2017年03月23日

ぷーが…

手術後2週間で天国へ行ってしまいました


17日の夜、いつもどおり、私たちの食事中はガツガツと何かもらえるかなと食欲旺盛だったのに、


その後、座ったまま、様子が変。。


ずっと、体勢は変わらず、丸まって寝ようとしない。

夜中にみても、座ったまま…


翌日すぐに病院に連れて行った。

これからの治療のためにと、肺のレントゲンをとると、
「残念ながら…」
と先生は
肺に腫瘍が転移していると言われた。

呼吸が苦しくて、夜も眠れなかった。

酸素室のレンタルのパンフレットをもらった。
少しでも、呼吸がラクになるかもしれない。

ながくて、1カ月。
あるいは、数週間…


肺に腫瘍が転移なんて…

聞いたっけ?

乳腺炎は命にかかわる病気ではないと思っていたけど…


でも、よく考えてみると、

そういえば、「肺に転移することがある」 って先生から聞いた気がする。

自分の中で、

それは、ずっと先のことだ
その時は寿命だと思うしかない。
乳腺炎は手術しても完治するわけではない
手術はリスクが高い

と、「肺に転移」という言葉は、自然と頭の中で処理され、流されてしまっていた。



もう、後悔は山ほど!

後悔という海の中でおぼれている。



帰りの車の中で、ぷーはずっと運転している私のヒザにのっていた。

いつものように、ぷーの元気のなさを病院に行けば、解決してもらえると思っていた。

何度も、元気のないことあったから…

でも、今日は万事休す


とても呼吸が苦しそうで、酸素室レンタルしようと、車の中で考えていた。


ヒザにのっていたぷーが自分から助手席へうつった。

いつも、私のひざからなかなかおりないのに、おかしい

と思った。

最初は、おなかが動いているから大丈夫

と思っていたけれど、

ついに、おなかも動かなくなった。

18日のお昼の12時前のこと。


家の中にぷーがいないのは、
寂しいねえ

お花をいただきました
いつもありがと!
アプリコット色って、優しい色。
大好きな色…
こういう時は、心休まる色だと改めて想う

hana


まだ殺風景な庭にスイセンが…
桜やチューリップは、すぐに散ってしまうけれど、
スイセンって、なが〜く咲いている

suisen


黄色ってパワーを発する色
強すぎて好きな色ではなかったけれど、
こういう時は、すいせんの黄色がなんとか気持ちを持ち上げてくれる。

スイセンの花が咲き終わる頃には、どんな気持ちになるだろう。


ぷーを保護した時のこと
あまりにひどくて、トイプードルだとはまったく想えなかった。

ぷーを保護した時のこと⇒

いいよね、あの状態から、4年と8ヶ月、生き延びられたんだから…

一度はお腹がパンパンに膨れて、フィラリアの末期の症状だと言われたんだし、

って、何度も思い直すけれど、

やっぱり後悔が限りなく押し寄せてくる


乳腺炎の大きな傷はきれいになったから、
天国では快適に暮らせるよね。。

poo370



jmamlhnm at 09:51コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
プーちゃん 

2017年03月09日

トイプードルぷーの乳腺炎の手術が終わりました。

日帰りもできたかもしれないけれど、
念のため、1泊

いつものぷー、食欲の塊にもどりました。

poojutugo


でも、本当によかったあ

あのくさかった臭いもしなくなり、
やっぱり、

臭いって、生活の中の重要な要素なんだなあ

まだ、包帯の中の状態は見ていないけれど…

元気なので一安心


jmamlhnm at 13:02コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
プーちゃん 

2017年02月28日

ぷーの乳腺炎

あまりにひどくてじっとみることもできず、
出血もするし、臭いもすごい。

思い切って手術をすることにした。

もっと早くすればよかったんだけれど、
先生、リスクのことばかり言うから…

大きくなってしまっているので、
これが最後のチャンスと言われた。

いざ、手術するとなると、先生
「どの子にもリスクはあるから。
ぷーちゃんは普通の子よりリスクは高めだけど…」

今となっては、
もっと小さいうちにすればよかったけれど
乳腺炎ってこんなにひどくなるとは思いもよらなかった。


昨日は手術の予約の日。

