2019年05月10日

天気がいいと思えば、風が強かったり、風が冷たかったり、寒かったり、陽射しが暑すぎたり、
ちょうどいい晴天があまりない。

そんな気難しい天気に似て、 猫屋敷も荒れ模様になってきた。

昨日は気が重かった。

ソックスは、1日おきのステロイドでもあまり食べなくなった。
今までなんとか維持してきた体重も大幅に減ったもよう…
怖くて測れない。

前回病院で、へんな薬をもらった。
「合成麻薬のようなもの、麻薬じゃないんだけれど、」
と先生はおっしゃる。
ステロイドを飲まない日に飲ませようともらってきたけれど、
ソックスを見ていると、こんな薬、身体にいいんだろうかと、
2回ばかりあげてみたけれど、たいして食べるようにならないし。
薬の袋には、いつも薬の名称が書いてあるのに、
この薬には内服液としか書いて無くて、
2回で今のところあげていない。

以前はマリアやアランが食べないとなれば、
後悔しないようにと
必死になって病院に連れて行ったけれど、
ソックスの様子を見ていると、ためらってしまう。

socks2019510


獣医さんより、飼っている飼い主のほうがペットのことはよくわかる
と思うようになった。

飼い主にはわかる顔の表情が、先生にはわからない気がする。

言えば血液検査もしてくれるだろうけれど、
よくないことはわかりきっている。

ココが旅立つ前に、た〜くさんお水を飲んだように、
ソックスもた〜くさんお水を飲む。
違うのは、ソックスはそんなにおしっこの量が多いというわけではないこと。

ソックスに一粒でも多くドライフードを食べさせるのが、私の毎日。

ソックスだけでも、気が重いのに、
昨日は、猫小屋のメグママが口内炎ではないかと気づいた。

よだれがすごかったし…

様子がおかしいと思ったから、昨日はウェットを持って行ったけれど、
少し食べた後、口をモゴモゴしきりにして、上の方に上って行ってしまった。

メグママはつかまえられないから、治療といってもねえ。

頭が痛くなった。


そして、2階のカリン、元気いっぱいのカリンが昨日はキャットタワーのボックスからでてこない。
朝も、夕方も…

karinbox


おかしいなあと見続ける私に、
「しかたないなあ、でていくか」
karinbox1


といったように、やっとでてきた。
karinbox2


食べたことは食べたけれど、いつもの食欲と違う気がした。


なんてこった。

令和の時代は、ちょっと厳しいものがあるかもしれない。

みんな高齢になっていくし、

頭数が多いとねえ、だぶって病気になってくれると、
気分が落ち込む。

今までのように、エサをあげれば、何事もないというのは、いつまでも続くはずがないのはわかっている。

楽あれば、苦あり。

猫を飼うのも、いいことばかりではない。

あげくに、
今朝はメグがせきこんで、鼻の穴を真っ赤にして鼻血をだした。

もうどうなることやら…

がんばれるかなあ。

がんばらなくちゃ。






    このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年05月01日

令和が始まった。

当然だけど、”れいわ”で変換しても、漢字でてこない。

reiwa


平成は

オッ!

さすが、へいせいはすぐに変換できるね。当然か。。

30年続いたんだからね。


平成は、

働きづめだった。

よく働いた。


だから、

令和、アッ、変換できた!

