2011年04月19日

メグ 今度こそ!

megu3



メグの足の傷

先生は『真逆の治療法』と言った

でも、真っ赤で痛そうで、これでいいのか?と不安になって、ユウの面会に行く時に、メグをいっしょに病院に連れて行った。

カラーをはずして、なめるので、他の部分も皮膚が薄いらしく、もっと傷が拡がりそうだった。

かかとの部分なので、なかなかうまくいかない。

先生の言い方によれば、
「シーツ(皮膚)は敷いているけれど、その下に、布団や、マットレスがないんです。」
皮膚の下の組織ができていないから、すぐになめるとこすれて、皮膚があやしくなる。

「ここら辺がちょっとあやしいですねぇ」
先生も他の部分の皮膚がこすれて、真っ赤になるとこまると思ったのか、
「包帯を巻きましょう」
ということになってしまった。

また、1年前に逆もどり!

3日後にまた、行くと、あやしかった場所はよくなっていたが、先生は「皮膚を寄せるようにして、包帯を巻いておきます」と言った。

包帯を巻くのは、乾かないからやめて欲しいと思った。

3日後に行くと、案の定、傷口は広がっていた。

もう、お金を払って、傷口が広がってしまって悲しくなった。

先生は、
「やっぱり、包帯を巻かないで、なめさせましょう。」
「今までの治療法ではだめだから…」
と、包帯をはずし、カラーをやはりはずすことになった。
包帯したの、先生なのに…

抗生物質もくれなそうだったけど、「化膿すると困る」と言って、心配だから、もらってきた。

家に帰って、広がった傷口を見て、泣きたくなった。

血の後が、床につく。

一度、カラーをはずしたけれど、カラーを2,3日つけてしまった。
あまりに傷が痛そうだったから…

人間も、かさぶたができると、つい、はがしたくなってしまう。
でも、早くはがしてしまうと、まだかさぶたの下で、皮膚ができていないで、真っ赤になっている。傷は小さくはなっているけど、ちょっと早くかさぶたはがしちゃったかな?と思う。

その繰返しをしながら、だんだんと傷は小さくなる。

お父さんも、足のすねの所のかさぶた、何年もはがしていて、大分皮膚が硬くなってきている。 もう10年位いじくっている。

人間は、それでも我慢して、かさぶたをはがさない期間があるけれど、猫はずっと舐め続けてしまう。 かさぶたができる時間がないと思った。

メグにかさぶたを作る時間、かさぶたをはがさない時間が必要だと思い、カラーをつけた。

すると、思ったより早く、すぐにかさぶたができた。

カラーをしたままでは今までの治療法と同じになってしまうので、カラーをはずした。

案の定、メグがなめてかさぶたをすぐにとってしまったが、傷口は、大分小さくなっていた。

傷の回復具合の早さにびっくりした。

1週間抗生物質を飲んだところで、抗生物質を飲むのも止めた。

抗生物質のおかげで、よくなっているのでは、抗生物質をやめた時にまた悪くなってしまう。

抗生物質を飲まず、カラーをつけず、それでよくならなければ意味がない。

そして、ユウに何回か飲ませた天然の抗生物質、プロポリスを飲ますことにした。

プロポリスって消費期限も短いし、高価だったから、無駄にできない。

エサにふりかけて、食べないともったいないので、カプセルを買ってきて、プロポリスをいれ、確実に飲ませることにした。

今度は、カラーをしていないのに、かさぶたになってきて、大分よくなってきている。

今度こそ、治ってもらいたいよ




    このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント一覧

1. Posted by エリザ   2011年04月21日 22:51
メグちゃんの かさぶた、なかなか良くなりませんねぇ、、、。

わたしもニャンズと一緒に暮らしている猫族ですが 去年の暮れあたりから猫ちゃんの具合が悪くなり、行きつけの病院で診てもらってましたが原因不明で 二ヶ月全く良くならず、体は衰弱していくばかりで、まわりの方々に「セカンドオピニオン」を考えたら?とすすめられて、思いきって病院を変えました。
常に先生が5人いらして、設備が整っていてオペは毎日のように行われて、CTスキャン、内視鏡等の設備もある病院です。
そこで検査してもらい、二日に一度のペースで点滴等を受けて明確な治療をして頂き、四ヶ月の闘病でしたがすっかり治り今は元気に走りまわっています。
今の先生もメグちゃんにとって今が何が一番良いのか、考えて下さっているとは思いますが 違う先生の意見を聞いてみるのも手かなぁ、、と思います。

メグちゃん良くなるといいなぁ。。。。

カラーは似合ってるけど、、、。
(^O^)
笑ってはいけないんだけど、可愛い、、、。
2. Posted by JUN   2011年04月24日 20:01
エリザさん!  こんばんは

エリザさんの猫ちゃん、よくなってよかったですねぇ。
4か月もかかって、それでもよくなったなんて、ユウもそうだったらよかった…
具合が悪い時は、本当に心配ですものねぇ。

メグも病院を変えたのですが、よけいひどくなってしまって、あせって、元の病院にもどり、でも先生を指名できるので、院長先生に変わってもらいました。

今回は、うまく治りそう…
今のところ順調です。

ご心配ありがとうございます!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
スポンサードリンク
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ

教えてキャットフード
Categories
  • ライブドアブログ