2015年01月06日

コナツの口パク

コナツ君、
1日、2日はクタクタになりながらも、
「あれ? いない!」と思うと、
少し離れたところで、腹這いになっていた

「コナツ!」と呼ぶと、
「ニャア」とか細い声で返事をした

3日になると、
もう動けない、寝たきりになった。

「コナツッ!」と呼んでも
声はでず、口をぱくっとするだけ…

それもだんだんと、口も動かさず、
まぶたをパチッと動かす
耳が動くだけ
というようになっていった。

今でも時々口パクのこともあるけれど、
お父さんが
「コナツッ! 」って何度も大声で呼んでいたので
「返事した?」って聞いたら
「ヒゲを動かしただけ…」

それでも、頭をかかえて、a/d缶を食べさせると、
自分でた〜くさん食べている

白血病って血液の病気だけれど、
消化器系統は正常なのかもしれない…

a/d缶で血液ができればいいのになあ

マリアも返事をする猫だった。
病院で逝ってしまったけれど、
きっと、コナツのように、
「マリア!」って言うと、口パクしただろうなあ゜゜(´□`。)°゜。

よく考えて見ると、他に返事をする猫なんていない

ベランダでも一人遊びだったね、隔離していたから…
DSC_0349a


この中にコナツがいたら、どんなにいいかと思うよ
DSC_0078a


    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 23:14コメント(4)コナツ 

コメント一覧

1. Posted by すももまりん   2015年01月07日 16:08
JUNさんへ
コナツくん ごはん食べられてえらいや…。
補液は?自宅で補液(点滴)してる人多いです。コナツくんを移動するのはいけませんが
病院でモデル猫ちゃんがいて実際にトライできるところも。
皮下点滴なので始めは怖かったのですがひどく難しくもないです。←私の経験です。
JUNさんの方が豊富な知識をお持ちだと思います。
2. Posted by JUN   2015年01月07日 20:30
すももまりんさん! いろいろとアドバイスありがとうございます。
自宅で補液、ゆうの時にしましたよ。最初は怖かったけど…
コナツは残念ながら、もうその段階ではないです。痩せ細っちゃって早くラクにさせてあげたいです…
3. Posted by すももまりん   2015年01月09日 15:35
JUNさんへ
身体にくれぐれも気をつけてね。コナツちゃんが悲しみます…。私も厳しいことだらけですが 他人事とは思えません。
4. Posted by JUN   2015年01月10日 10:37
すももまりんさん!
いつもありがとうございます
すももまりんさんもタイヘンそうなのに、私に気を使ってくださって申し訳ないです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
スポンサードリンク
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ

教えてキャットフード
Categories
  • ライブドアブログ