前日の夜9時から食事はなし。
朝からお水を飲まず

車に乗せると、なんだか元気がない。

いつもは私のヒザの上に来たがるのに
助手席で背にもたれて、じっとして、具合悪そう…
このまま、何も食べなくなって死んじゃうんだろうか

アランを最後に病院に連れて行った時を思い出した。


血液検査で、腎臓と肝臓はOKだったけれど、
やはり大きな傷があるせいか、
白血球の数が多く、貧血ぎみ。

マリアも白血球の数が減らなかったので、
白血球の数が多いとなると、
死んじゃうの?
って不安になる。


でも、今日の具合の悪さは何?

先生に言うと、
「元気がないとねえ、手術どうしましょう?」

手術はしたくなさそう…

どうして具合が悪いのか。

たしかにここ数日、歩くのもヒョコヒョコ
寝ている時間が長くて、いつもはガツガツしてくるのに、
食欲のガツガツさがまったく違う。

白血球の数が多くて元気がなくなるのか?

と聞いてみると、
そんなことはないと言うし、


私の判断は、
「痛くて元気がない」 と思う。
と先生にハッキリ言った。

「いつも見ている○○さんが言うなら…」
と、

痛み止めの薬は一応もらってはあったけれど、
もっと強めの薬にして、様子をみて、
元気になれば、
痛みのせいで元気がないということになるから…

先生の判断はありがたかった。

これで、他の病気があって元気がない

とか言うことになったら、手術もできなくなる。

痛み止め注射をしてもらって、
薬をもらって帰ってきた。


昨日、ぷーは、おとうさんに
「明日は痛いよう〜」
って言われていた。

そのせいだよねえ。

帰ってきたら、た〜くさんエサを食べ、

私がぐったり疲れて昼寝をしている間に
力強い足音をたてて、
猫のえさが落ちてないか、
歩き回り、

まったく元気になった。

次の手術の予約日は、3月3日

今度こそ手術ができるかな?

今度は、咳で手術ができなくなると困るので、
ネブライザーしました。
poonebu





jmamlhnm at 10:30コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
プーちゃん 

2017年02月24日

この頃、風が強い日が多くて、
猫小屋の屋根の波板が破損

ネットをかぶせておいただけだったので…

iyokan2


なんだか、ふくよかな見たことあるような猫を発見(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

猫小屋の中をみると、
やっぱり、イヨカンが猫小屋上部から外にでてしまったよう…

猫小屋の中の猫と、
ネット越しに手を合わせて、
「にゃあ、にゃあ」
必死に訴えている…


訳すと
「一体この中にはどうやってはいればいいんだよおΣ(´д`;)」
「中に入りたいよお」


近づくと、よけいに逃げてしまうので、
猫小屋の中の猫達は小屋の中へいれてドアを閉め、
小屋の入り口のドアを開けたままにした。

中に入りたい様子なんだけれど、
ドアを開けても、入り方がわからないよう。

屋根の上に乗り、
iyokan


ソッと物陰でみていると、
やっと猫小屋の中へ入ることができた。

それから、すぐに屋根の修理。

いろいろと考えて無い知恵をしぼり、
しろうとでできる補修がやっと終了。

それにしても、3年前にネットを張った時は、
もっと体の動きもスムーズだったよなあ

腰が痛くて、脚立に乗るのもやっとこさ。

上を向いての作業なので、首が痛くなって、休みながらじゃないと、続かない。

自分では変わっていないつもりでも、
体は変わってきているんだなあ。゜゜(´□`。)°゜。。。

猫の世話だけはできるように、しっかりしなくちゃ




jmamlhnm at 09:50コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
イヨカン | 猫小屋

2017年02月18日


7 229a

昨日はアランの最期の動物病院行きの日だった。

去年、朝起きたときは、
まさかお別れをする日だとは思いもよらなかった。

病院へ行く車の中で、
もうこれが最後だと、
覚悟を決めて、
いろいろと頭の中で想いをめぐらしていた時、
ケージの中のアランが強い目力で私をみて、
「なあ」とないた。
あれってなんだったんだろう。
何を言いたかったんだろう。

もうさんざんいろいろなことをしたから、
もういいよ!

