2014年07月06日

イヨカンの子供達

今日来客がありました!
子猫が4匹…

うち2匹はイヨカンの子供(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

どういうことかというと…

イヨカンは5匹の子猫を家の庭で産みました。

チャトランは引っ越しをせずにずっと家にいてくれたので、7匹がみんな幸せになっています。

でも、イヨカンは引っ越しをしてしまったのです。

5月15日に出産、20日の朝、子猫をくわえて出て行きます。

どこに行くのか、後をついていきました。私がついてきているのを振り返ってみながら、なんと、畑の中の道を100m位走って、人もめったに入らない急傾斜の林の中へ消えて行きました。

ここは、ちょっとヤバイよ!

人間のおばさんの目から見たら、ここはタヌキもでるし、ヘビもいるだろうし、弱肉強食の世界、とっても危険だと思うんだけれど…

イヨカンからしたら、人間のおばさんの方がよっぽど危険に見えたのかもしれません。

いつ、里子にだされるかわかりませんからね。

大急ぎでもどってダンボール箱の中を見てみると、まだ2匹残っています。

どうしよう!

すっごく迷いました…

ちょうど前日、動物病院で産まれたばかりの子猫をミルクで3匹育てている方と話をしたばかりでした。

ミルクで育てられるかもしれない。

あんなところに連れて行かれたら、絶対無理!

でも、やっぱり、イヨカンの猫のカンに任せた方がいいのか?

お父さんに聞いてみたら、「チャトランのケージにいれとけ!」

チャトランのおっぱいをもらえばいいかも!

この二つの命を失いたくない

あんなところで、他の動物の餌食にされてはたまりません。

最初は一匹だけにしようかと思ったけれど、2匹、抱いていました。

イヨカン、もどってきてダンボール箱の中に子猫がいないのを見て、私の所へやってきました。

私もすっごく迷っていたので、イヨカンの前に子猫をおいてみました。

イヨカンもどうしたらいいのか迷っていました。

すると、口にくわえて、連れて行ってしまうのかと思ったら、横にあった車の下に連れて行き、仔猫ののどにかみついたようにみえました。

私がとりあげたから、もう育てられないと思ったのかもしれません。

「ダメ〜」と叫んで、長い棒を持ってきて、車の下から、仔猫をとりあげました。

もう2匹は、渡せないと思いました。

その晩、イヨカンはやってきました。

子猫は玄関にいたので、玄関のドアを開けてイヨカンがどうするか見ていました。イヨカンは中に入ったり出たり、でも子猫を見ても、自分でもどうしていいかわからないようでした。 

子猫をなめたりしているけれど、連れてはいきませんでした。

イヨカンに悪いことをしてしまったようで、イヨカンがかわいそうでした。
とっても気の強いイヨカンだけど、顔がおだやかそうに見えました。

その晩、大雨が降って、翌朝、びっしょりずぶ濡れになってイヨカンがやってきました。
なんだか、私に何か言いたそうでした。

翌晩も同じように、玄関の中を入ったり出たり…

でも、もう子猫を連れて行こうとはしない。

もうこうなったら、責任をもって育てるしかないと思い、もうイヨカンには見せないことにしました。

外で気にして、子猫の鳴き声を聞いているようでしたが…

この子達、最初のうちは、チャトランのおっぱいをもらっていました。
DSC_0087a


チャトランの子供達といっしょにおっぱいをもらったり…
DSC_0124a


でも2,3日で、チャトランも自分の子供にもおっぱいをあげようとはしなくなりました。

ミルクを買ってきて飲ませようとしたけれど、四苦八苦
DSC_0111a


スポイト、フリンジ、哺乳瓶などいろいろとやってみるけど、
足をバタバタさせて、なんだか訳がわからない(´?д?;`)
一体ミルクが足りているのか…
口からこぼれたりしているし…