令和の時代は、

ゆっくりと趣味を楽しむ時代にしたい。

趣味を楽しむというのは、平和じゃないとできないことだね。

いつどうなるかわからないから、自分の好きなことをしたい。


今は、

歴史小説がおもしろい

ということに、この歳になって初めて気づいた。

父親がよく歴史小説を読んでいて、

その父が読んだ本を今、私が読んでいる。

歴女ならぬ、歴婆だ。

しかも、今まで本を読むときは、わからない言葉がでてきても、

なんとなく前後の意味から判断して、読み飛ばしてきたけれど、

今は、

いちいち、わからない言葉の意味をグーグルで検索する。

すると、ちゃんとでてくるんだよね。

こんなにわからない言葉があるなんて、

今まで何していたんだろう

きっと、東大王の彼らなら読めるんだろうなあ。

なんて、思いながら、

今は、山岡壮八氏の『伊達政宗』を読んでいる。

歴史小説って楽しい。

平成の始めごろは、本を読んでも現実のことが頭にあって、ぜんぜん本の中に入っていけなかった。

今は、すんなりと本の中の世界へ入っていける。

現実は平穏だから? とはいえ、心配なことがないわけでもない。


グーグル先生に尋ねた言葉はたとえば、

天壌無窮 

読み方 てんじょうむきゅう 

意味 恵まれた天地が終焉なく永続される様


令和の時代は、趣味を楽しめるような、平和な恵まれた時代であってほしいなあ。


hana


ハナちゃん、めっきり歳のせいか、

今までは誰か知らない人が来ると必ず吠えていたのに、

吠えない時がある。

ハナが吠えるのを聞いて、

誰か来たな!とピンポンがなる前に玄関に向かうことができたのに…

歳をとるのは、寂しいものがある


    このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年04月08日

昨日は朝猫小屋に行くと、
いつもは、くいしんぼうのスージーの様子が変

左目が開かなくて、まったく元気がない
下に降りてこないし…

suisiegennkinai


チャトランの便秘がなんとか大事にならないで済んだと思ったのに、

元気いっぱい健康優良児のスージーが、どうしたんだろう。


結局1日食べなかった。

家にある抗生物質をつぶしてウェットに混ぜてあげたけれど、食べない。


うつる病気だったら、またタイヘンなことになる

それに、

医者に連れて行くのイヤだなあ

お金かかるし、面倒だし ←これ本心


夜、寝る前に両手を合わせて祈った。


明日はスージーが元気になっておりますように!


誰にお願いしているのかわからないけれど、


そしたら、

今朝見に行くと

いつもどおりのスージーにもどっていた。

よかった、よかった

祈るだけで病気が治るなんて、最高だよ

それにしてもなんだったんだろう。


猫小屋の猫達みんなが元気でいられますように

毎晩祈りますわ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年04月07日

猫小屋の中のチャトラン、

夕方、ご飯を持っていくと、しきりにお尻をなめている。

そして、ちょっといきんでみたり…

もしかして、チャトランが便秘?

それとも、おしっこがでないのか?

様子を見ていると、便秘なのかもと思って、

ユズにあげている人間用の乳酸菌サプリをつぶして粉にして、おいしいウェットにまぜて食べさせた。


チャトランはユズのママ

ユズがもうすでに12歳だから、チャトランはきっともっと高齢のはず。

親子で便秘かい

また、ミントやユズのような便秘の悪夢が始まるのかと思うとゾッとした。


しかし、

それから、毎日乳酸菌サプリをあげるようにしているけれど、

その後は、気になる様子もなく、うまくいっている様子。


猫小屋は1日、目にできるわけではないので、猫達の様子がわかりづらい。

一瞬、ビックリしたけれど、大丈夫かな。


とても食欲旺盛だったチャトラン。

最近は食べる量が減った気がする。

私が行くと、1番に”エサくれアピール”をしてきたのに、

今日も

chatoranbenpi


まったく降りてこない

その後食べにくるけど、

以前のようながっつきさはないね。

歳のせいかなあ。


庭は春の花が競って咲いている

hananira


庭中に広がっているハナニラ

アップすると、
hananira2


球根だけど、種でも広がっているのかもしれない。
家の前の道に咲いていたから…

勝手に増えて咲いてくれてありがとね



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年03月27日

猫小屋のメグママ、
以前から、唾液が多いのはわかっていたし、
時々、よだれをたらしているのは、わかっていたけれど、
今回は、
よだれの先にキャットフードが一粒、
こんな感じ

megumamayodare


わかりづらいかもしれないから、〇をつけたよ!

megumamayodare1


風で振り子のように、揺れてる

megumamayodare2yureru



拭き取ってあげたいところだけれど、
メグママはまったくなつかない子なので、

きっと私がよだれを拭き取ろうと近づくと、

メグママは逃げる!!

