫を連れて帰った。1匹は翌日いなくなった。1匹は1年後にマリアを産んだ。猫のかわいさを知り、玄関の前、そして家の中に猫が増えていった。 犬や猫を捨てる事は許せない。捨て犬3匹も我が家に加わった。マリアは私に最高の幸福感を与えてくれたが、15年後にそれと同じ位の悲しみが私を襲った。生き物を飼うということがどんなことかを思い知った。しかし、この世に生あるもの、命はどんな生き物でも大切にしたい。どんな生き物でも「少しでも長く生きたい」という本能を生まれつき持っているものだと思うから……  
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

『徹子の部屋』見た?

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