って言ってくれた気がするんだけど、
それは、勝手な想いだよ
って気もするし…

夕方から忙しかった。
夜10時頃、帰った時は、
いつも通りアランは普通だった。

それが、腎臓の薬セミントラをあげたとたんに苦しみだした。

セミントラ、あげなければよかったんだろうか?
病院で、胸にたまった水を抜いたから?
点滴をしすぎたんだろうか?

こんなことがなければ、もう少し生きられたんだろうか。
生きたとしても、わずかの差とは思うけれど。

いろんなことをずっと想っていた。
ずっと…

ふと気づくと、アランのことを想っていた。

半月くらい経ってやっぱりアランのことを後悔していると、
頭の中にふと浮かんだ、フレーズ

「もういいよ!」

本当に突然、頭に浮かんだ。

アランが天国から投げてくれた気がした。

それから気がラクになった。


アランはいい子だったなあ。

もうアランのような猫は飼うことはないだろう。

ただ脱走する時のすばやさはすごかったねえ。


想い出の中にしかいないアランになってしまったけれど、
想い出を持っているだけ、
幸せだと思わないと…



jmamlhnm at 10:00コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
アラン 

2017年02月14日

socks370


イマイチ元気がないソックス

食欲を増やすとんぷく薬を飲ませると、
がっぷり食べる

先生がおっしゃるには、
本当にどこか具合がわるければ、
とんぷく薬を飲ませても、
食欲は増えないはず…

のどの奥が赤いので、
そのせいじゃないかと、
検査はしなかった。

私も、口内炎ができた時は、
とってもゆううつで、
早く治らないかなあって思っていたから、
きっとソックスも気分がすぐれないのかも

先生、
マヌカのはちみつ
とおっしゃったけれど、
この前、
マヌカを口の中に塗りつけた時、
すっごい泣き声を発したって、
話したら、

お湯で溶いてスポイトに入れて口の中にいれる
鼻の頭にちょんと塗ってなめさせる

というので、

鼻の頭につけたら、
猫砂が一粒ついていて、
なめているかどうか
わからなかったので、

お湯で溶いてスポイトで口の中に少しづついれてみた
manuka370


これなら
何も違和感がなさそう…

しばらくはこの方法でいくことにした。

マヌカのはちみつの殺菌作用で
治るといいなあ。

ソックスはおとなしくて人懐こくて、
まったく今まで手がかからなかった健康優良児

きっと一匹で飼われていたら、
溺愛されちゃうだろうなあ。

ソックスがまだまだ元気でいるのは当然のことだ。

いつまでもなが〜く生きてもらわないと!



jmamlhnm at 11:32コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
ソックス | 口内炎

2017年02月02日

socks


大分陽が伸びて、夕方の明るい時間が増えてきました。

夕方猫小屋にエサをあげにいくと、
西の空に夕焼けがきれい

夕焼けをみると、なぜかアランを想いだす。

もうすぐ、アランの命日が近づき、
去年の今頃のことを想うと、
胸がしめつけられる。


ぷーの乳腺炎やミントやゆずの便秘対策に追われる日々で

他の子達は当然何事もないと思っていた。

ふとソックスをみると、

我が家には人間も猫も縁のない”おなかのくびれ”が目についた。

なんだか痩せたねえ。

体重を計ってみると、4.5キロくらい

去年の夏頃、体重計を買って計ったときは、
5.4キロ

1キロ近くも減っている

そういえば、朝起きると、
エサくれ!コールがすごいんだけれど、
ちょっと食べるとやめてしまう。。

すぐにまた、エサくれ!コールがはじまり、

フードが気にいらないのか、
わがままばかり言ってと思って、

他のエサをあげるけれど、
何をあげても同じ…

いつから、こんなに痩せてしまったのか。
わからない。

ソックスは当然ぽっちゃりだと思っていたのに。

普通の猫だったら4キロ代で普通なんだろうけれど。
1キロも痩せてしまうと心配(((( ;゚д゚)))

ソックスももう9歳

他の猫達も、だんだんと高齢化してきて、

ミントfirstだけを考えていればいい

というわけでもなくなってきているのかもしれない。

昨日は、ソックスを病院へ連れて行った。

おしっこの量が多くなったわけでもなく、
お水をたくさん飲むわけでもなく、
吐くわけでもなく、
便秘がちだけど、便がたまっている様子はないというし、
ちょっとノドの奥が赤くなっているらしい。


そのせいかな?