すると、おそらく、

よだれと一粒が、どこかへすっ飛ぶでしょう。

それは、まったく見たくなかったので、

そおっと、退散してきた。

見てない時にいつかはすっ飛ぶのは仕方ないことなので、そのまま…
これはO型のおう揚さかな? イヤ、いいかげんさ?


ふくよかなスージーと

megumamayodaresusie






    このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年03月22日

先月、病院で浣腸をしてもらって、その後は家で順調だったのに、

ユズがまた、でない。

1日おきのペースだったけれど、
4日でない。

また病院に連れて行くのもイヤだし、
自宅でかんちょうをした。
けっこう、思い切らないとできないよ。
憂鬱に思いながら、実行。

最初は、やっぱり家じゃでないかなあと思ってみていた。

無理かなあ。

明日は病院いけないし、とか思っていたら、

ユズちゃん、
思いっきりいきんで、

ポトン と音をたてて、
出口付近にとどまっていた硬い便の固まりを廃棄

その ボトン と言う音が耳に残って、なんとも快音

なんでこんなことで
こんなに喜ばなくちゃならないの?

他に喜ぶことないの?
と思うくらい、
ホント、うれしかった

もうね、あんまり、ビッグなイベントごともない歳だし、

超頑固な便秘猫を飼っていなければ、
味わえない喜びだよ。
貴重だ!


憂鬱が飛び去って、平和にもどった。
いつまた憂鬱がやってくるかわからないけれど。。

まずはスッキリ
yuzubenpi



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年03月04日

hana17


最近、少し耳が遠くなったかなあ

足が弱くなったかなあ

って思うようになったハナちゃん


ハナは一体何歳なんだろう?

1週間位考えていた


子犬が庭のノンの犬小屋の所で、ヒーヒー泣いているのを発見したので、

ノンが家に来た平成13年12月以降のことになる。


そして、隣人が

「子犬を欲しがっている人がいるんだけれど」

と言って、

ハナはどうかなとやってきた。

その時は、もうハナに”情が移っているから”と手放せなかった。

だから、

隣人が引っ越す前のこと。


そして、

息子の元カノが、子犬のハナをとてもかわいがっていたことも想い出した。


ハナはジャンプ力がすごくて、小さいころはディスクドッグにしようと、フリスビーでよく練習をした。

まずは家の廊下で、そして、今は息子の家が建つ前の隣の空き地でも練習をしたっけなあ。



諸々を考えると、平成14年から平成15年8月の間と目星がついた。

そこから先がわからなかった。


でも、平成15年はない。もう息子の家を建てる話が進んでいたから。


そして、

「そうだ!」

と想い出して、決定的になったのは、

動物病院でハナのフィラリアの薬をもらおうとした時のこと。

先生が、

「まだ子犬で体重が変わるから、2,3か月分づつにしましょう」

と、ノンやリリーは1年分フィラリアの薬をもらっていたけれど、ハナは1年分もらえなかったことを想い出した。


やっぱり平成15年のフィラリアの薬をもらう時期、4,5月頃は諸事情を考えるとありえないので、

平成14年のフィラリアの薬をもらう時期、4,5月頃には家にいたことになる。


そして、平成14年は私が会社を変わった年でもあって、

新しい会社になってから、ハナが来たのを覚えているから、3月以降となる。


だから、平成14年の3月から4月頃の間に我が家においていかれたと断定。


そう考えると、

ハナは今17歳!

思っていた以上に、歳をとっていることに驚いた

今まで歳を感じさせないほど元気だったよね。


hana17a


まだまだ、元気だよ!
と言われそうだけど。


おかげで、いろいろなことを想い出したよ。

想い出すことたくさんあるほど、生きてきたんだよなあ。

きっとこれからも想い出すことたくさんできるだろうなあ。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 10:44コメント(2)ハナ