そりゃ、いきなりママをとりあげられて、突然、スポイトで飲めって言われたって、子猫だって、困るよね。

ごめんね、ママからとりあげちゃって…

いろんな人にミルクの飲ませ方を聞いてみたりしていた時、イヨカンの子供たちより2日早く出産したイチゴちゃんの飼い主さんが救いの手を差し伸べてくださいました。

本当に、イチゴちゃんがいなかったら、私、大変なことになっていたと思います。

イチゴちゃんに初めて子猫達を会わせると、すんなりと受け入れてくれました。

イチゴちゃんはおとなしいおだやかな猫さんです。こんな猫、欲しいよ…

DSC_0252a


DSC_0273a


2匹の白猫さんとおっぱいの争奪戦だったよう…
DSC_0275a


飼い主さんが毎日体重を測って管理してくれました。感謝です

DSC_0281a


DSC_0255a


そして今日、イチゴちゃんが育てた子猫達4匹が、イヨカンママと兄弟たちに会いに来てくれたのです。

イチゴママに似て、とってもおだやかな優しそうな子に育ててくれました。
私の手の中で、モジョモジョと泣いていたのは君かい?
DSC_0320a


イヨカンの子にもかかわらず、とても人懐こいんだとか
DSC_0323a


一方、イヨカンは、3匹連れて引っ越しをした後、エサを食べにはきていたけれど、絶対、もう誰も生きていないと思っていました。 ブラブラしていたし…

そしたら、2週間位して、出産したダンボール箱に入っていて、一人かと思ったら、奥に動く黒いものが見えて、なんと2匹連れて帰っていたのです。

茶トラが1匹いたんだけれど、その子は残念なことにダメだったよう…
でも、よく2匹連れてもどってきてくれました

もどってきてくれなかったら、
またイヨカンみたいになつかない猫になってしまって、
捕まえられず、行方不明になってしまったかもしれません。

イヨカン、未だに私にはまったくなつかない。
フロントライン垂らしたいんだけど…

子猫二匹とられちゃったから、今いる2匹もとられるんじゃないかと、警備がすごいよ。
DSC_0282a


警戒心の強いイヨカンが育てた2匹の子達は、強そうに見える…
自然の中を生きぬいてきたからね。
DSC_0271a


イヨカンがいないのをみはからって、抱っこしようとすると、イヨカンガどこからかすっとんでやってきて、じっとにらみつける…
DSC_0272a


イヨカンのママのメグママにもおっぱいをもらっていたから、体は大きいよ
DSC_0166a


イヨカンとメグママとチャトランと3匹で子育てしているみたいだった…
3匹仲がいい
DSC_0263a


メグママは、うちで出産しなかったので、どこで子育てしたのかもわからず、一度子猫を一匹連れてきたけど、私から逃げ回り、その後は一回も来ていない
かわいかったのに…
DSC_0058a


イヨカン、イチゴちゃんが育ててくれた子ネコを見ても、自分の子ってわからなかったみたい…

それにしても、イヨカンが育てた子と、イチゴちゃんが育ててくれた子達はなんだか雰囲気が違って、産まれより育ち って本当だなって思いました。

本当に、イチゴちゃんと飼い主さんには何と言っていいかわからない程、感謝の気持ちでいっぱいです。

自分で仔猫を育てようなんて大それたこと、必要がなければ、もう絶対に思わないことにしました!!

それに、イヨカンには悪いことしちゃって、申し訳ないと思ってます。

イチゴちゃんが育ててくれたイヨカンの子猫2匹は、とてもかわいがってくださっているので、そのままイチゴちゃんの家に、

そして、我が家はイチゴちゃんみたいな子が欲しいので、イチゴちゃんの白猫さん1匹を我が家へ、
DSC_0326a


2対1のトレードになりそうです。

イヨカンとうちにいる2匹の子猫達は、猫小屋でいっしょに暮してもらうつもりです。

なんだか、いろいろとあって、

でも、白猫さんがくるのが楽しみだし、

イヨカン一家も幸せになってもらいたいし、

まだまだ、いろいろと忙しい日々が続きそう…

それにしても、いろいろと大変なのに、
お客さんが帰った後、ふと見たら、
お客さん用のいつもは猫の毛がつかないようにしまってあるフカフカの座布団に
しっかりと寝ている猫がいました。
DSC_0331a


    このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

1. Posted by wニャンコ   2014年07月08日 10:20
何だか色々あったのですね。イヨカンちゃんも、2匹の子猫をJUNさんに預けるべきか迷ったり、また戻ってきたり、何だかドラマですね。早く猫小屋が出来て親子皆ニャが幸せになれますように。そして、全員避妊去勢が無事に終わりますように。でないと、この悩みが永遠に続くから。。
JUNさん大変だけど頑張ってね。
2. Posted by JUN   2014年07月08日 11:49
はい、頑張ります(=^・・^=)
猫小屋も今日着工しました!
早くできないかなあ…

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
スポンサードリンク
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ

教えてキャットフード
Categories
  • ライブドアブログ