アランが口内炎で、食べようとするけど食べない
というのと似ている気もする。

昨日は担当の先生が休んでいたので、
他の先生で、

とりあえず、
食欲を増すとんぷく薬をもらってきた。

それを飲ませたら、薬が効いたのか、たくさん食べた!

そして、
もしかして、のどの奥の赤みに効くかなと思って、
アランの口内炎につかったマヌカのはちみつをあげてみると、

こんなに猫を飼っているけれど、
今まで聞いたことの無いような不快そうな声を3回発して、ビックリした。

アランは何もいわずにいたけれど、
はちみつなんて、
考えてみれば、猫にとっては、ありえない味なのかもしれない。

あんな甘いの食べないでしょ、普通だったら。

アランは我慢していたんだなあ


今朝、とんぷく薬をソックスにあげると、
なんだか変、

叫びながら、歩き回る…

一体どうしたんだろう。。


また病院に連れて行って、
担当の先生に、検査をしてもらおう

検査、

マリアは検査をして、何も悪いところはない と言われて、
3ヶ月後には逝ってしまったから、

あまり、あてにはならないし…

何をしても後悔するけれど、

やっぱり、やることはやらないと。。


何事も無く、春がやってきますように…


jmamlhnm at 10:37コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
アラン | ソックス

2017年01月25日

ぷーの乳腺炎、汚れがあちこちついてしまう。

いろいろと工夫しているんだけれど、
家にあったさらしを巻いてみた
poo370

これなかなかいいじゃん!
と思ったけれど、
しばらくしてみたら、はずれてしまっていた。

何をあてるにも、足でひっかくから、はずれてしまう。
考えなくちゃ。

一時は8キロあった体重
年末は6キロ
そして、5.8キロくらいまで減った。

一応5.5キロが目標
もうそろそろ、目標に近づいた…

いつも、おとうさんのヒザに座って、べったりだ
15 004poo370




jmamlhnm at 13:38コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
プーちゃん 

2017年01月11日

1月10日は、コナツとすみれの命日でした

想い出の宝箱をソッと開けて、

コナツとすみれの想い出に浸りました。

二人とも2歳で逝ってしまった…

かわいかったなあ

小さい体しか想い浮かばないけれど、
天国でもっと大きくなっているような気がする…

konatu


コナツはいつも一人遊び

かわいそうだった

コナツの青い首輪、今ベルがしているよ。
不思議とこの首輪、はずれないね。

ベルがコナツの分まで、パワー発揮

すみれも最期の日のことは、感動的だったね。
  すみれの感動的な最期の日のことの記事はこちら⇒

お父さんといつも
「すみれ、あの時、どうしてあんなふうにしたんだろうね」
と話している。


ペットを飼うと死ぬ時がイヤだって言う人いるけれど、
生き物は命に限りがあるから仕方ない…

だけど想い出は永遠。。

この世に生まれて、猫を飼えて、私は幸せ

jmamlhnm at 11:00コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
すみれ | コナツ

2017年01月05日

無事に新年を迎えることができ
また、
無事に、新年会が終わりました。

去年までは、アランが接待をして、みんなを癒してくれましたが、

今年は、アランがいない

猫達に、

「ジャンケンして、誰が接待担当か決めて!」

って言ったけど、知らないふりで、

お客さんが来ると、一目散に逃げて、隠れてしまった。


どうなることかと思っていたら、

さすが、まったくなつかないイヨカンの子(^∀^)