2019年02月20日

猫小屋の猫達

去年の夏の暑さで食欲が落ち、痩せてしまった子もいたけれど、

またみんなみごとにFATになり、

でぶ猫小屋へと復活した


チャトランとスージーが並んで、じっと何を見ているのか、物想いにふけっている。

chatoransuisie


ずっと長いこと座っているから、

写真の撮り放題

何枚も写しちゃった

少しづつ角度を変えて、

chatoransuisie1



chatoransuisie2



chatoransuisie3



最後に、スージーのアップ
けっこうスージーって美人だとあらためて思った

chatoransuisie4



ずっと無言で猫同士っておしゃべりしないのかね



    このエントリーをはてなブックマークに追加
2月17日から18日にかけて、
なんかの日なんだけど、
何の日だったけかなあ

わからなかった。

胸になんか感じるものがある。
だけど、なんだかわからない(´・ω・`)


そして19日になって気づいた

アランの命日

アランはすでに写真立ての中の猫

aranshasintate1



17日から18日に日付が変わる頃、
アランは私のヒザの上から旅立った。

「想い出して!」
ってアランが天国から気を送っていたのかもしれない。

17日も18日も
壁にかけてあるアランの写真をじっと見ていたのに、気が付かなかった。

壁にかかっているアラン

aranshasintate


ごめんね、アラン
来年からはちゃんと想い出すから



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年02月19日

おととしの9月頃、腸を短くする手術をしたユズ

yuzukotatu


1年半前のこと。

その後、順調に便はでていたんだけれど、

1カ月位前から、再び、太くて硬い便になってしまった。

手術をすると、便が腸の中にたまることはないから、便秘になることはなく、すんなりとでるはずだったのに。



一生懸命いきんでも、でず、結局、病院で浣腸をしてもらった。


これだけ太くなると自力ではでない

と言われてしまって…




それにしてもなぜユズのうんちが硬く、腸にたまるようになってしまったのか、考えてみた。

そういえば、
思い当たるのは、
それまでと違ったことをしたのは、

ピュリナワンの室内猫用のキャットフードを食べさせたからかな?


ピュリナワンは、値段の割には質のいいフードだと思っていた。

室内猫用はカロリーも高くなく、食物繊維がすごく多いので、便秘猫にはいいと思ったのだけど、

ユズには食物繊維はNGだったらしい。


しかも便が硬くなってから、なんとかしないとと思い、

もしかしたら食べるかもしれないと、以前は食べなかったロイカナの可溶性繊維の消化器サポートを食べさせ(やっぱりあんまり食べなかったけれど)、

ピュリナワンの食物繊維たっぷりの室内猫用を食べさせ、

さらには、

寒天をウェットフードにいれて食べさせ、

ユズの腸は、もう出口付近でつまっているのに、

さらに、繊維質の食事を与えたから、

どんどん腸の中で便が増え、つまってしまった。


便秘の状態によっては、食物繊維は便秘解消には役立たない。



もう2度とこのようなことがないように、再びの便秘対策を開始


たぶん、ユズには、水分を多めに与えるのがいいんじゃないか

ウェットかんづめを多めに与えよう。

でもウェットだけだとカロリーが少なくて、痩せてしまう。

なので、便がゆるくなる銀のスプーンも与えることにした。

銀のスプーンは、他の子は便に影響はないんだけれど、
ユズはゆるくなる気がする。


あとは、乳酸菌

以前のユズはペット用の乳酸菌や便秘用のサプリはどれも効かなかった。

それをまた買う気にもならず、

そういえば、先生が、

「ペット用のサプリは高いから、人間のでいいんですよ」
と言っていたことを想い出した。

私が摂っている乳酸菌のサプリ アレルケア

便秘対策ではなく、湿疹ができやすいので摂っているんだけれど、とてもいいと思っていた。

ユズにもあげてみよう!

アレルケア半分粉々にしてウェットに混ぜて与えている。


  1. 水分多めでかんづめやスープ状のものを食べさせる。

  2. 人間用の乳酸菌サプリアレルケア

  3. 銀のスプーン


これで、今のところ、無事に術後のようなやわらかい便がでるようになった。


ユズのウンチを見ると、ホッとする。

猫のうんちで喜ぶ毎日なんて、なんというレベル

申し訳ないくらいの平和





    このエントリーをはてなブックマークに追加
jmamlhnm at 16:28コメント(0)ユズ
スポンサードリンク
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ

教えてキャットフード
Categories
  • ライブドアブログ