2013年02月24日

プーちゃんお腹に水がたまる!

DSC_0031a


チロがビーチサンダルを食べちゃって、大変だった頃
プーちゃんもいろいろと大変だった

プーちゃん すごくよく食べるので、太ってしまって
お父さんと「メタボだよ」
「こんなに太らせちゃって、病院行ったら、怒られるよ」
「誰が連れて行くの? おれやだよ」
「私だって、イヤだよ」
と、誰が病院に連れて行くかでもめていた

でも、こんなに太ったら、心臓にだってよくないだろうし、心臓の薬はもうなくなっているし、仕方なしに私が病院に連れて行った

先生が
「太っているならいいけれど、これはお腹に水がたまっていますねぇ」

そうなんだあとびっくり
しろうとにはわからない
その時は、お水をぬいてもらった。
かなりの量のお水がとれた

あんまり水を抜くのもよくないようで、
次の時は、利尿剤をくれた

おしっこの量がすごくなった
ペットシーツは買い切れないので、
新聞紙をしいた

うちは新聞をとっていないので、
実家にもらいに行ったり、
新聞紙を用意するのもけっこうたいへんなことになった。

元気がいいしよく食べるし、
つい病院に心臓の薬をもらいにいくのが、
遅れてしまう
行けば、1万以上のお金がかかるし、
お金の問題じゃあないかもしれないけれど、
どうしても足が向かなくなってしまう

でも、なんだかまたお腹がふくれたようで、
医者に連れて行った

そして、聞いてみた
「お腹がふくれるのは、治らないんですか?」
よくなったようにみえていたから、薬はもういいかなと勝手に思っていた

「治らないです。これはもうフィラリアの末期の症状なんです」

今までそんなこと言わなかったのに
心臓からきている症状とは聞いていたけれど…

「よくフィラリアでお腹が膨れて死んじゃったっていうのは、このことなんですね」
と聞いた
「そうです」

もう仕方がない、一生懸命薬をもらいにいかなくてはと思った

今回先生は
「お水を抜こうか迷っています」
と言ったけれど、結局利尿剤の量を増やした

プーちゃんと同じころに、同じような状態で保護されたダックスちゃんは亡くなってしまったらしい
譲ってしまったので死因はわからないけれど、フィラリアがひどかったせいかなあと保護した方がおっしゃっていた

プーちゃん、お父さんが酒のつまみに鶏のから揚げなんかを食べようとすると、自分ももらえると思って大騒ぎだ

確実にやってくる悲しい日が少しでも伸びるように、がんばらなくちゃ




    このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

1. Posted by すももまりん   2013年02月24日 22:15
junさんへ

プーちゃん、症状は重くなっても、元気だなによりです。
大切にされて、一日がとても
幸福で楽しく暮らしていて…

寒い日が続いています。junさんもお身体に気をつけてね。
2. Posted by あなたが一番!   2013年02月25日 00:05
JUNさんの家にはトイプードルも居たのですね。

過去日記読みました…
酷い境遇の子だったのですね(T_T)
もうフィラリアの末期症状のようですね(T_T)

高齢とフィラリアでは旅立ちの日も遠くなさそうで…
JUNさんに保護されて幸せな余生送れてるようでよかった(*⌒▽⌒*)


しかし、元親はどんな人なのでしょう?
高齢になり手が掛かるから捨てたのでしょうか?同じ命有る者として最期まで看取る気持ちがないのでしょうね!!
可愛いワンちゃんでも心無い人にはゴミなのでしょうか?

そんな飼い主でもプーちゃんは喜んで尻尾振ってたのでしょうね(つд`)
そう思うと怒りと哀しみが沸いてきます



プーちゃんを保護した時の躊躇したJUNさんの気持ちわかります
扶養家族が増える=経済的負担増…ですものね
JUNさんの行動には頭が下がる思いです。

3. Posted by JUN   2013年02月28日 20:49
あなたが一番!さん!
お金のことばかり気にする自分がとってもイヤなんですけど、
ペットの医療費がすごくて、頭が痛いです
予防接種まだ連れて行っていない子がいるし、
気になってます
4. Posted by JUN   2013年02月28日 20:54
すももまりんさん
こんばんは
プーちゃん、食欲旺盛なので、救われてます
いつまでも続いてほしいです

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
スポンサードリンク
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ

教えてキャットフード
Categories
  • ライブドアブログ