おっとりケンジとゆうたが、接待をかってでてくれた。

まだ、接待一年生なので、ちょっとぎこちないけれど、

ゆうたクン
yuutasettai


ケンジ
kenjisettai


ミケはみんなの周りをうろうろしているけど、
ダッコまではいかない
mike


今年初めてだから、
来年はもっと、かわいさアピールしてくれるでしょう。。


夜、でかけて帰ってきたら、
ケンジとゆうたが、ぷーを暖房がわりに
かわいい

kenjiyuutapu

ケンジ、ゆうた、お疲れ様


jmamlhnm at 09:27コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
ユウタ | ケンジ
我が家の住猫達
マリア
maria
我が家で生まれたマリア
「マリア!」と呼ぶと「ニャ!」となくかわいい最愛の猫だった。
2010年6月2日15歳で永眠
最愛の猫マリアの死

アラン
20 003
平成13年11月捨てられて犬に追われて木に逃げ登っていた所を拾われてきた。おとなしくて人懐こいアラン  2016年2月18日永眠
ミント
minto
引越で飼えなくなった人から生後6カ月位の時に我が家の住猫となる かつては脱走の女王だった 今は頑固な便秘が悩み
ミケ
mike
私の会社の周りで捨てられて大騒ぎをして泣いているところを保護。 しっぽがぐるっと1周していて中にひも状のものがはいってしまうと大パニックとなる。 かつてはやんちゃ娘だったが、今はメグを恐れる

カリン
karin
茶トラ3兄弟のうちの男の子。唯一の欠点はスプレーしまくりにもかかわらず尿結石になりやすい 3泊4日の脱走経験あり

ユズ
yuzu
茶トラ3兄弟の女の子。 人懐こくてポリポリより缶詰が好き 

あんず
anzu
茶トラ3兄弟の女の子。  怖がりさんでなでようとするといやがる  おとなしい女の子  人懐こくないところがまたかわいい

ソックス
sokkusu
野良猫出身なのに自由奔放な寝相が最高にかわいい。怪我をして治療のため家の中にいれた猫

メグ
megu
メグも野良猫出身 怪我をして治療のため室内へ。人懐こさは天下逸品。デブ猫になってしまった

すみれ
sumire
なかなか太らないやせっぽち
室内猫にしても全くなつかない。でもそれがまたかわいい。人見知りは天下一品
2012年1月10日永眠

チロとつばさ
sumire
チロはわんぱく坊主。つばさはおとなしい。チロはたぬき顔、つばさはきつね顔が見分け方のポイント


私
好きな物 猫 ガーデニング 温泉 おいしい物を食べること
猫と犬に振り回される毎日です
我が家の住犬達
リリー
maria
子犬の時、箱に入れて捨てられているところを保護。高齢の15歳。左目が白内障だけど食欲は止まらない

ノン
maria
勤め先の周りをうろついているところを保護。私が退職した翌朝2013.2.16永眠

はな
maria
子犬の時、小雨の降る朝、庭のノンのそばにいた。車と雨が大嫌い。ジャンプ力がすごかったけど、今はすでに9歳。

ぷー
maria
家の前の畑の中を走り回っているところを保護。体毛が伸び放題だった。今は両目白内障、心臓の薬を飲み続けている。

もも
maria
子犬2匹を連れて放浪中、動物愛護センターに捕獲されたのを引き出す。とっても臆病。放浪していたので散歩に行きたくてしかたがない


Archives
Profile
「箱に入れて石をつめて印旛沼に沈めてくる」という恐ろしい言葉で始まった。犬や猫など飼ったことがなかったが、2匹の子猫を連れて帰った。1匹は翌日いなくなった。1匹は1年後にマリアを産んだ。猫のかわいさを知り、玄関の前、そして家の中に猫が増えていった。 犬や猫を捨てる事は許せない。捨て犬3匹も我が家に加わった。マリアは私に最高の幸福感を与えてくれたが、15年後にそれと同じ位の悲しみが私を襲った。生き物を飼うということがどんなことかを思い知った。しかし、この世に生あるもの、命はどんな生き物でも大切にしたい。どんな生き物でも「少しでも長く生きたい」という本能を生まれつき持っているものだと思うから……  
お勧めブログリンク
公園猫を見守る会 佐倉でTNR活動をしているmaysooさんのブログ

スウェーデン人たちに学ぶもの ある点描  猫達のこと素敵に表現されています。

『徹子の部屋』見た?

尿路結石の猫と暮らす♪猫屋敷のシンプルライフ